スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

【沖縄】浄化の最強パワースポット!体も心も癒される場所とは?

スピリチュアブレス 

浄化,パワースポット,沖縄,
どんなチャンスを前にしても、心と身体が元気いっぱいじゃなかったらベストパフォーマンスを発揮できません。これって、すごくもったいないことですよね。今なにか叶えたい夢がある人はもちろん、そうでない人も、夢中になれるものを探している人も、大事な瞬間を迎える前に心身にエネルギーをチャージしておきませんか。

今回は、沖縄の浄化スポットをいくつかご紹介するので、元気が欲しい人、最近なんかいいことがないと感じている人、ぜひ足を運んでみてください。

【沖縄】浄化最強パワースポット

【喜如嘉の七滝】(国頭郡)

浄化,パワースポット,沖縄,喜如嘉の七滝
喜如嘉<キジョカ>の七滝は、軌道が7回変わりながら落ちていく滝です。一帯が聖地となっていて、入り口には鳥居があります。鳥居をくぐると、滝へ続く道と拝所に続く道があるので、先にお参りをしてもいいかもしれませんね。

鳥居から一歩踏み入れただけでも空気が変わるのが感じられると思いますが、滝のほうへ進むにつれて、身体が軽くなるような感覚があるといわれています。このとき、軽くなればなるほど、たまっていた負の気が多いということ。

エネルギーチャージは滝の前でおこないましょう。滝の前に線香や花がそなえられていることがありますが、これは必ずしも必要ではありません。しばらく全身でその場の風を浴びているだけでチャージできるはずですよ。

【垣花樋川】(南城市)

浄化,パワースポット,沖縄,垣花樋川
垣花樋川<カキノハナヒージャー>は、全国名水百選の最初の31選にも選ばれているほどきれいな水の湧く場所です。一番高いところには女の川(イナグンカー)、その下には男の川(イキガンカー)があり、どちらの水も透明度が高いです。
浄化,パワースポット,沖縄,垣花樋川
とくに男の川は勢いよくわきだす清水のおかげで、付近が強いエネルギーにあふれています。最近まったくついていないという人は、ここで邪気を追い払うといいでしょう。ちなみに、男の川のさらに下には、ンマミシガーと呼ばれる水浴び場があり、昔はここで馬に水浴びをさせていたそうです。

また、垣花樋川をおとずれたのなら、川だけでなく、ぜひ拝所にも足を運びましょう。男の川の奥にあり、かつて神聖な祈りをささげる場所として大事にされていました。今も聖なるパワーに満ちていて、強い浄化作用があります。

【果報バンタ】(うるま市)

浄化,パワースポット,沖縄,果報バンタ
果報<カフウ>バンタは、沖縄の言葉で幸せの崖(岬)という意味です。海中道路でしか行くことができないため、一帯は自然の恵みとパワーに満ちています。とくにオススメなのが“ぬちの浜”。見た目は単なる砂浜ですが、めったに人が踏み入らないため、おだやかな気が充満していて、心身を癒してくれるのです。
浄化,パワースポット,沖縄,果報バンタ
また、このぬちの浜は、ウミガメが産卵におとずれる浜でもあるのです。命をはぐくむ、エネルギーにあふれた砂浜なので、心身の浄化だけでなくパワーチャージもできるスポットだといえるでしょう。

【普天間宮】(宜野湾市)

浄化,パワースポット,沖縄,普天間
普天間宮は琉球八社の1つで、人気の観光スポットです。ご利益は主に健康祈願、安産祈願、合格祈願、良縁祈願、五穀豊穣など。神社なので、普通にお参りするだけでもじゅうぶんな癒しと浄化が期待できるでしょう。

ただし、浄化を求めて普天間宮をおとずれたのなら、ぜひ入ってほしいのが鍾乳洞。普天間宮は境内に普天満宮洞穴という鍾乳洞があり、ここが浄化のパワースポットとなっているのです。そのパワーはすさまじく、普段はあまり感じないという人も、鍾乳洞の中に足を踏み入れただけで空気がちがうのがわかるはずです。

それもそのはずで、この鍾乳洞からは2万年前の化石が発掘されるなど、太古の昔からのエネルギーがたくわえられ続けているのです。心身はもちろん、魂から浄化されていくのが感じられるでしょう。鍾乳洞を参拝するときは、授与所で巫女さんに申し出てくださいね。

まとめ

心身の浄化は、して効果がないというタイミングはありません。よくない気がたまっているときにはそれが払われますし、エネルギーに欠けるときにはチャージされます。また、意欲的なときも、さらなる高みに導いてくれるでしょう。ぜひあなたも、これからの人生をより充実したものにするために、ご紹介したスポットを参考にしてみてくださいね。

The post 【沖縄】浄化の最強パワースポット!体も心も癒される場所とは? first appeared on SPIBRE.
掲載元:【沖縄】浄化の最強パワースポット!体も心も癒される場所とは?
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。