スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

【夢占い】街の夢22の意味*街をさまよう・破壊される・知らない街

スピリチュアブレス 

夢占い,街

街の夢は周囲の人との関係性や、あなた自身の心情を表している!?

街の夢はあなたが周囲の人と良好な関係性を築けているか、気力の有無や悩みなどを表す傾向の夢が多いのが特徴です。街の様子は綺麗だったか破壊されていたか、街が受けた災害は火事か水害かで解釈が変わって来ます。

夢占いの意味を【夢鑑定士・睡眠コンサルタント】の麻生真礼さんに紹介してもらいます。

街の夢:基本の意味&心理状態

夢占いで街は、対人関係やあなたと社会の関わりを表しています。街は多くの人が仕事や勉強をしながら、生活をしている場所。夢占いではそこに生きる多くの人との関わりが反映されると考えられます。

街並みが綺麗であったり、楽しい気分で街を歩いていたりすれば吉。街が破壊されていたり、災害被害を受けていたりする場合は凶兆が多いと考えると良いでしょう。

街の夢:街並み・状況別

夢で見た街の様子はどのようなものだったでしょうか。街に対して受けた印象や街の状況によって、夢占いの解釈としては吉凶半々といったところ。こちらでは街並みや街の状況別に見て行きます。

街を歩く夢

街の中を楽しい気分で歩く夢は、運気が高まっていることを意味する夢占いとなります。気力や体力が充実しており、日々の暮らしも楽しく将来の展望も明るい様子。

あなたの人生が順調に進んでいることを表す吉兆と考えると良いでしょう。積極的に行動することでより運気が開けることを夢占いは示しています。

ひとりで、あるいは誰かといっしょに街の中を歩いていても寂しい気分だったなら、今のあなたがうまく周囲になじめず、寂しさや孤独感を感じているサイン。

誰かといっしょに楽しそうに街を歩いていたなら、対人運が好調であることを表します。周囲の人とも良好な関係性を築けていると言えるでしょう。

街をさまよう夢

どこへ行くという目的もなく、ふらふらと街をさまよう夢が印象的だった場合、今のあなたが迷いや悩みを抱えていることを暗示。

社会や学校生活を送る中で、このままで良いのか、これからどうしたら良いのかと決めあぐね、いろいろ考えている状態と言えるでしょう。

街が変わる夢

夢で見ていた街の風景などが、まるで舞台のからくりのようにまったく別の場所へとガラリと変わる夢は、あなたの周囲を取りまく環境や心境が、大きな変化を迎えることを意味する夢占いとなります。

目の前で街が変わることに驚きはしても特にイヤな印象を抱いていなかったなら、その変化はあなたにとって良いものとなるでしょう。

しかし街が変わることに不安を感じたり、ガッカリした様子だったりしたなら、今のあなたが自分に自信を持てず、思うようにものごとを進められなくなる可能性も。進路や最終的な目標の変更をする必要が出てくるかもしれません。

街が破壊される夢

ビルや商店、住宅などが壊されるなどして街そのものが破壊される夢が印象的だったなら、夢占いでは運気が低下しているサイン。ケガや体調不良に見舞われる恐れが高まっていますので注意が必要です。

また街が破壊される夢は、他人に自分の価値観やものの考え方などを否定され、壊されそうになっているという意味合いも。人の意見に惑わされず、しっかり自分の意思を持ちなさいと夢占いは教えてくれています。

綺麗な街並みの夢

綺麗な街並みを夢で見る場合、運気が高まっていることを意味する夢占いとなります。周囲の人と良好な関係性を築けており、仕事や勉強なども順調であることを表す吉兆と考えると良いでしょう。

古い街並みの夢

数十年前から変わらぬような古い街並みを夢で見ていたなら、運気が低下していることを意味します。現在進行形で関わっている事柄が自分では手に余ると感じており、できることなら放り出して、逃げ出したいと考えているのではないでしょうか。

古い街並みを夢に見て美しいと感じていた場合、運気が高まっていることを表します。前向き思考で積極的に行動することで運気が開けるでしょう。

見知らぬ街並みの夢

見知らぬ街を夢に見る場合、代わり映えのしない平凡な日常に、今のあなたがすっかり飽きてしまっていることを暗示。そうした退屈な日常を変えたいという思いが反映されたと考えられます。

見知らぬ街の街並みや雰囲気は、あなたの内面を映し出したもの。普段は仕事柄や立場などから地味な衣服などを選ぶことが多くても、夢に見た見知らぬ街が華やかで明るい雰囲気だったなら、実際のあなた自身もそうした華やかさや明るさを持っていることを意味します。

逆を言えば普段は明るい、どちらかと言えば派手な格好をすることが多くても、夢で見た知らない街が質素で落ち着いた雰囲気であった場合、あなたの本質が実は生真面目さや堅実さにあると考えると良いでしょう。

昔住んでいた街の夢

子供の頃など、昔住んでいた街の夢が印象的だったなら、今のあなたが転機を迎えていることを夢占いは示しています。

あなたを取り巻く周囲の環境や状況なども、大きく変化する可能性が。変化を楽しむように前向きな気持ちで受け入れ、積極的に行動することで運気が開けるでしょう。

街に誰もいない夢

本来は多くの人がいるはずの街中に誰もいない夢が印象的だった場合、自分を取り巻く環境やあなた自身のものの考え方が、今の時代に合わず古臭いことを意味しています。

それはひとつのこだわりかもしれませんが、いつまでも新しいやり方やシステムを受け入れないままでは、いずれ周囲について行けなくなる恐れが。

どうしても譲れない部分は大切にしながら、必要なことは随時柔軟に取り入れて行くことで、あなた自身の可能性が広がることを夢占いは教えてくれています。

街に人がたくさんいる夢

同じ街でも、都会などでは驚くほどの数の人がいるものです。そんな風に街に人がたくさんいるのを、少し離れた視点から客観的に自分が見ていた場合、あなたが日頃からあまり他の人と深い関わりを持たず、我が道を行くタイプの人であることを暗示。

街にいるたくさんの人の中に自分自身も紛れていたなら、今のあなたが直面している問題やトラブルから目を逸らしたい、逃げ出したいと考えていることを意味します。

しかし逃げても状況が良くなるわけではありません。しっかりと自分が負うべき責任や義務と向き合い、ひとつずつ解決して行くようにしてくださいね。

街の景色の夢

夢に見た街の景色に対して、住み心地や治安が良さそうなど良い印象を抱いていたなら、夢占いでは対人運が好調であることを表します。周囲の人と良い関係性が築けていると考えると良いでしょう。

しかし夢で見た街の景色に対して、住み心地や治安が悪そうといったイヤな印象を抱いていたなら、対人運が低下しているサイン。今のあなたが周囲の人と良好な関係性を築けず、孤立した状態であることを表しますので注意が必要です。

商店街の夢

地元の商店街が印象的だった場合、今のあなたが少々お疲れ気味であるサイン。今は地元を離れているのか、家族や友人との思い出がたくさんある地元を、なつかしく思っていることを夢占いは示しています。

今も地元で暮らしているとしても、なじみのある商店街には最近足を向けていないのかもしれません。気分転換と思って、ぶらりと商店街に出かけてみてはどうでしょうか。

活気のある商店街は、運気の上昇を暗示。対人運が好調ですので、周囲の人との関係性が良好であり、ものごとも順調に進むでしょう。

シャッター商店街など、活気のない商店街の夢は気力ややる気といったものが低下していることを意味します。運気自体も低下気味ですので、新しくなにかを始めるのは今は控えた方が良いでしょう。

街灯の夢

夜道などを明るく照らす街灯が印象的な夢は、夢占いでは運気が高まっていることを表します。吉報が舞い込んできたり、悩みやトラブルが解消され、精神的にラクになったりすることを表す吉兆と言えるでしょう。

故障でもしているのか、夜になっても街灯に明かりがともらない場合、あなたの抱える不満などが解消されるには、まだ時間がかかることを夢占いは示しています。

The post 【夢占い】街の夢22の意味*街をさまよう・破壊される・知らない街 first appeared on SPIBRE.
掲載元:【夢占い】街の夢22の意味*街をさまよう・破壊される・知らない街
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。