スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

花言葉【オジギソウ】風水で運気アップ*誕生花とスピリチュアルな伝説について

スピリチュアブレス 

花言葉,オジギソウ
マメ科のお花の「オジギソウ」は、その葉に触れると蝶々が羽根を閉じるかのように葉が閉じて垂れ下がってしまう、その様子から付けられた名前です。

「オジギソウ」は、夏になるとピンク色をした可愛いポンポンのような花を咲かせる多年草ですが、寒い冬を越せないため、日本では一年草と考えられています。

別名を『眠り草』とも呼ばれ、子供の頃からも葉に触って遊んだ人も多いであろう「オジギソウ」ですが、このお花が持つスピリチュアル的な意味やエピソードなどには、どのようなものがあるのでしょうか?

【オジギソウ】にまつわるスピリチュアルなお話

花言葉,オジギソウ

「オジギソウ」にまつわる中国の故事

中国には「オジギソウ」にまつわるお話が伝わっています。

その昔、美しい娘が賊に襲われてしまったことを恥じて、自ら岩に頭をぶつけて死んでしまいました。

その後、この娘は「オジギソウ」に生まれ変わったとされています。

この話から、「オジギソウ」には「含羞(がんしゅう)-はじらうの意」という別名も存在しています。

【オジギソウ】が誕生花の日

【オジギソウ】が誕生花です。

  • 1月26日
  • 1月30日
  • 1月31日
  • 4月15日
  • 5月4日
  • 5月5日
  • 5月20日
  • 9月18日

【オジギソウ】を使って運気をアップする方

ここで説明する風水は、「誰でもできるかんたん風水!バグア・チャート風水」
伊庭野れい子著(太玄社)

著者ご本人に解説してもらいます。

「誰でもできるかんたん風水!バグア・チャート風水」伊庭野れい子著、太玄社

(本の解説)
ハワイ在住の風水師クリア・イングレバート氏(『ハワイアン風水』著者)に師事した著者が、バグア・チャートを使った風水を基本からよりわかりやすく、誰でも手軽に自宅で実践できるようにイラスト付きで解説した開運風水本。
花言葉,オジギソウ

風水で運気UP

風水において「オジギソウ」は、その葉が閉じて垂れ下がるということから、癒し効果や精神を落ち着かせる効果もあると考えられています。

健康運UP

「オジギソウ」の鉢植えを、バグア・チャート風水を利用して、お部屋を入って左手横にある健康・家族のエリアに飾っておきましょう。

精神の安定や不眠解消のお手伝いをしてくれます。もちろん寝室に飾って置くのもおすすめです。

「オジギソウ」の鉢植えが手に入らなければ、写真でもかまいません。

花言葉【オジギソウ】の意味

「オジギソウ」の原産は、南アメリカの熱帯地区に雑草として生息しています。

日本にはオランダより江戸時代に伝えられ、子供の頃に葉に触わると閉じるのがおもしろくて、遊んだ思い出のある人も多いでしょう。

学名ではギリシャ語の身振りを意味する「mimos」が語源の「ミモザ」と付けられています。

しかし日本ではアカシア属のフカアカシアのことを「ミモザ」と呼んでいます。

これはフカアカシアの葉が「オジギソウ」の葉に似ていたことから誤って、「ミモザ」と呼ばれるようになってしまったのです。

「オジギソウ」の葉は、手で触るだけではなく、ちょっとした振動を感じると閉じるようになっており、夜間や温度、湿度の差、地震の振動でも閉じてしまいます。

このように「オジギソウ」の葉が、少しの変化でも閉じてしまうのは、敵から身を守るためであると考えられています。

「オジギソウ」は毒性のアルカロイドを含むので、食用にはなりませんが、中国では薬草として用いられることもあり、利尿、鎮咳去痰、気管支炎、精神不安、風邪、小児高熱、鎮痛などに効果があるとされています。

「オジギソウ」は、種を撒いて植木鉢で育てることができますが、花の色はピンクのみです。

「オジギソウ」の花言葉①

  • 繊細な感情

この花言葉は、「オジギソウ」の葉に触れると閉じて垂れ下がることから、付けられた花言葉です。

やさしい繊細な心の持ち主のお友達に、この花言葉を添えて鉢植えを贈ってあげてはいかがでしょうか?

「オジギソウ」の花言葉②

  • 感受性

これは「オジギソウ」の葉が、少し触れたり、気温や湿度、ちょっとした振動でも、周囲の変化を感じ取って閉じてしまうということから、付けられた花言葉です。

「オジギソウ」の花言葉③

  • 敏感

「オジギソウ」の葉は、少しの変化や振動だけでも閉じて垂れ下がってしまうほどに敏感であり、まるで恥ずかしがっているようにすら見えてしまいます。そんなところから付けられたのが、この花言葉です。

「オジギソウ」の花言葉④

  • 失望

こちらの花言葉も、「オジギソウ」の葉が、触れると閉じて垂れ下がるその姿から、なんだかがっかりしてしまったように見えるところから付けられています。

「オジギソウ」の花言葉⑤

  • 謙虚

こちらの花言葉も、「オジギソウ」の葉が、触れると閉じて垂れ下がるその姿から、まるで深々とお辞儀をしているようにも見えることから付けられています。

「オジギソウ」の花言葉⑥

  • 鋭敏

こちらの花言葉も、「オジギソウ」の葉が、触れると閉じて垂れ下がるその姿から、非常にデリケートで、ちょっとした変化も見逃さないような、そんな様子から付けられた花言葉です。

花言葉【オジギソウ】の基本情報

“【オジギソウ】の基本情報”
科 属 マメ科 オジギソウ属
原産地 南アメリカ
品種 品種というものは存在しません。原種1種のみ。
開花時期 7月~10月
英語和名 ・Sensitive Plant (センシティブ・プラント)、Sleeping Grass (スリーピング・グラス)・オジギソウ(お辞儀草)、ネムリグサ(眠り草)、ガンシュウグサ(含羞草)

まとめ

やさしい丸いピンク色の花を咲かせる「オジギソウ」は、その花よりも葉に注目が集まってしまいます。それは触れるなど、少しの変化だけでも葉が閉じて垂れ下がってしまうからです。このことから付けられた花言葉がたくさん存在しています。「オジギソウ」の種を撒いて鉢植えにし、お部屋に飾っておくだけでも、その優しい花の姿と繊細な葉が癒しを授けてくれます。

▶︎花言葉まとめ一覧ページはこちら

The post 花言葉【オジギソウ】風水で運気アップ*誕生花とスピリチュアルな伝説について first appeared on SPIBRE.
掲載元:花言葉【オジギソウ】風水で運気アップ*誕生花とスピリチュアルな伝説について
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。