スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

贅沢の敵はいなかった

さとうみつろう 

「え?なんでパパ帰って来てくれたの?僕の誕生日のこと、覚えていてくれたんだ!パパ―!」「今日はね、本当は仕事で帰れない予定だったんだけど、奇跡が起こったんだよ。だから、早く帰れたんだ。ほら、誕生日プレゼントだよ。」「パパ―!」という家庭があったとしよう。遡ること、3時間前の大阪空港。M氏は悩んでいた。うー、どうしよう。バスに乗ろうかな?タクシーに乗ろうかな。時間的に、間に合わないかもしれないし。でも、タクシーに乗ったら5,000円もかかるけど、バスなら750円だし。贅沢だよなー、タクシーはやめよう!さぁ、冒頭の親子。実は、タクシー運転手。それも個人営業の、タクシー運転手。誰かが「贅沢して」、タクシーに乗ってくれたら、あの親子の感動のストーリーに繋がって行っていたのだ。「本当はね、今日は遅くまで走らせないと行けなかったけど、5,000円のメーター回してくれたお客さんが居たから、この誕生日パーティに間に合ったんだよ!」どんなストーリーにも、観方は2つある。「あの人、贅沢ね。この距離でタクシーなんて乗っちゃって。」と「ねぇ、パパ。パパを今日ここに来れるようにしてくれた人って、神さまなんでしょ?」あなたの「贅沢」って、実は、必ず誰かを潤しているって知ってましたか?むしろ、誰に対しても使わないで「財布に入れっぱなし」なんて最悪。極悪人の極み。M氏は、バスに乗ったのでした(笑)で、バスの中で、「ひょっとして、誰かのメーターを5,000円続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:贅沢の敵はいなかった
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。