スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

あの世には33万個の「煩悩」がある

さとうみつろう 

今日は敬老の日ですが、煩悩108について教えて下さいという質問が。この108という数字は、36×3なので、みつろうが3セットでだいぶお得と覚えて下さい。み3つろ6う。正確には、nのn乗を、掛け合わせて行くタイプの「乗算フィボナッチ」です。フィボナッチ数列は、前項と前々項を「足して行く」宇宙の歴史。1+2=32+3=53+5=85+8=131,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144これ「足し算」のフィボナッチ数列。一方で、「かけ算」で同じような概念を適用すると、nのn乗をかけて行く1×2×2×3×3×3になります。分かりますか?「頭から煙が出る」「もう死にたい」「いっそ、ひと思いに殺してくれ」って人は、⇒ジャニーズのHPへ1を1乗する2を2乗する3を3乗する次に来るのは、4ではなく約数が無い=素数なので5を5乗する7を7乗する1×2×2×3×3×3×5×5×5×5×51×4×27×3125こうやって続いて行く数列があります。nのn乗(nは素数)ジャニーズHPから帰ってきた人たちと、今ここで、ちょうどまた合流したので話しを戻すとジャニーズのHPに行って、「いやー、彼らも大変だなぁ。ジャニーさん死んだ後の爆弾が多すぎる。エロ本の隠し場所がバレるお父さんとのレベチぷりったら、てか、私はなんでジャニーズのHP見てたんだっけ?あ!108の秘密について調べてたんだ!戻らないと!3つ6うの3個セット売り切れちゃう!」まぁ、1×2×2×3×3×3ここまでは、分かりますよね。やってることが。1を1乗して2を2乗して3を3乗してるそれが108「大事な数字」なら、フラクタルに、各・接合部分に現れるはずです。地球というボールの大きさを1としたら、太陽というボールの大きさは108です。それだけじゃない。太陽というボール1つ分の大きさを108個分並べた場所に、地球が回っている。それだけじゃない。月と続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:あの世には33万個の「煩悩」がある
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。