スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

人生の滞在時間

さとうみつろう 

どんな人の人生でも、たった2つに分けることが出来る。①東京に居る時間か②東京以外に居る時間だ。どんな人間であれ、必ず①+②の合計時間が「人生」になる。①が0分間で、②が80年間というブラジル人の「人生」もあるだろう。または、①が78年間で、②が2年間(出張・旅行してた時間のトータル)だという浅草生まれのじいちゃんも居るだろう。とにかく、どんな人の人生であれ、①東京に居る時間か②東京以外に居る時間の合計時間が必ず人間の「人生」になる。 「これ、最初から最後までいったい何の話しをしてんだ?」というツッコミを耳栓して進めてみよう。①東京に居る時間+②東京以外に居る時間=「人生」の合計時間これは世界共通の「黄金計算式」だ。そこに、どうしても①を増やしたいブラジル人が居たとする。人生の50%はせめて「①東京に居たい!」。その努力は、ものすごーく大変。飛行機に乗って、東京へ行って、お金を使って、何度も通う。じゃあ、定義を変えてみよう。どんな人の人生でも、たった2つに分けることが出来る。①幸せだと感じている時間か②それ以外の時間だ。どんな人間の人生であれ、①+②の合計時間がその人の「生涯」になる。さて、これは先ほどの「東京へ行く」よりも簡単だ。なぜなら、「感覚」の問題だからだ。お金も要らない。チケットも要らない。ANAも必要ない。どんな人の人生でも、①幸せだな~と思っている時間か②それ以外の時間のトータルが「生涯」になると来たもんだ。試しに、あなたの人生を振り返ってみると良い。必ず、上記の①か②のどちらかが「人生」だ。それ以外の時間を過ごしていることは有り得ない。だって②の文言が「それ以外」という卑怯な区分法だからだ。必ず、誰の人生であれ、①幸せだなと感じている時間か②それ以外の時間のトータルが「生涯」となる。そして、朗報として。①を増やした人の人生をみながうらやみ、成功者と呼ばれ教科書にも載りやすく、なんとその努力に「お金」や労力は必要ないと来たもんだ。「幸せな一生」、「真の幸せ者」。誰もが目指す人生。それは単純に①に滞続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:人生の滞在時間
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。