運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

さとうみつろう スピ系ポータルサイト スピ速 ヒーラー・占い師・カウンセラー様個人ブログ

グングヮチウマチー

投稿日:

グングヮチウマチー

出典元:https://ameblo.jp/mitsulow/entry-12386694974.html

今日は、旧暦5月15日、

 

沖縄ではグングヮチウマチー(五月ウマチー)の日。

 

初めて「ウマチー」という言葉を聞いたのは、

 

たぶん10年くらい前。

 

 

妻の実家がある地域は那覇でも「ユタさん」文化が色濃く残っている地域で、

 

結婚後に、妻や妻の実家の影響で初めて行った「ユタさん」。

 

 

科学的根拠が大好きなもんで、ものすごーく懐疑的な姿勢で行ったけど、

 

もう、どうやっても説明できないような事を、ズバズバ当ててくる。

 

 

科学的には説明できないけど、

 

事実として目の前に起こってる「出来事」なので、

 

「科学」側の説明力を、もっと底上げしようと誓った夜。

 

「これを、説明したい!」と熱くなったのを、覚えています。

 

 

 

 

江戸時代の人が「スマホ」を見たら、魔術だ!と騒ぐだろうけど、

 

起こっている「事実(スマホ)」は、奇跡ではなく「事実」なのだ。

 

 

目をつむっても、信じなくても、怪しいとけなしても、

 

「事実(スマホ)」は起こっている。

 

 

江戸時代では信じてもらえなかったその「事実(スマホ)」に対する説明力が向上した現代では、

 

万人がソレ(スマホ)のメリットを享受している。

 

「科学の説明力向上」が、多くの人の「信じる心」を開き、

 

その奇跡(本当はただの事実)が起こすメリットを手渡したのだ。

 

 

「あんな怪しい魔術のチカラを使ったケータイなんて、私は持ちたくないね!」と、

 

避ける人が居なくなったから。

 

 

 

 

 

同じように。

 

「ユタさん」「琉球文化」「旧暦文化」などで起こる奇跡的な出来事を、

 

説明できないうちは、「魔術だ!」「あやしい!」と避けられてしまうけど、

 

その説明力さえ向上させれば、

 

万人へ、このメリットを手渡せる!と思った夜。

 

 

 

例えば、ウマチーは、

 

【二月ウマチー(ニングワァチウマチー)】旧2月15日

【三月ウマチー(サングワァチウマチー)】旧3月15日

【五月ウマチー(グングァチウマチー)】旧5月15日

【六月ウマチー(ルクグワァチウマチー)】旧6月15日

 

全部が旧暦の15日。

 

「旧暦」と聞くと、文化臭いし、怪しいけど、

 

れっきとした天文学(天文歴)。

 

 

旧暦の1日は、新月で、

 

旧暦の15日に満月となる。

 

旧暦なら何月でも、そうなる。

 

なぜなら、「月」のコヨミだから。

 

「月」に合わせて、翌月になるのだから。

 

 

新暦では、6月15日が満月だったり、ミカヅキだったり、

 

7月15日は新月だったり、

 

毎月、異なるけど。

 

 

旧暦では、

 

1月でも、2月でも、3月でも、

 

15日なら、満月。

 

1日なら、新月。

 

 

ほら、これだけで「旧暦の怪しさ」が、消し飛んだでしょ??

 

合理的なコヨミだって、分かったでしょ?

 

 

 

次に、「じゃあ、満月だから何なの?」って、現代人なら言いそうだけど。

(僕も10年くらい前までは言ってたけど)

 

 

理科で習った通り、

 

満月・新月・上弦・下弦では、

 

「地球」に対する引力(重力)が、まったく異なる。

 

 

 

 

ネットで見つけて来た画像だけど↑

 

地球のカタチが、変わるほど、引っ張られる。

 

 

地球で一番おもたい物質は「海」ですが、

 

その海を大移動させているのは、月の動き。

 

月が動くから、海が動く。

 

 

 

地球で一番重たい物質を、簡単に移動させられるハンドパワー(まだ魔術と呼びたいなら)なんだから、

 

あなたがダイエットに失敗し100Kgの大台に乗っても、

 

月はちょー余裕で「あなた」に影響を及ぼすわけです。

 

 

 

「あたしー、月の影響?とかぁ~、マジ受けねーし。」

 

って言っているギャルが居たなら、

 

むしろ、彼女の方こそ魔法使いなわけです。

 

 

 

 

無理なんです。

 

地球という天体に居る限り。

 

 

地球という球体の中に居る限り、

 

「月の運行」に影響を受けないことなんて。

 

不可能なんです。

 

 

 

 

今日は、そんなウマチーの日。

 

ウマチーは4つもあるけど、

 

だいたい五月のウマチーだけが祝われる。

 

ウマチーの最大の祭典が五月なのは、初穂祭だから。

 

簡単に言えば収穫感謝祭。

 

門中(DNAの内容が近い人たち)が集まって来て、

 

同じ「場」を共有して、祈る。

 

先祖への、感謝。収穫への、感謝を。

 

 

この「祈り」さえも、文化と捕らえると敬遠されるけど。

 

最近では科学的な行為だと分かっている。

 

祈りとは、「ありがたい」と想う行為。

 

その行為は、

 

「よく考えたら、ありがたい・・・。なんて自分は恵まれているヤツなんだ!」と言っているわけだから、

 

自己の環境を客観的に観測し直すことであり、

 

セルフイメージを潜在意識下で書き換えます。

 

 

 

 

 

なんか、めーっちゃ長くなって疲れて来たので、

 

途中だけどもう辞めようと決めましたが、

 

例えば、この1つの行事「グングヮチウマチー」だけにおいても。

 

 

「なんかさー、グングヮチウマチーってのを、旧暦の15日にやるんだよ。

 

門中に集まって、祈るんだよ。」

 

 

だけの情報だった頃は、

 

「怪しい」し「風習でしょ?」だったり、「???」だけど。

 

 

 

・旧暦って、月の運行を的確に読めるコヨミなんだよ

 

・旧暦の15日は、天体現象により満月の引力が地球に及ぶんだよ。

 

・DNAって磁場を発しているんだよ。そんなDNAの組成が似ている人たちが集うんだよ。

 

・「ありがたい」という思い直しで、潜在意識下のセルフイメージが書き換わるんだよ。

 

 

この、4つのことをサラっと「説明」されただけでも、

 

信じる方向へ、ココロが開く。

 

 

「スマホみたいな怪しい物体なんて、あたしゃ触りたくないね!!」

 

と、避けていた人たちへ、

 

その「事実(奇跡)」が起こすメリットを、

 

享受させてあげられるようになる。

 

 

 

 

もっと、科学的な説明力が向上してきたら。

 

きっと、多くの人が楽に生きられる未来に成ると思うし、

 

その日は、近い。

 

 

 

今日はめんどくさいから、さようなら。

 

 

デラックス「じゃあがんばれよ、説明!!!」

クノタチホ
女性の方が圧倒的に月の満ち欠けに対して敏感だよね
ぴろゆきん
月経があるからのう
クノタチホ
アタシ達のような後発的な【女】はどうなんだろう
ぴろゆきん
もちろん女装してる時のほうが影響を受けやすいじゃろう
クノタチホ
へぇーwそうなんだ面白いねこれから意識して観察してみよう

・旧暦って、月の運行を的確に読めるコヨミなんだよ

 

・旧暦の15日は、天体現象により満月の引力が地球に及ぶんだよ。

 

・DNAって磁場を発しているんだよ。そんなDNAの組成が似ている人たちが集うんだよ。

 

・「ありがたい」という思い直しで、潜在意識下のセルフイメージが書き換わるんだよ。

 

-さとうみつろう, スピ系ポータルサイト, スピ速, ヒーラー・占い師・カウンセラー様個人ブログ
-, , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2021 All Rights Reserved.