スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

【登山診断】選んだ状況でわかる?あなたの強みをチェック!

スピリチュアブレス 

登山,診断
壮大な自然を感じることができる登山。老若男女問わず、その楽しさや魅力にハマる人がたくさんいます。

もちろん自然相手ですから時には困難な状況に陥ることも。そんな時に自分の強みに気づくかもしれません。早速診断してみましょう!

【診断テスト】

あなたは登山の途中で「これ以上登るのをやめよう」という決断をしました。それは一体どういう状況だった?!

あまり深く考えず、直感で選んでみてくださいね。

  • A:怪我をしてしまった
  • B:天候が怪しくなってきた
  • C:探していた花を途中で採取できた
  • D:下山して行きたい場所を思い出した

A:怪我をしてしまったと答えたあなた

Aを選んだあなたの強みは、「自分の実力を正しく判断できる謙虚さ」です。

怪我をしてもすぐに登山を諦めきれない人も多くいるもの。そんな中で下山の判断をするイメージをしたあなたは、いつも謙虚な心の持ち主。自分が無理をすることで周囲に迷惑をかけてしまわないように、慎重に行動することができます。

そんなあなたなので周囲から軽んじられることもしばしば。悔しい思いをぐっと堪えて、自分の意思を我慢する強さがあなたにはあります。そのため、特に年上の相手から可愛がられることも多く、世渡りは上手いと言えるでしょう。

一方で、少し背伸びをすれば届きそうな場所があっても、チャレンジしないことでその可能性を自ら潰してしまっている可能性も。少し位迷惑をかけてもいいや、と思えるチームに恵まれるとあなたの才能はより開花するはずです。

B:天候が怪しくなってきたと答えたあなた

Bを選んだあなたの強みは、「学ぶ意欲と応用力」です。

山の天候は変化しやすく、予測もしづらいもの。ずるずると様子を見たくなってしまいがちですが、下山の判断をイメージをしたあなたは、過去から学び状況に合わせて正しい判断ができる強みがあります。運頼みに軽率な行動をとることはほとんどありません。

そんなあなたは、周囲から「器用」と言われることも多いのではないでしょうか。他人の行動を見て真似することで、何に関しても平均以上のパフォーマンスが出来るからです。例えば料理も、レシピがあればその通りに正しく美味しく作ることが出来るタイプ。

一方で、0から1を生み出す作業は苦手な様子。何も前例がないところからアイデアを膨らませることは頭の使い方が異なるためです。自分の苦手を正しく把握した上で、時には他者に頼ることも必要かもしれません。

C:探していた花を途中で採取できたと答えたあなた

Cを選んだあなたの強みは、「目的を見失わない合理性」です。

登山前の目的が植物収集だったとしても、登っていると我を忘れてついつい頂上を目指してしまいそうになるはず。そんな中で潔く下山の判断をするイメージをしたあなたは、非常に真っ直ぐな思考の持ち主。何事も最短距離で達成することへのこだわりがあります。

議論がそれたり、論点がすり替わったりするといち早く気付けるため、ミーティングであなたの強みは一段と発揮されます。中心で議論をひっぱるタイプではありませんが、全体を俯瞰して捉え的確な一言を発するため、とても頼りにされるでしょう。

しかし、一見無駄だと思うような議論や失敗から、思わぬ成功が生まれることがあるのも、この世の面白さです。それを見逃してしまわないように、視野を広く持ち、寄り道を楽しむ余裕も忘れないようにしましょう!

D:下山して行きたい場所を思い出したと答えたあなた

Dを選んだあなたの強みは、「行動を変えられる柔軟性」です。

登山の途中に気が変わったとしても、なかなかそれで下山を決意する人は少ないでしょう。それでも迷わず意思決定のイメージをしたあなたは、日頃から臨機応変な思考の持ち主。何かに固執して時間をロスするくらいなら、自分の心に正直な生き方を好むタイプです。

人付き合いでも気がコロコロ変わるため、あまり同じ人と長くいることはありません。しかし、人見知りもしないので常に刺激的で新しい出会いを楽しむ日々が送れるでしょう。フットワークが軽いことも、周りから愛される理由かも。

その柔軟さ故に、軸がぶれて結局何がしたいのかわからなくなってしまうことには注意が必要。自分が譲れないものだけは明確にしておきましょうね。

まとめ

いかがでしたか?強みは自覚して初めて発揮されるもの。登山という己に向き合うのにぴったりの環境で、一度確かめてみてはいかがでしょうか。

The post 【登山診断】選んだ状況でわかる?あなたの強みをチェック! first appeared on SPIBRE.
掲載元:【登山診断】選んだ状況でわかる?あなたの強みをチェック!
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。