スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

心理テスト【一攫千金診断】どうやって大金を手にする?今の金運とは

スピリチュアブレス 

一攫千金,診断
恋愛運や仕事運、健康運……運気はいろいろありますが、中でも、年中無休で幸運でいてほしいのってやっぱり金運ですよね。とくに、自分が思い浮かべたもので運気の良し悪しがわかったら、まさに今の自分の運気だって思えるのではないでしょうか。

今回は、あなたの今の金運がわかる心理テストをご紹介します。

【診断テスト】

Q.勢いあまって仕事をやめてしまったあなた。それなのに、貯金はそれほどありません。生きていくために一攫千金を狙おうと決意しましたが、さて、そのための手段は?

あまり深く考えず、直感で選んでみてくださいね。

  • A:宝くじ
  • B:埋蔵金を掘る
  • C:沈没船まで潜る
  • D:銀行強盗

A:宝くじと答えたあなた

宝くじと答えたあなたの金運は、横ばいです。とくに良くもないですが、悪くもありません。働いたり、努力したりしたぶんは正当に評価され、収入となって返ってくるでしょう。ムダづかいをすればそのぶん生活は苦しくなりますが、そうなってからでもしっかりと節約すれば、じゅうぶん巻き返しは可能です。

宝くじは、当たれば一攫千金も夢ではありませんが、そもそも当たることが夢物語。仕事を辞めて一攫千金を狙おうというときでさえ宝くじを選ぶあなたは、そもそも本気で一攫千金を狙っていないし、信じていない様子。あくまでお金は、自分の労働や努力、行動の対価として得るものだという意識がしっかりと根付いているのです。逆にいえば、そんなあなただからこそ、運気が落ちてしまうこともないのです。どんな状況でも、自身で上昇していけるでしょう。

B:埋蔵金を掘ると答えたあなた

埋蔵金を掘ると答えたあなたの金運は、まずまずです。大きな幸運を求めていてはなかなか気づけないかもしれませんが、ちょっとした幸運や喜びはちょこちょこおとずれるでしょう。必ずしも現金だとは限りませんが、賞品や金券などが舞い込むこともあるはずです。上を見あげすぎずにいれば、じゅうぶん自分の運気の良さも実感できますよ。

埋蔵金は、夢のようでいて、あるていど可能性も信じていられるものです。たとえば、どのあたりを掘ればいいのかという見当など。それに加えて、大げさな準備や危険もそれほどありません。一攫千金を狙うという無謀な状況にしては、しっかりと計算されたほうだといえるでしょう。その慎重さと用心深さがあれば、運気を下げてしまうようなことはないはずです。むしろ、チャンスがあればしっかりとつかんで、急上昇していけるはずです。

C:沈没船まで潜ると答えたあなた

沈没船まで潜ると答えたあなたの金運は、あまりよくありません。お金はあればあるだけつかってしまうでしょう。しかも、衝動買いも多いし、買ったものをすぐに後悔するということもありそうです。加えて、お金を得ようと思ってした行動さえも、裏目に出ることも。ただし、欲を出しすぎなければ、運気の下降を止めることは可能です。

沈没船まで潜っても、そこにお宝があるとはかぎりません。また、たとえお宝があったとしても、海の底では一気に持ち帰る手段がありませんし、なにより自分の身体、場合によっては命にも危険があるのです。後先を考えない行動、リスクを考えない行動は、それだけ運気を下げるもの。仕事を辞めた上に自分を危険にさらすのは無謀としかいえないでしょう。

D:銀行強盗と答えたあなた

銀行強盗と答えたあなたの金運は、絶好調です。臨時収入などを待つより、自分から積極的に行動するのがいいでしょう。たとえば投資をしたり、副業をはじめたり。難しい勉強をしなくても、自分の趣味を収入につなげることもできるはずです。もちろん、なにか努力をすれば、そのぶんも運気の押し上げになりますよ。素直にお金を求めた行動に出るのもいいでしょう。

銀行強盗は、まさか現実でするわけにはいきません。しかし、大金が確実にある場所です。一攫千金といわれて真っ先に銀行を思い浮かべるのは、素直に、正直に、お金を求めたからこそのこと。その敏感なアンテナがあれば、ちょっとしたチャンスも見逃すことはないでしょう。それに加えて、今のあなたはどんなときでも損得勘定をする状態です。損得勘定、それもお金になるかどうか。運気はどんどん上昇していきそうですね。

まとめ

運気は変動するものです。いま、運気がいい人はじっとしているのはもったいないですよ。ぜひ、お金につながりそうな行動に出てみてくださいね。

The post 心理テスト【一攫千金診断】どうやって大金を手にする?今の金運とは first appeared on SPIBRE.
掲載元:心理テスト【一攫千金診断】どうやって大金を手にする?今の金運とは
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。