スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

「統合医療」が日本へ拡がるモデルケース

さとうみつろう 

昨日は、大阪は交野市(かたのし)にあります、統合医療スペースくくり のこけら落としに、ゲスト漫談家として呼んでもらいました。 「どこの病院に行ったら、真剣に話しを聴いてもらえるんだろう?」「西洋医学じゃない方法も試してみたいのに、場所が無い」というママたちの悩みと、お医者さんの中にも、「このまま西洋医療(対症療法)だけでいいのかな?」「先月は治ったけど、また違う場所を壊してくる・・・」「西洋医学って、万能じゃないのでは?」と思っている人が多いそうで、そのマッチングとなる場所が、大阪に爆誕!昨日は、それを統括する 横地先生(小児科)の素晴らしいお話しも聴かせて頂きました。マッチングで生まれたこの「統合医療」の場所は、なんと日替わりで先生が替わり、アーユルベーダ、ヒプノセラピー、波動療法、大便の菌の数測定、足つぼ、食養生の指導など、今までは「西洋医療」の下に埋もれていた、でも「人を根本から治す」療法士がズラリと登場。それどころか、実際に医師免許をお持ちの人や、看護師さん、理学療法士、薬剤師まで居て、ふつーの病院と「なんら肩書きは変わらない」ので、「権威が言うことなら」という男性脳(旦那様)を連れて行っても安心。「西洋医療」だけでは納得できない人が、時間をかけて相談できる場所を目指したそうです。あたの、りまえ、ですが、外科緊急手術など「西洋医療」にしか出来ないこともあり、「どちらも素敵よねー」というお話しでした。ってことで、関西圏の皆さんは、ぜひ行ってみて下さい。日替わりで、ズラリと「統合医療」の先生たちが待っています。↓ここhttps://www.instagram.com/kukuri_kisaichi_katano/ こんな場所が、日本中にできる未来を夢見てます。作ってみたい人は、岸本先生に「どうやれば出続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:「統合医療」が日本へ拡がるモデルケース
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。