スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

凄い人って、「波が凄い人」の略称

さとうみつろう 

全ての物事に、2つの言い方。「平和が好き」それは「戦争は嫌い」という意味。「楽したい」それは「苦労はしたくない」「幸せになりたい」それは「不幸にはなりたくない」どちら側から表現したのか?ただ、その違いだけ。逆側の表現を「飲み込んで」、こちら側の表現を「口に出した」だけ。だから潜在的には、逆側のポテンシャルも秘めている。その数値が「プラス側」なのか「マイナス側」なのかというのは、人間が勝手に思い込む「判断」になる。貧乏がマイナスで、お金持ちがプラスだとはコンピュータは判断できない。500万円持っている人、が凄くて(プラス)、マイナス500万円(借金)を抱えている人が、凄くない(マイナス)という判断が出来ない。「出来ない」というか、そんなルールはどこにも無い。その「人」が勝手に決めているだけ。ちなみに、ビジネス界では、銀行からの負債を抱えている人の方が「凄い人」だと言われる。チャレンジする意欲があると見なされるらしい。とにかく、数学的には「絶対値」があるだけで、マイナスもプラスも、2乗したら同じ。おまえマジで今日ずっと何の話ししてるんだしなすよってなご意見なのは分かりますよ。言いたいことは、「0からどのくらいズレているか」という事実だけが大事で、数学的に「ポテンシャル」としての意味を持つ。0(レイ)の位置からズレたなら、その逆側へ揺り返す分だけのエネルギー「ポテンシャル」を秘めている事になるから。500億円を持っている人は500億円を失う大倒産の可能性を持っている人超大破産が「悪い」わけでもない、超大金持ちが「良い」訳でもない。ただ、0から「500億」ズレてますよ(ポテンシャル)というだけ。毎日良いことが10個起こっている。10匹の猫と共に生きていて幸せな人は10回の悲しい別れが訪れる可能性がある人「いつか来る別れが悲しくても続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:凄い人って、「波が凄い人」の略称
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。