スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

【冬至】に運を呼び込む「ん」のつく食べ物は縁起がいい!開運のヒント

スピリチュアブレス 

冬至,食べ物
一年間を24分割した二十四節気(にじゅうしせっき)の22番目に当たるのが、冬至(とうじ)です。冬至の日は毎年固定ではなく、2022年の冬至は12月22日です。

冬至を過ぎる頃から寒さも増してきます。年末の慌ただしい季節に入る頃ですが、運を呼び込むために「ん」のつく食べ物を食べて開運していきましょう。冬至や開運食べ物についてご紹介します。

冬至とは?

冬至を境に運気が上昇すると言われ、開運には大切な日になります。一年を春夏秋冬の4つの季節に分け、更に6つに分けたものを二十四節気(にじゅうしせっき)と言います。二十四節気は「立春」から始まり「大寒」で終わります。冬至は22番目になり、一年の中で一番昼が短く、夜が長い日です。

中国では、万物が蘇る日とされる「一陽来復(いちようらいふく)」と言われています。太陽の力が最も弱った後に復活する日とされ、冬が終わって春になるという意味があります。衰えていた太陽のパワーが復活することから、新しい年が来るという意味もあります。

冬至の開運食べ物

寒さが強まる冬至の日には、小豆粥やかぼちゃを食べてゆず湯に入り、無病息災を願うという風習があります。風邪をひきやすい季節になるので、血行促進作用があるゆず湯で体を温めます。冬至の日には開運食べ物を食べましょう。

冬至七種を食べる

冬至七種(とうじのななくさ)である蓮根・銀杏・金柑・人参・寒天・南瓜・うどんを食べることで、体がパワーアップできます。栄養価が高い食材が多く、寒い冬を乗り切るためにもおすすめです。

冬至七種の煮物

冬至七種(蓮根・銀杏・金柑・人参・寒天・南瓜・うどん)をすべて食べるなら、煮物にするのがおすすめです。冬至七種の食べ物の名前には「ん」が2つ入っていることから、良い運気を2倍吸収できると言われています。

小豆粥

中国では、厄祓いのために小豆粥を炊いていたという風習があります。赤い色をした小豆には邪気を祓い、魔除けの効果があると信じられています。韓国でも、冬至に小豆のお粥である「パッチュク」を食べる風習があります。

冬至の「ん」がつく食べ物

冬至に「ん」のつくものを食べると、風邪をひきにくくなると言われています。また、運盛り(うんもり)という縁起担ぎで「運」を呼び込めると言われています。「ん」のつく食べ物を7つ食べると幸運を呼び込めるということで、冬至に運盛りするための「ん」がつく食べ物をご紹介します。

蓮根(れんこん)

蓮根には、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCには抗酸化作用があり、免疫力の向上や疲労回復効果に優れています。蓮根に含まれる食物繊維が腸内環境を整えてくれます。穴があって先を見通せることから「見通しが良くなる」と縁起が良い食べ物のひとつです。また、蓮根は種が多いことから子孫繁栄という意味もあります。

銀杏(ぎんなん)

銀杏は、種の中の仁(じん)と呼ばれる部分を食用にします。β-カロテンやビタミンC、カルシウム、レシチンなどの栄養素が豊富です。栄養価の高い食べ物で、古くから民間療法で活躍しています。免疫力を高め、咳止め作用があります。

金柑(きんかん)

金柑はビタミンEやビタミンC、ポリフェノールを多く含み、風邪などの感染症を予防し、咳やのどの痛みに効果的です。皮に含まれるヘスペリジンには血流改善効果、抗アレルギー作用、発ガン抑制作用などがあります。金柑は「金冠」に通じることから「家の西側に植えると繁栄する」と言われ、金運を高めてくれます。

人参(にんじん)

人参はβ-カロテンやカリウム、食物繊維が豊富です。表面の皮には、β-カロテンが特に多く含まれています。体の中を錆付かせない抗酸化作用に優れています。免疫力を高め、生活習慣病予防、老化予防にも効果が期待できます。

寒天(かんてん)

寒天は100%海藻からできており、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。寒天はノンカロリーなのでカロリーカットができ、満腹感も得られるのでダイエットに効果的です。食事の30分前に食べることで、ダイエットの成果が出やすくなります。

饂飩 (うんどん=うどん)

うどんはかつて「うんどん」と呼ばれていました。「冷えは万病の元」と言いますが、温かいうどんを食べることで体の中から温めてくれます。野菜をたっぷり入れて食べるのも良いでしょう。

南瓜(なんきん=かぼちゃ)

南瓜は、β-カロテンやビタミンが多く含まれています。黄色くて丸いということで、風水では金運に吉とされる食べ物です。栄養価に優れているため「冬至の日に南瓜を食べれば風邪をひかない」と言われています。

まとめ

二十四節気の一つである冬至は、太陽が出ている時間が短く、夜の長い日になります。この日を境に昼間の時間が長くなることから新たな始まりの意味があり、開運するための大切な節目になるでしょう。「ん」の付く食べ物を食べ、良い運気を呼び込みましょう。

The post 【冬至】に運を呼び込む「ん」のつく食べ物は縁起がいい!開運のヒント first appeared on SPIBRE.
掲載元:【冬至】に運を呼び込む「ん」のつく食べ物は縁起がいい!開運のヒント
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。