スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

中国地方【健康運のご利益】最強パワースポット*体も心も元気になれる!

スピリチュアブレス 

中国地方,健康運
恋愛、お金、仕事……自分が今一番欲しいと思っているものがどれであれ、それを心から堪能できるのはやっぱり健康あってこそですよね。まずは、心身の健康を願ってみませんか。

今回は、健康運にご利益のある中国地方のパワースポットをご紹介します。

【白兎神社】鳥取県

中国地方,健康運,白兎神社

皮膚病ややけどを癒す御身洗池

中国地方,健康運,白兎神社
白兎<ハクト>神社は、“因幡の白うさぎ”の元になったといわれている神社です。無病息災、病気平癒、傷病治癒などにご利益があり、とくに境内の御身洗池(不増不滅の池)は、神話の中で白うさぎが傷を癒したところということもあり、皮膚病ややけどを癒すといわれています。そのほか、健康長寿のご利益もあるとされていますよ。

また、授与所では病気平癒御守り、けんこう守りが授かれますが、ほかに結び石もいただきたいところ。結び石は、袋の中に「縁」と書かれた石が5つ入っているのですが、これはそれぞれ「良縁・子宝・繁盛・飛躍・健康」のこと。持ち帰ってもいいのですが、鳥居、もしくはうさぎの石像において祈ることでもパワーが込められます。

鳥取県鳥取市白兎603
0857-59-0047

【須佐神社】島根県

中国地方,健康運,須佐神社

万病を癒す塩ノ井

中国地方,健康運,須佐神社
須佐神社は、須佐之男命さまの魂が鎮まったといわれている聖地です。無病息災や病気平癒にご利益があり、とくに本殿裏手のご神木は大きなパワーとエネルギーに満ちています。また、潮の満ち引きに合わせて水量が変化する塩ノ井は、飲むと万病を癒すとされていますが、水質はあまりよくありません。

そのため、飲むよりも、持ち帰ってお風呂に混ぜることがオススメされているようです。ちなみに、須佐神社をおとずれたのなら、必ず境内の天照社もお参りしましょう。天照大神さまに怒られます。

島根県出雲市佐田町須佐730
0853-84-0605

【阿智神社】岡山県

中国地方,健康運,阿智神社

合計182段の健康長寿の階段

中国地方,健康運,阿智神社
阿智神社は、無病息災や美容健康などにご利益がある神社です。境内には合計182段の3つの階段があり、それぞれ88段の米寿坂、61段の還暦坂、33段の厄除坂。この3階段をのぼってお参りすることで健康長寿につながるといわれています。もちろん、階段がつらい場合は別ルートの参道もあるので大丈夫。

また、授与所で授かる阿智の藤実守は、健康長寿のお守りでとても人気が高いです。中に藤の実が入っていることから、“不死身”に通ずるとされています。ちなみに、病気の快復を願って阿智神社をおとずれたのなら、ぜひ境内社の荒<コウ>神社もお参りしましょう。病気平癒のご利益があります。

岡山県倉敷市本町12-1
086-425-4898

【千光寺】広島県

中国地方,健康運,千光寺

運気アップのパワースポットが複数

中国地方,健康運,千光寺
千光寺は、806年に創建されたお寺です。ご利益は、火難除けや無病息災。ご本尊の千手観音は秘仏ですが、境内はどこも強いパワーに満ちています。とくに大きなパワーが感じられるのが、玉の岩、大師堂、鼓岩、梵字岩あたり。心の健康のためには、鏡岩もオススメです。

授与所では、病気平癒御守、健康御守のほか、ストラップ型の無病息災お守りも授かれます。実際にお参りするのが難しい場合、郵送も可能です。

広島県尾道市東土堂町15-1
0848-23-2310

【瑠璃光寺】山口県

中国地方,健康運,瑠璃光寺

病気を引き受けてくださる身代わり地蔵さま

中国地方,健康運,瑠璃光寺
瑠璃光<ルリコウ>寺は、1471年に創建されたお寺です。無病息災、健康長寿、ガン封じにご利益があり、境内には健康長寿、病気平癒のためのスポットがたくさん。たとえば、身代わり地蔵さまは、病気や不幸などを引き受けてくださいます。

ほかに、足腰を丈夫にしてくださる仏足石や、ボケ封じ・ガン封じの水かけ地蔵さま。おびんずるさまは、自身の良くない部位をなでると健康を授けてくれるといわれています。また、閻魔様と後生車では、精神や魂の穢れや罪を落とすこともできます。

山口県山口市香山町7‐1
083-922-2409

まとめ

病気平癒、健康祈願、長寿……元気で長生きしたいというのは、もっとも基本的な願いかもしれませんね。ぜひ、足を運んでみてください。

The post 中国地方【健康運のご利益】最強パワースポット*体も心も元気になれる! first appeared on SPIBRE.
掲載元:中国地方【健康運のご利益】最強パワースポット*体も心も元気になれる!
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。