スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

風の谷のハク

さとうみつろう 

みつろう「この世の楽しみは、自分がやりたくないことを何個「やる」かなのさ、っふ。俺はクーラー嫌だけど、家族に合わせて今年はクーラで我慢さ。」って言った翌日から、クーラーの無い事務所で寝ている、おはようございます さとうみつろうです(*'ω'*)7年前に隣町のアパートの一室に事務所を借りたのですが、決め手は「風が通り抜ける」こと。会社員をせっかく辞めたんだから、クーラー無しで本を書きたい↓ ってことで決めたので、風がビュービューに吹き抜ける我が事務所(アパート)です。今年から、中3のぼんくら息子が「クーラーが良い」とご発言され、耐えきれずに、 夜中に盗んだバイクで家を抜け出したのが、おととい。支配者たちはイビキをかいてる。夜の教室、窓ガラスを吹いて回った後に到着した事務所では風ビュービューで、マジ夜中に「寒い」くらいになっちゃって、窓を閉めるセンチメートル数で温度調整するくらいの環境。ハー最高(*´ω`*)くーらーと「天然の風」の質の違いよ!思ったんだけど、「風」って「白龍」だと思うの。 無数の白い龍。呼べば、窓から入って来て、身体の周りを包み込み、心地よい風となって人間を包み込む。しかも、うちの事務所の横には風の谷がある。山と山の合間に、風が反射して常にビュービュー。街は「無風」でも、必ずそこは風が吹いているので、誰が呼んだか、風の谷。クーラーと違って短時間の睡眠で、体力回復。朝5時に家にお手伝いのために帰る。 玄関を開けるとみつろう「さむっ!!なに、この家!え?南極なん?あんたら、エスキモーの子孫?外、むちゃくちゃ涼しいよ!まぁ君たち凡人たちは、こうやってクーラーで過ごせばいいさ。パパの事務所の横には、風の谷があるし、夜には無数の白龍が窓から入って来るんだ。パパは、今晩も風になる。」娘ザラメちゃんに「パーパーの事務所に布団持って行って、みんなで泊まろうよ!」って言うも、却下される。で、その日も夜中に事務所へ。布団を敷いて、いざ寝ようとすると・・・。あれ?何かがおかしい。昨日の、あの快適な感じが無い。え?なんだなんだ?「窓を開けて外と繋がると、夜に恋しちゃいそうだぜ」とか詩的に思った昨日が、中世の遠い昔のよう。アレ?なんで、快適じゃない?暑いんだ!滝のように汗が噴き出してくる。とりあえず全裸になって、布団だと暑いので、床(ビニールクロス)に、わずかな涼を求めて全身をひっつけてみる。布団よりは・・・、冷たい。でもすぐに体温で熱くなる。仕方ない、隣の部屋の床もゴロゴロ・・・、いや、あそこは何年も掃除してないから床が汚い。とりあえず、雑巾がけだ。ということで、夜中11時に全裸で雑巾がけするおっさん。もちろん動いたので、余計に体温は高くなる。汗が滝どころか、スコール。汗スコール。あっちの部屋で、ゆかにスリスリゴロゴロ(ビニールクロス)。床が暑くなってきたら、こっちの部屋でゴロゴロ。おかしい、何かがおかしい。俺は、どうして事務所に来てるんだっけ?・・・・q!風が無いのだ!今日は、まれに見る「無風」の夜なのか!大学の頃の友達が、初めてプロ野球続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:風の谷のハク
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。