スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

バレンタインディは、ブーム。

さとうみつろう 

すっごく長くブームが続いているから、まるで「文化」だったように見えてしまっているのが、バレンタインデイ。でも、誰もが知っている通り、チョコレート業界が「ブーム」をしかけて、意外と成功してしまい、2月14日には、ガーナ国も真っ青になるくらい、なぜか日本だけでチョコが売れる異常事態に。ところが、Z世代では事情が違うようで、前の世代の人たちとは感性が違う、もはやチョコレートを買わない人が多いらしい。明治キラーと呼ばれる、Z世代。ロッテ殺しと呼ばれる、Z世代。ゴディバイジメがひどいZ世代。長かった。でも、あれはブームだったのだ。今どき、ジュリアナで踊ってる人が居ないでしょ?長かった、確かに長かったけど、やはり「チョコレートバレンタイン」はブームだったのだ。日本にはもっと長いブームがあって、「豆まき」とかは、チョコより長い。でも「恵方巻き」に駆逐されつつある。こうして、「ブーム」は必ず去るのだ。「結婚」と「遺産相続」も、実はブーム。「天国があるよ運動」、別名:宗教もブーム。意外と2000年も続いちゃった、キリストブーム。そしてブームが去る時は、一気に去る。「え?だっさ、今さらチョコレートあげてるの?」↑来そうもない?いや、もう数年前から既にそうなってるらしい。「今さら、年賀状書いてる?」は、もう信じられるようになったでしょ。同じノリなんだ。ゴディバ殺しのZ世代にとっては、全く同じノリで「なぜ、チョコなの?」と。具体的に、誰も説明できん。根拠が「なんとなーく」なことは、時間はかかるけど、いつか必ず「ブーム」が去る。「天国って、誰が見たの?」この根拠がない宗教も、きっといつかは淘汰される。12月21日が、太陽が一番低い日だよね。根拠があることは、必ず残る。ブームだったと観れば、面白いブームだった。小学生の頃、家に何名も女の子が来てくれて、何個も貰ったチョコレート。男子校で、みんな「他の中学はいいよな」となってた青春時代。「課長の買った?」新入社員のお仕事だった、社会人時代。ブームだったと観れば、面白い経験をさせてもらった。さようなら、バレンタインディチョコレート。いい思い出を、ありがとう。 純正律カノン瞑想■さと続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:バレンタインディは、ブーム。
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。