スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

最高の開運日【天赦日】に財布を使い始めるときの7つの開運ポイント

スピリチュアブレス 

天赦日,財布
暦の上で最上の吉日と言われている「天赦日(てんしゃにち)」。天赦日は「天が万物の罪を赦す日」になります。最高の開運日でもあり、財布を使い始めるときには良いエネルギーを取り入れることで、金運にも恩恵を受けることができるでしょう。

天赦日に財布を使い始めるときの開運ポイントをご紹介します。運気の良いと言われる日から使い始めてみると、あなたの金運も高まってくるかもしれません。

購入した財布を使い始める時間

新しく購入した財布によりよい運気を取り入れ金運を高めていくには、財布を使い始める時間を意識してみるのもよいでしょう。陰陽五行説から、使い始めるとよい時間帯を見ていきます。

お金と相性の良いのは、五行(木・火・土・金・水)でいう「水」。水は生命の根源であり、可能性を秘めています。時間帯で言うと、17:00~23:00に当たります。金は水に交わると増えるので、水の気の時間帯にお財布を使い始めましょう。

財布を買う日と使い始める日

財布を買う日と使い始める日は縁起の良い日にすることで、良いエネルギーを呼び込み金運を高めてくれると言われています。財布はあまり頻繁に買うことが少ないものなので、縁起の良い日を選んで買ったり、使い始めたりするといいでしょう。

財布を買う日と使い始めにおすすめ開運日

吉日を選択して良いエネルギーを取り込んでいきましょう。「天赦日(てんしゃにち)」や「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」「寅の日(とらのひ)」「巳の日(みのひ)」「大安(たいあん)」などの吉日を選ぶと、開運していきます。

天赦日は、「すべての神様が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日」というメッセージがあります。一粒万倍日は、「一粒まいた籾(もみ)が成長し、万倍にも実をつける立派な稲穂になる」というメッセージがあります。

寅の日は、虎の黄金色の縞模様が金運のシンボルとも言われ、財布を買ったり、使い始めたりすると金運を高めてくれる効果が期待できます。巳の日は、財運や福徳を司る弁財天のお使いである蛇と関係しており、白蛇は弁財天の化身であると言われています。

大安は、何事をするにも吉の日とされているので、財布を買う日と使い始めに良いエネルギーをもたらしてくれるでしょう。いくつかの吉日が重なっている日は、最強の開運パワーを取り入れることができます。

財布を寝かせる方法

財布を吉日の日取りの良いときに使い始めたい場合は、その日がくるまで財布を寝かせておかないといけません。風水では財畜運を高めてくれるのが北側の方位になるので、家の中心から見て北側の部屋に財布を寝かせておくとよいでしょう。

但し、北側がキッチンの場合は「火」のパワーが強く、「金」と相性がよくないために避けましょう。更に金運を高める財布にするためには、通常より多めのお金を財布に入れて寝かしておくと、財布にとってはその金額が入っていることが当たり前になるので、それ以下になるとお金を元に戻そうとする働きがでてきます。

コンフォートゾーンを設定するためには、ある程度の金額を入れておくとよいですね。

財布を使い始めに買うといいもの

財布の使い始めには、自分のテンションを上げてくれるものを購入することで、良いエネルギー状態が財布にもインプットされます。お金を使うことでワクワクするもの、価値あるものを購入することを意識してみましょう。

財布の種銭で開運

金運の「種」になるお金「種銭」を入れておくことで、仲間をどんどんと連れてきてくれると言われています。使い始めの財布に入れます。種銭は、基本的には使わずにずっと財布に入れておきます。

「お金とご縁がありますように」ということで5円玉を入れたり、龍が天を舞う数字の組み合わせと言われる「115円」の100円、10円、5円玉をラベンダーもしくは黄色の紙で包んでおいたりします。より多くの金運を引き寄せたい場合は、「一万円札」の新札もよいでしょう。

こだわる場合は、紙幣の記番号の末尾が最強と言われている「9」「9Z」。お金は寂しがり屋なので、どんどんと仲間を連れてきてくれるというメッセージが込められた「5」「5Z」などの、お金を引き寄せるパワーのある数字&アルファベットのものを入れておくとよいと言われています。

財布の保管場所

財布は家の中心からみて「北」「西」に置くとよいです。北は財畜運、西は金運を高めてくれる方位です。クローゼットやタンスなどの引き出しの暗くて静かな場所に保管しておきましょう。

但し、北や西がキッチンやトイレ、バスルームなどの水回りに位置している場合は避けましょう。定位置を決めて保管することで、ゆっくりとお金を休めることができます。

財布を浄化する方法

さまざまなお金が入ってきては出てを繰り返しているので、ネガティブな想念がついているお金が巡ってくることがあります。ひとつまみの天然塩をお財布に入れておくことで、常に入ってきたものに対して浄化してくれるでしょう。

まとめ

お金の住まいであるお財布を大切に扱うことで、居心地がよくなり、多くのお金が集まってくると言われています。財布を買う日から、使い始める日、また保管する場所やお金の想念を浄化するなど丁寧に扱うことで、より金運が高められていくでしょう。

The post 最高の開運日【天赦日】に財布を使い始めるときの7つの開運ポイント first appeared on SPIBRE.
掲載元:最高の開運日【天赦日】に財布を使い始めるときの7つの開運ポイント
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。