運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

さとうみつろう

先祖が残した愛の砂

投稿日:

さとうみつろう 

昨日は「鬼の子」の話しを書きましたが、 タイムリーに阿部敏郎さん(⇒この方)が、 天河神社の『鬼のお宿』というご神事に参加された様子をブログに綴ってました。 ⇒阿部さんの記事 このご神事はNHKでも数年前に紹介され、 「実際に」鬼が現れた物理的な証拠が毎年残る神秘的なご神事だそうです。 話すにはまずは鬼の師匠から始める必要があり、 ウィキペディアによると、 前鬼・後鬼を従えた役行者(葛飾北斎) 修験道の開祖とされる役行者(えんのぎょうじゃ)は鬼をも従える法力を持ち、 前鬼・後鬼という夫婦の鬼を弟子にした。 天河神社の宮司さんはその鬼の実際の子孫にあたるそうで、 節分の日に、先祖である鬼を家にお迎えする神事があり、 それを『鬼のお宿』と言うそうです。 ⇒以下阿部さんの記事より 昨夜から今朝にかけて起きた事を書くのはとても難しい。見える世界と見えない世界があることはわかりますが、見えない世界のものが物質化して見える世界に現れるということが、僕のような凡夫には理解しがたいからです。 2月2日の夜、鬼が年に1度柿坂宮司の家にやってきて、一夜を過ごすため、宮司さんの家では新しい布団を二組並べ、厳かにご神事をして鬼を迎える準備をします。その際、神社から清水をいただき、14枚の白い布を重ねてその清水を濾過していきます。そうやって不純物が一切なくなった水を、直径50センチほどの真新しい桶に入れ、縁側から上がったあたりの廊下に置いておきます。そして翌朝5時、その桶の水をもう一度、新しい14枚の白布で濾すのです。ちなみに14という数は天と地をつなぐ数だそうです。 すると前の晩にあれだけ綿密に濾過した真水のはずなのに、白い布には砂のようなものが何箇所にも残っています。鬼がやってきたとき、桶の水で手足を洗った跡だそうです。実際僕も宮司さんの家で、前の晩と今朝の5時からの神事に参加させてもらい、その後で白い布を覗き込みました。白布を確認するときは、参加した神職たち全員に緊張が走っていたのがわかりました。民間からは僕だけでしたが、砂を確認した瞬間は、不思議と言うよりは少しほっとしました。というのも、僕がいたことで万が一にも鬼の痕跡が残らなけ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:先祖が残した愛の砂
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-さとうみつろう
-, , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2019 All Rights Reserved.