運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピ系ポータルサイト

【圓教寺 御朱印】ラストサムライロケ地!千年の時が流れるパワースポット

投稿日:

スピリチュアブレス 

西国27番圓教寺
西国三十三所観音霊場の第27番札所であり、ハリウッド映画『ラストサムライ』をはじめいろいろなドラマのロケ地にもなった圓教寺の魅力をご紹介しましょう。

圓教寺とは

山号:書写山(しょしゃざん)
寺号:圓教寺(えんぎょうじ)
宗派:天台宗
本尊:六臂如意輪観世音菩薩(ろくびにょいりんかんぜおんぼさつ)
開基:性空(しょうくう)

寺伝によりますと、圓教寺は、平安時代中期966年に、性空が57歳のとき、書写山に庵を結んだのが始まりとされています。性空は橘氏という貴族の出身でしたが、36歳で出家し、九州の霧島山などで約20間修行しました。

京都へ上る旅に出ますが、京への道を示すかのように流れていた紫色の雲が、書写山の上にとどまって動かなくなりました。山に入ってみると、一人の老僧が、「この山に住めば、眼・耳・鼻・舌・身・意(こころ)の六根は清められるだろう」と告げました。老僧は文殊菩薩の化身だったのです。性空は書写山に庵を結んで、ひたすら法華経を唱えました。

4年が過ぎたころ、性空は、崖の上に咲いた桜の木に天人が舞い降りて礼拝する姿を見たのです。そこで、その桜の木に如意輪観音を刻み、それを囲むお堂を建てました。それが摩尼殿(まにでん)の始まりです。

性空は、朝廷からお召しがあっても山を下りようとしませんでした。栄華栄達を求めず常に法華経の会得に専心する性空の名声はますます高まり、皇族や貴族たちが訪れるようになります。

特に花山法皇(かざんほうおう)は上人を崇敬し、二度訪れています。一度目は、986年7月、3年足らずの在位、19歳で藤原氏の陰謀により天皇の位を退位させられ、出家した直後でした。そして、この年の11月に、法皇は「圓教寺」の寺号を授けました。圓(円)のように欠けたところがなく、自己を完成する道を教える寺という意味が込められています。

花山法皇は、性空上人から、奈良時代のはじめに長谷寺の徳道上人が観音信仰を広めようとしていたことを教えられました。法皇は、徳道上人が埋めたとされる伝説の宝印を中山寺(兵庫県宝塚市)から掘り出して、観音霊場巡拝を始めたと伝えられています。これが今日の西国三十三所観音霊場巡礼の元になっていくのです。

圓教寺の見どころ

書写山山麓駅から毎時15分おきに運行されるロープウェイ(大人往復1,000円)を利用すると、4分ほどで山上駅に運んでくれます。
志納所で、志納金(入山料)大人500円を納めます。

魔尼殿下までマイクロバスを利用する場合は、志納所で特別志納金500円(往復)を納めます。1時間に3本運行されています。

参道

西国27番圓教寺・参道
参道は、「西国巡礼の道」と呼ばれ、両側に設置された西国三十三観音の銅像を拝顔しながら歩けるので、魔尼殿までの約1㎞の道のりも苦になりません。徒歩20分ほどです。

仁王門

西国27番圓教寺・仁王門
江戸時代初期の建物で、三つ棟造。向かって右側が口をあいた阿形(あぎょう)、左側が口をとじた吽形(うんぎょう)の金剛力士が聖域を守っています。仁王門は兵庫県指定文化財、仁王像は室町時代の作で、姫路市指定文化財です。

三十三所堂

西国27番圓教寺・三十三所堂
摩尼殿へ上る石段下の右手に、西国三十三所の観音像を安置しているお堂があります。

石段と懸造(かけづくり・舞台造)

  
西国27番圓教寺・摩尼殿への石段
石段はやや急ですが
西国27番圓教寺・摩尼殿・懸けづくり
崖の上に建てられた懸造の迫力ある構造がよく見えます。

手水

西国27番圓教寺・摩尼殿前の手水
摩尼殿の前にあります。

摩尼殿(まにでん・観音堂) 兵庫県指定有形文化財

西国27番圓教寺・摩尼殿
「マニ」とは梵語で如意(にょい)のこと。1174年に参詣した後白河法皇によって名付けられました。

西国27番圓教寺・本尊御影
本尊は六臂如意輪観世音菩薩で、性空上人が桜の霊木に刻みました。6本の手、如意宝珠と宝輪を持ち、人々の煩悩を打ち破り、あらゆる願いを叶えてくれます。片ひざを立て、手をほほにあてて救済策を思案している姿です。現在のものは、1239年に当時の住職妙覚によって供養されたものです。

最初の建物は平安時代中期の970年に建てられましたが、その後焼失し、1933年に再建されました。入母屋造、本瓦葺。

内陣の大厨子には、如意輪観音を中央に、広目天・増長天・多聞天・持国天が安置されています。これらの四天王立像はひのきの一木造で、10世紀ごろの作とみられ、国指定重要文化財となっています。1年に1回、1月18日の鬼追い会式の日に開帳されます。

三之堂(みつのどう)」 映画『ラストサムライ』のロケ地!

西国27番圓教寺・常行堂
摩尼殿を出てさらに奥へ、樹齢700年を超える木々が生い茂る道を5分ほど歩きます。すると突然、空が高く開け、なんとも言えない神聖な空気が流れる広場に出ました。青く澄み渡った空と白い砂、黒くどっしりとした三つの建物がコの字形に配置された空間。人が小さく見え、たたずんでいると体の中を涼風が吹き抜けていくような感じがしました。
西国27番圓教寺・食堂と大講堂
書写山全体がパワーにあふれていますが、中でもここは最強のパワースポットです。ハリウッド映画『ラストサムライ』のロケ地となったのもなるほどとうなずけます。

西国27番圓教寺 常行堂の左奥
常行堂の左奥です。

大講堂 国指定重要文化財

西国27番圓教寺・大講堂
圓教寺の総本堂で、学問と修行の場です。入母屋造、本瓦葺。元は、花山法皇の勅願により建立されましたが、現在のものは室町時代中期の建築です。重厚な二層の屋根に圧倒されます。

内陣には、986年、感阿(かんな)上人の作と伝えられる文殊菩薩・釈迦如来・普賢菩薩の釈迦三尊像が安置されています。いずれも国指定重要文化財です。

食堂(じきどう) 国指定重要文化財

西国27番圓教寺・食堂
修行僧の寝食のための建物です。平安時代末期1174年に参詣した後白河法皇の勅願により建立されました。入母屋造、本瓦葺。現在のものは室町時代中期の建築と考えられます。珍しい2階建て建築で、長さが40mもあります。

現在は、1階が写経道場、2階が寺宝の展示室となっています。本尊の僧形文殊菩薩や南北朝時代の作という金剛薩埵坐像(こんごうさったざぞう)などが展示されています。
西国27番圓教寺・食堂2階からの眺め
こちらの写真は2階の廊下から広場と常行堂を撮ったものです。
圓教寺
出典:TABIAN JAPAN
ちなみにこの1階でトムクルーズ扮するネイサン・オールグレン大尉と、渡辺謙扮する勝元盛次の対面シーンが撮影されました。世界の大スターたちも見た光景です。

常行堂(じょうぎょうどう) 国指定重要文化財

西国27番圓教寺・常行堂
ひたすら阿弥陀仏の名を唱えながら本尊を回る修行をするための道場です。方五間の東向きで、入母屋造、本瓦葺。

内部の瑠璃壇には、像高2m54㎝の本尊阿弥陀如来坐像(国指定重要文化財)が安置されています。性空上人の弟子安鎮により1005年ごろに造立されました。北側に長さ十間の細長い楽屋と呼ばれる建物が隣接し、その中央に舞台が張り出しています。舞台では、向かい側の大講堂の釈迦三尊に舞楽が奉納されます。

奥之院

圓教寺を開山した性空上人の像を祀っている開山堂(国指定重要文化財)があります。軒下の三隅の力士像は左甚五郎作と伝えられ、西北隅の1体は重さに耐えかねて逃げ出したという愉快な伝説があります。

水子地蔵

西国27番圓教寺・水子地蔵
摩尼殿下に戻る途中にありました。奉納された小さな地蔵尊がずらりと並んでいます。子供を亡くした人の悲しみがひしひしと伝わってきます。

圓教寺の御朱印

御朱印は摩尼殿、食堂、開山堂の3カ所でいただけますが、それぞれ異なる御朱印ですので注意してください。
西国27番圓教寺・御朱印
こちらは、魔尼殿の納経所でいただける西国三十三所観音霊場第27番札所の御朱印です。中央に摩尼殿と書かれています。左上の四角い朱印は、西国三十三札所草創1300年記念の特別印(2020年まで)です。納経料は300円です。

その他、食堂で大講堂と、根本堂(播州薬師霊場第16番)の御朱印がいただけます。開山堂では、開山堂の日本語バージョンとチベット語バージョンの御朱印がいただけます。

チベット語の御朱印は大人気ですので、時間にゆとりを持ってお参りした方がよさそうです。各300円。

所在地・入山時間

書写山圓教寺 〒671-2201 兵庫県姫路市書写2968 ☎ 079-266-33227
入山時間 8:30~18:00(冬季17:00)

アクセス

JR・山陽電鉄「姫路駅」から神姫バス「書写ロープウェイ行」で終点「ロープウェイ山麓駅」下車(約30分)
ロープウェイで「山上駅」まで4分、毎時15分ごとに運行

まとめ

圓教寺はいかがでしたでしょうか。緑に囲まれ、歴史的建造物も多いことから境内全体が国指定史跡となっています。

西国27番圓教寺 和泉式部 案内版

平安時代中期の歌人和泉式部が性空上人と歌を交わしたと伝えられ、奥之院には和泉式部の歌塚があります。摩尼殿下の「はづき茶屋」は式部の歌「暗きより暗き道にぞ入りぬべき 遥かかに照らせ山の端の月」にちなんだ店名です。よく煮込んだおでんがおいしいそうですよ。

また、弁慶も圓教寺で修行したといわれ、弁慶石や弁慶の鏡井戸などがあります。

性空上人の教えを求めて入山した人々の修行道場として栄えた圓教寺は、今も神聖な空気で覆われています。常行堂で座禅の体験、摩尼殿または食堂で写経の体験などができます。10分程度でできる花びら写経もあります。私がお参りした時も、食堂で高校生たちが静かに写経をしていました。修学旅行などの体験だったのでしょうか。

西国27番圓教寺 下から見た本堂

心のリフレッシュに皆さんもぜひ訪れてみてください。

掲載元:【圓教寺 御朱印】ラストサムライロケ地!千年の時が流れるパワースポット
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-スピ系ポータルサイト
-, , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2020 All Rights Reserved.