運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピ系ポータルサイト

【橿原神宮】は伝説の初代天皇を祀る神秘に満ちた聖地!御朱印&見どころ

投稿日:

スピリチュアブレス 

橿原神宮
皇室の参拝もあり、地元の人々からも心の拠り所、憩いの場所として親しまれ、初詣や「春の神武祭」などには大勢の参拝客が訪れます。そんな橿原神宮をご紹介しましょう。

橿原神宮とは

祭神:神武天皇(じんむてんのう)
   媛蹈韛五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)
創建:明治23(1890)年

奈良時代初めに完成した『古事記』(712年)や『日本書紀』(720年)に、初代天皇として記されている神武天皇(在位:前660~前585年)は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の五世孫で、15歳で太子となりました。45歳の時、3人の兄や子供たちとともに天下を治めるために、日向(宮崎県・鹿児島県)から大和(奈良県)の国に向けて出発しました。

多くの苦難を乗り越えて大和地方を平定し、畝傍山の東南橿原の地に宮殿を造りました。その道中、熊野から吉野への道を八咫烏(ヤタガラス)に導かれたり、土蜘蛛を退治したりするなど伝説に富んでいます。

奈良県桜井市にある大神神社(おおみわじんじゃ)の祭神、大物主神(おおものぬしのかみ)の娘の媛蹈韛五十鈴媛命を正妃に迎え、翌年の元旦に初代天皇として即位しました。『日本書記』の記述に基づいて、明治時代の学者が計算したところによりますと、初代天皇の即位は、紀元前660年1月1日、新暦の2月11日にあたります。今から2,680年前のことになります。

その後神武天皇は在位76年目の3月11日に、127歳(『古事記』では137歳)で崩御され、翌年9月に畝傍山の東北の陵に葬られたと記されています。

いつしか橿原の宮殿の跡はわからなくなっていましたが、明治時代になって、神武天皇を祀りたいという民間有志の願いが高まりました。明治天皇の勅許が下り、『古事記』『日本書紀』に記されている橿原宮を現在の地に推定し、明治23年4月2日、官幣大社として創建されました。創建に際して、安政2(1855)年建立の京都御所の賢所(かしこどころ)と神嘉殿を移築し、賢所を本殿に、神嘉殿を拝殿にあてました。

重要文化財に指定されていた神嘉殿は、残念ながら平成5(1993)年2月4日の火災で焼失しました。

第二次世界大戦終戦後、国家の管理から離れ、経済的に困難な時代を迎えましたが、全国の崇敬者の支援により16万㎡の境内を護持して現在に至っています。

令和元(2019)年5月1日に即位された現天皇・皇后も同年11月に参拝され、改めて橿原神宮は世間の注目を浴びました。

2月11日は、明治6(1873)年に「紀元節」として祝日と定められましたが、戦後廃止され、昭和41(1966)年に「建国記念の日」という国民の祝日となりました。

橿原神宮の見どころ

南神門(みなみしんもん)

橿原神宮・南神門
素木建ての八脚門で、屋根は切妻造の銅板葺。この門前の広場に手水舎があります。そこで手を洗い、口をすすぎます。門をくぐると神域です。

外拝殿(げはいでん)

 
橿原神宮・外拝殿
左右に長い廻廊を連ねた入母屋造で、昭和14(1939)年に完成しました。
橿原神宮・外拝殿巨大絵馬
平成31(2019)年の干支、巨大な絵馬の亥(猪)ファミリーが迎えてくれました。
石段を上ると、記帳台と賽銭箱が数か所設置されていました。外拝殿から本殿に向かって参拝します。最もパワーをいただけるスポットです。家内安全、事業繁栄、交通安全、厄除け、良縁・縁結びなど諸願成就のご利益を授けていただけます。

内拝殿(ないはいでん)・幣殿(へいでん)・本殿(重要文化財)

橿原神宮・内拝殿と外拝殿の間の外院斎庭
廻廊に囲まれた3,200㎡の外院斎庭の向こうに、内拝殿が畝傍山のふところに抱かれるように建っていました。内拝殿の屋根越しに輝く幣殿の角のような千木(ちぎ)が彩りを添えていました。
橿原神宮・内拝殿と外拝殿の間の外院斎庭
内拝殿は紀元祭などの重要な祭典に使用されます。

内拝殿の後ろに幣殿があります。祭典の際に神饌(しんせん)をお供えし、祝詞(のりと)を奏上する所です。屋根に千木(ちぎ)、棟の上に鰹木(かつおぎ)を置く様式が取られています。

幣殿のさらに奥に祭神が祀られている本殿があります。安政2年に建立された元京都御所の賢所で、明治23年に橿原神宮が創建された時、移築されました。重要文化財に指定されています。

廻廊(かいろう)

橿原神宮・外拝殿の廻廊
美しい廻廊が続きます。
橿原神宮・廻廊の天井
天井もシンプルながら清浄な神域の雰囲気を醸し出しています。

鮎みくじ

 
橿原神宮・鮎みくじ
廻廊の一角に鮎みくじが置かれていました。

神武天皇は東征の際、吉野の川上で、魚へんに占と書く鮎を用いて御神意を問われたそうです。その伝承に基づくおみくじです。初穂料は500円。

深田池(ふかだいけ)

橿原神宮・深田池
南神門を出ると、広場の南方に、奈良時代に造成された面積約4万9,500㎡の池があります。

橿原神宮・深田池で水鳥
子供たちが水鳥やハトにエサを与えていました。ほのぼのとした光景でした。対岸まで遊歩道が設置されています。

長山稲荷社(ながやまいなりしゃ)

深田池の右手にあります。祭神は宇迦能御魂神(うかのみたまのかみ)、豊受気神(とようけのかみ)、大宮能売神(おおみやのめのかみ)です。橿原神宮が創建される前からこの地に祀られていました。

現在は橿原神宮の末社となっています。開運厄除、五穀豊穣、商売繁盛などのご利益を授けていただけます。

御朱印

橿原神宮・御朱印 
橿原神宮の御朱印 
橿原神宮・長山稲荷社の御朱印
長山稲荷社の御朱印 

南神門の授与所でいただけます。
受付は8:30~閉門の30分前まで。
初穂料は各300円。

アクセス・拝観時間

近鉄「橿原神宮前駅」(中央出口)下車、徒歩10分。

橿原神宮 所在地:〒634-8550 奈良県橿原市久米町934  ☎ 0744-22-3271
参拝時間:開門6:00 閉門18:00(2020年6月1日より、コロナウイルス感染症対策のため)
宝物館:土・日・祝休日 9:00~16:00(平日は要予約)入館料:大人300円
現在宝物館はコロナウイルス感染症対策のため休館中。

神武天皇陵(じんむてんのうりょう)

 
橿原神宮に隣接する神武天皇御陵
畝傍山の北東のふもと、橿原神宮と北接する位置に、神武天皇の御陵があります。神武天皇陵も中世には所在がわからなくなっていましたが、江戸時代の終わり、文久3(1863)年、現在の地に定められ、徳川幕府によって整備されました。円丘で周囲約100m、高さ5.5mの広い植え込みがあり、幅約16mの濠をめぐらせてあります。
神武天皇御陵入口
神武天皇陵(奈良県橿原市大久保町)へは、近鉄「畝傍御陵前駅」下車、徒歩10分。

まとめ

橿原神宮
橿原神宮はいかがでしたでしょうか。
橿原神宮の背後にある畝傍山は、香具山(かぐやま)、耳成山(みみなしやま)とともに「大和三山」として、『万葉集』(8世紀後半に成立)に歌われています。標高198.8mで三山の中では最も高く、歴史的風土特別保存地区に指定されています。神宮の北神門を出て、北参道の途中に登山口があります。

橿原神宮・深田池
深田池も対岸まで遊歩道が設置されていますので、時間があればゆっくり散策しながら古代へと思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

橿原神宮は、今年2020年で創建130年の比較的若い神宮です。しかし、1300余年前、大和三山に囲まれた橿原の地と明日香にかかる平野に、持統天皇(在位690~697年)は、唐(中国)の都長安にならって我が国最初の都市藤原京(694年)を築きました。

そのような由緒ある畝傍山のふもとに整備されてきただけに、歴史を感じさせ、厳かで清浄な空気に包まれているのでしょう。神武天皇陵ともども是非訪れてみてください。

掲載元:【橿原神宮】は伝説の初代天皇を祀る神秘に満ちた聖地!御朱印&見どころ
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-スピ系ポータルサイト
-, , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2020 All Rights Reserved.