さとうみつろう

食が変われば、人生変わる

更新日:

さとうみつろう 

昨日は沖縄で、 「食が変われば、人生変わる」のコラボ公演でした。 タイトルの、 「食が変われば、人生変わる」と聞くと、 病気の人が元気な人生に戻る事で「人生が変わる」という、 「マイナスがゼロに戻る」意味に聴こえますが、そうではなく、 いま普通に元気な人が、 「食事を変える」だけで、運勢が変わってしまう、 「ゼロがプラスになる」という意味です。 食事が変わるだけで、人生(運勢)が変わる?? 信じられないかもしれませんが、これは事実です。 少し前まで、行動や意志の決定は、 脳が行うと思われていました。 あなたの「行動」は、脳が全身に指令を出すことで起こると。 「脳」が全ての起点であると思われていたんです。 ところが、その脳に対して指令を送っている存在が見つかりました。 それが、腸です。 腸があなたの「行動」も「意思」も、 「性格」さえも決めていることが分かりつつあります。 そして、腸とは、 細菌の集合している臓器の事です。 要するに、 「食べたモノ」たちが、思考しているんです。 僕たちは、自分で思考しているようで、 実は、腸内の食べたモノたち(細菌たちの)の「ごちゃごちゃ」が思考となって表れているんです。 なので、腸内がすっきりし始めると、 不思議ですが「現実」がスッキリし始めます。 これは「断食あるある」として昨日もお話ししましたが、 断食を始めると、スーパーの駐車場にすんなり車が止められるようになったり、 「信号待ち」が少なくなったり、 不思議ですがスムーズな現実へと移行するんです。 何故かと言うと、 『現実』とは、思考が創っているモノだからです。 腸内がごちゃごちゃだと、思考もごちゃごちゃになり、 『現実』が複雑になるんです。 「食が変われば、人生変わる」とは、 まさに「食べ物」を変える事で「あなたの現実が変わるんだよ」という事を体感してほしく、 付けたタイトルです。 昨日は症状がピタッと止まる「細胞NG食材」の見分け方で、 伊禮先生のパワーテストに加え、 船越先生の呼吸メジャー法なども教えてもらいました。 そして、皆さんの一番の疑問だった、 どうして食材に触るだけで、 その食材の事をOK又はNGと「細胞が言っている」のが分かるのか? 当然ですが、「細胞」はしゃべりません。 細胞たちはコミュニケーションを「カタチ」で行っているからです。 人間が「言語」を使うように、 微生物たちは「カタチ」をコミュニケーションに使うのです。 微生物の中のレセプター器官が△というカタチを受け取ると、 「△」という意味を理解し、コミュニケーションが完了する。 なので、微生物は言葉を使わないでも、 「カタチ」さえあれば、コミュニケーションが取れるのです。 「カタチ」でお互いに意味を伝え合えるのです。 では「カタチ」とは何か?というと、 物質の事。 物質は全て「カタチ」を持っています。 量子力学では、エネルギーの「場」が揺らぐと(振動すると)、 物質が現れる事になっているので、 全ての物質は固有の「振動数」を持っており、 その違いが「カタチ」となります。 ということは、「細胞」と「物質」は、 お互いに言葉を使わずにカタチ(振動)でコミュニケーションが取れます。 言葉を使わず、振動(カタチ)を伝え合うことで。 振動とは「波」であり、 「細胞」と「食材」の間に「親和性がある」というのは、 お互いの振幅が、整数倍の関係であるということです。 細胞の波が3で、食材の波が4であれば、 お互いの「最小公倍数」の12で、 両者は「合成波」として「1つの波」となります。 これが親和する状態です。 詳しくは、過去記事(→数字の波より音の波)や、 「純正律」の動画をご覧ください。 細胞がOK反応を示す食材とは、 純正律ピアノのように、溶けあう(反発し合わない)モノ。 ところが、現代社会には「人体」と親和できない化学物質が多すぎる。 でも、そんな食材でも「祈れば」変わるというのが、第3部の船越さん。 相変わらずの船越ワールドは、昨日もパワフル全開。 「体中の全ての細胞が数カ月で入れ替わるのだから、 治らない病気があるわけがないっ!!」 と、大声で喝。 野菜たっぷり重ね煮レシピ ひとつの鍋か続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:食が変われば、人生変わる
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

みんなのスピワード

最近の投稿

人気記事ランキング

-さとうみつろう
-, , , , , , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2018 All Rights Reserved.