運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピ系ポータルサイト

花言葉【カーネーション】誕生花やスピリチュアルな話と開運について

投稿日:

スピリチュアブレス 

花言葉【カーネーション】誕生花やスピリチュアルな話と開運について

「カーネーション」と言えば、母の日のプレゼントにするお花として知られていますが、一年を通して、気軽にプレゼントできるお花としても人気です。

「カーネーション」の原産は、南ヨーロッパや西アジア、地中海沿岸部で、イスラム世界で昔から愛された花のひとつです。1年を通して見かけるお花ですが、本来の開花時期は2月から5月です。

「カーネーション」の名前の由来は、冠を意味する「corona」から来ているという説が有力です。これは「カーネーション」の花の形が冠のようであることからと、神の花冠に「カーネーション」が用いられたことによります。

他説では、品種改良前の「カーネーション」の色が、肉の色に似ていたことから、ラテン語で肉を意味する「caro」から来ているという説も存在しています。

「カーネーション」はナデシコ科に属し、和名を「阿蘭陀石竹(オランダセキチク)」「阿蘭陀撫子(オランダナデシコ)」「麝香撫子(ジャコウナデシコ)」などと呼ばれています。

「カーネーション」は古代ギリシャ・ローマ時代より栽培されていましたが、日本にはオランダを経由して、江戸時代末期に入ってきました。

明治時代には日本でも「カーネーション」の栽培が始まりましたが、全国に広まったのは大正時代に入ってからでした。

「カーネーション」非常に種類が多く、3000種類以上と言われています。

基本的には1本の茎にひとつの花が付く「スタンダード・カーネーション」と、一本の茎から枝分かれして花が咲く「スプレー・カーネーション」の2種に分かれます。

また、花の咲き方や色なども様々で、品種改良もどんどん進んでいるため、種類の数は増える一方です。

では世界中でもよく知られ、人気のある「カーネーション」の花言葉や、スピリチュアル的な意味などには、どのようなものがあるのでしょうか?

花言葉【カーネーション】の意味

「カーネーション」の一般的な花言葉は「無垢で深い愛」ですが、花の色によって、違った花言葉が下記のように存在しています。

<花の種類>
赤色の「カーネーション」の花言葉:母への愛、感動
ピンク色の「カーネーション」の花言葉:女性の愛、熱愛、美しいしぐさ
白色の「カーネーション」の花言葉:純粋な愛、私の愛は生きています、尊敬
黄色の「カーネーション」の花言葉:軽蔑、嫉妬、侮辱、友情
紫色の「カーネーション」の花言葉:気品、誇り
青色の「カーネーション」の花言葉:永遠の幸福
オレンジ色の「カーネーション」の花言葉:あなたを愛します、清らかな慕情
緑色の「カーネーション」の花言葉:癒し、純粋な愛情
虹色の「カーネーション」の花言葉:感謝
絞り色、複色の「カーネーション」の花言葉:愛の拒絶、

「カーネーション」は色が豊富に揃っているので、ケースバイケースで色々なものを選べます。黄色や絞り色、複色に関しては、あなたの思いを書き添えて送るようにしないと誤解を生む可能性もあるので注意しましょう。

【カーネーション】にまつわるスピリチュアルなお話

「カーネーション」にはいろいろな言い伝えがあります。

西洋ではキリストが処刑されたときに聖母マリアが流した涙が「カーネーション」になったという言い伝えが残っています。

ローマ神話では、「カーネーション」の冠を作ることが上手であったソニクスという美しい少女が、彼女を妬んだ人々に殺されてしまいます。彼女の作った冠を祭壇にいつも飾っていた太陽神のアポロンは、彼女の死を悼み、彼女を虹色に輝くカーネーションに変えたという伝説が残っています。

ヨーロッパではその昔、癒しの儀式を行うときには、祭壇に赤い「カーネーション」を飾り、「カーネーション」の持つパワーで患者にエネルギーを与えたり、乾燥した「カーネーション」のつぼみを袋に入れて部屋に下げ、その香でヒーリング効果を得たとされています。

【カーネーション】が誕生花の日

「カーネーション」の誕生花は、4月15日、5月10日、5月13日、5月17日、5月26日、6月15日、10月11日、12月17日、12月19日です。

また、赤色とピンク色に関しては下記の日が誕生花として用いられています。

赤色の「カーネーション」の誕生花:5月12日、11月20日
ピンク色の「カーネーション」の誕生花:1月11日、5月15日

【カーネーション】の効果や生活に取り入れる方法

「カーネーション」はプレゼント用のお花として頻繁に利用されますが、実は古代にはその強い香りがクローブに似ていることから、スパイスとして利用していました。

「カーネーション」のエッセンシャル・オイルは、石鹸や化粧品の香りづけに用いられることもありますが、お風呂に入れるとリラックス効果もあります。

また17世紀頃には、「カーネーション」は、薬草として用いられ、心臓や脳の病気の治療に用いていました。

現在でも「カーネーション」の花を乾燥させたものは、中国にも「カーネーション茶」としてあり、毒素を排出する効果があります。

「カーネーション」は、ドライフラワーにも比較的しやすい花なので、いただいた花を乾燥させれば、いつまでもお部屋のデコレーションとして楽しめます。

まとめ

「カーネーション」は、価格もリーズナブルで気軽にプレゼントができるお花として人気です。その花言葉もやさしさや、女性の愛などを表すものが多く、女性のお誕生日などには最適なお花です。また、プレゼントをするときはぜひ花言葉を添えて、あるいはあなた自身の言葉を添えるのを忘れないようにしましょう。

掲載元:花言葉【カーネーション】誕生花やスピリチュアルな話と開運について
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-スピ系ポータルサイト
-, , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2019 All Rights Reserved.