運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

さとうみつろう

ねじねじ左回転と右回転

投稿日:

さとうみつろう 

台風で問い合わせがありましたが、8月17日(土)の大阪の講演会は、予定通り開催です。この画像を見て、「あれ?」って思った人は、①物理をメッチャ勉強してる人か、②石原良純さんのファンのどちらかだと思います。 この台風は、何かがおかしな台風なんです。なんでしょう?あまり「見たこと無い」台風なはずです。↓ちなみに現在日本上陸中の台風10号の画像は、こちら。さぁ、さっきの台風と何が違うか。回転方向が違います。台風は、北半球では反時計回り南半球では時計回りになります。時計回りとは「右回り」の事ね。で、この「時計回りは右回り」ってのが難しくて、よく言われるのが、「でも、時計を逆から見たら左回りでしょ?」ってやつ。実際にやってみてください。まず、人差し指で自分から見て前の方向をゆび指さします。次に、その指を右回転させます。で、指の回転はそのままにしながら、その回転を、向こう側から見てみて下さい。指を追い越して、向こうから見るのです。または、手首を自分側へ曲げて、少しずつ、少しずつ、自分を指さすようにしてみて下さい。目の前でぐるぐる回る指は、左回りになっているはずです。時計も同じで、こちらから見ると「右回り」ですが、あちらから見ると、「左回り」なんです。時計くんからすると、「俺は左に回ってんねんけど!」ですが、僕らは「あなたは右回りね!」と呼びます。観測者の位置によって、「右回り」か「左回り」かが変わるんです。そもそも「右」や「左」という概念が、自分都合ですから。いま、僕らの日本列島の真上に居る台風10号も、衛星写真(上から)から見ると左回りの「反時計回り」ですが、地上から台風を見上げると、右回りの「時計回り」になっています。そこで物理学では、「進行方向に対して」というX軸を一つ入れます。進行方向に対して「右巻き」なのか、進行方向に対して「左巻き」なのか。「軸」を1つ加えているので、さっきの実験をやっても、違う結果になります。手を少しずつ前に伸ばすことで、前に「進行」させながら、指だけ右回転させてみてください。これが「進行方向に対して右回転」です。そして、この「前に進み続ける自分の腕」を、「顔」で追い抜いて、向こう側から、その回転を観て下さい。すると指は目の前で「左回転」に回ってるのでさっきと同じかと思えますが、腕は「自分に近づいてきている」ので、「進行方向に対して」ではなく、「逆行方向に対して」左回転をしています。指をそのまま回し続けながら、自分の方向へ、少しずつ近づけながら考えて下さい。この目の前で回ってる物体(ミーギテー)は、進行方向に対して「どちら回転ですか?」と聞かれたら、どう答えますか?いま、あなたの目の前で、左回転している物体ですが、「進行方向に対して」と言われたら、向こう側へ「視点」を持って行く事になり、「進行している方向に対して」は、常に右回転である事が分かるでしょう。逆から観ても変わらないのです。「進行方向」という新しい軸を入れたので。素粒子物理学(量子力学じゃないよ)では、運動している方向と同じ方向にスピンする素粒子を、「右巻きのヘリシティ」と言う。要するに、その物体を追い抜いて向こう側から観測すれば、固有の「右巻き」か「左巻き」かが分かるのである。ところが、宇宙では追い抜くことが出来ないスピードがある。それが「光速」である。アインのシュタインさんが(笑)なんかウケた。アイン家の次男のシュタインさんが、「この宇宙では光速よりも速い物質は無い!」と決めたもんで、光子を追い抜いて、向こう側から「観測」することが出来ないのである。向こう側から観察できない限り、ソイツが「右巻き」なのか「左巻き」なのかは誰にも判断できない。ってことで、光子と(重力子も)以外の全ての「素粒子」は、右回転してるか、左回転してるかが判定できる。ところが、ニュートリノという素粒子は、左回転しか見つかっていない。全ての物質は「左回転」と「右回転」が見つかってるのに、ニュートリノだけは「左回転」しか見つかっていない。これは現代物理学の大きな謎の一つとされ、「え?なんで宇宙には右巻きのニュートリノが無いの?」と、物理学者は全員めっちゃあせってます。「え?ヤバくね?」みたいな雰囲気になってます。しかもそのせいで、「左回転するモノ」とだけ相互作用するチカラが存在する。簡単に言うと、めっちゃ差別が起こってる。アイススケートの審査員が、「左に回るモノ」だけを100点にして、「右に回るモノ」を0点にしたら、差別じゃないですか?マジ無理じゃないですか?宇宙には上下左右が無いんだから、どっちに回っていても「同じように」ヨシヨシされるべきなのに、なぜか「左回転した時」だけ、相互作用を及ぼす「ウィークボソン」って力がある。 はたして神は左利きか? ニュートリノの質量と「弱い力」の謎 (ブルーバックス) Amazon↑ちょっと、まだ読んでない本だけど、タイトルからして、「ニュートリノ」と「左利き」ってあるので、たぶんそういう本だと思う。ちなみに、こんな難しい話しじゃなくても、高校物理で習った通り、中心点に向かう力を「向心力」外へ飛び出そうとする力を「遠心力」と言います(遠心力はみかけの力)。これも「ベクトル(進行方向)」に対するチカラなので、中心点に向かって落ちて行く「右回転」と、中心点から離れようとする「左回転」と言えます。 泰平さんのブログでも紹介されていて、最近話題の「ねじねじ」。僕もむい自然農園さん主催の沖縄でのワークショップに誘われていたのですが、タイミングが合わず行けないのですが、沖縄の方は、ぜひ行ってみて下さい~。宇宙の物質は全て素粒子で出来ていて、素粒子はスピンと呼ばれる「回転する方向」が決まっている。その「回転しているモノ」の束が物質なので、それを「どちらの方向へねじるか」、ねじる方向で、回続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:ねじねじ左回転と右回転
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-さとうみつろう
-, , , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2019 All Rights Reserved.