運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

さとうみつろう

今こそアマテラスの愛を超える時!続け、ものども!

投稿日:

さとうみつろう 

中学社会科の教科書によると、↓旧石器時代↓縄文時代↓弥生時代↓古墳時代↓朝廷↓武士↓江戸と、歴史には「区分」があるそうで、縄文時代と弥生時代の一番大きな違いは、稲作の始まりだと書かれています。縄文時代は、狩りをしていたので移住生活。弥生時代に「稲作」が始まったので定住生活へ。縄文時代は、地面に穴を掘って住む竪穴式住居。弥生時代は、お米を保管するため床を高く高床式。縄文時代は皆で「わー!」と狩猟してたので身分に差は無し。弥生時代、コメを管理するリーダーが出現(身分の発生)。「お米」の登場で、色んなことが変わった。伝記上(記紀)、そんな「お米」を日本に最初に持たせたのは天照大御神。親が子に「安定した生活を送って欲しい」と願うのは当然。子を思う、親の深い愛。「医学部を目指した方が良いわよ!」「薬剤師は将来安定よ!」「ラサール受けなさい」と同じノリで、アマテラっちゃんは孫のニニギが地上へ降りる時に稲を持たせたとされる。ずっと食べ物に困らないで「安定した生活」を送って欲しいから。深い「愛」である。ちなみに、その時に3つの「誓い」を立てたと日本書紀には書いてある。①地上の世界(豊葦原瑞穂国⇒豊かでみずみずしい稲が出来続ける国という意味) はアマテラスの子孫が王として統治すること②鏡はアマテラスと同じくらい尊いので鏡を祀ること③地上では稲を育てること①は天皇がずっと日本の王である万系一世のことね。②の「鏡は、私アマテラスと同じくらい尊いから祀れ!」 イコール=鏡に映る者(あなた)も神と同じくらい尊いんじゃボケ!という気の利いたシャレね。 神(天照)だけが偉いんじゃなくて、お前も同じくらい偉いんじゃいっていうシャレね。はい、出ました③「稲を育てろ!」超訳「医学部を目指せ!」「灘高校かラサールへ入れ!」「将来、ずっと安定して暮らせますように」=「稲を育てろ!」日本国創建の時のこの3つの約束は今でも守られていて、①天皇は今も天照から数万年続く同じ系統の子孫②神社には「神はお前じゃ」の鏡が絶対にある③大都会東京の「丸ビル」のド真ん前にある皇居の中に「水田」があり、天皇が今でも稲を植えている。だって、約束したから!「稲を育てろ!(ラサールを目指せ!)」って。2,600年以上前からずーっと約束を守り続けている(神武なら2,600年ニニギなら数万年前から)。子を想う親の深い愛情を感じながら、稲を植え続けている。ちなみに、天皇陛下1人で日本国(豊葦原瑞穂国)の全部に稲を植えるのはキツイっす、それはさすがにスパルタ過ぎるっす、という事で、天皇陛下の代わりに「国民」が稲を日本国に植えさせて頂いているそうです。要するに、アマテラスとの約束を、全国の農民たちが今も守り続けている。稲を植えてる人も、農耕している人も、アマテラスとの約束を今なお守り続けている事になる。畑をしている人、親の愛を受けて、ぜっさんラサール進学中。ただ、お米=安定であると同時に、お米=労働でもあります。もう一度、冒頭の中学社会科の教科書、「縄文時代」と「弥生時代」の違いを見てみて下さい。縄文時代に「労働」は無かったのです。なぜなら狩猟には決められたルーチンワークが無いので、「労働」という要素はありません。思い立ったら「わー!」と行って、むしゃむしゃ食べて。一方の稲作は、①水田に稲を植えて②草を刈って③たい肥を入れて④水を抜いて⑤収穫して⑥天日に干して・・・などなど繰り返す同じ「作業」、決められたルーチン、すなわち「労働」が発生したわけです。そして労働が発生したと同時に「管理職」が生まれるわけですから、身分(偉い人)も生まれました。ということで、本題です!子を想う親の愛を超えて、稲が無労働で手に入り続けたらどんなに素晴らしいだろう?とずーっと考えていたんです。「お米=労働の発生じゃん!」と気づいたのはたしか数年前。お米ほど「労働」させられるモノは無い。手間だらけじゃん、と気づいた。お米を手に入れた人類は、将来の「安定」も手にしたっぽいけど、「今」を犠牲にする「労働」が発生しちゃってるじゃん。「お米」って、労働の代名詞じゃん。と気づいた。でもお米を否定したら「アマテらっちゃんの愛を否定する」事になりそう。それも、なんか違うなぁ~と。てか、そもそも俺、玄米大好き人間だし。「お米」は否定したくない。でも「労働」は否定したい。だから、①親の愛「お米」の有り難さを認めつつ②それが無労働で栽培できたなら親も子もどっちもウィンウィンじゃんと思い続けていたら・・・、なーんと・・・このたび、稲の多年草化栽培があると、LINEで教えて貰いました。なんと「田植え」が要らなくなるそうです。これは、衝撃!分かります?「田植え」と「多年草」と「一年草」のこと。おととし旅行したイスラエルの街で、街路樹にはレモンの実がたわわに生っていた。 これ、街の中心のホテルの目の前にある木。ほんとただの「街路樹」の木。誰も栽培してないし、肥料もあげてないし、水やりもしてない。一度はえたら、あとは季節が来るたびに「実」をつけてくれる。一方のイネさん。「田植え」というのが必要なんですよ。①「植えて」②「生えて」③「種が実って」④「その茎は死んで」⑤「採れた種から次はまた植えてね」っていう、i'll be back方式(ターミネーター方式と呼ばれていたい)なんですよ。また種まきからしてね、ってのが「一年草」。一方の「多年草」は、ずーっと生きたままだから、季節がただ巡るたびに、必ず「実」が付く。種をまく必要が無い。はい、出ました、「労働」の代名詞イネさまは、毎年「田植え」をしますよね?「多年草」じゃなくて「一年草」だから。i'll続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:今こそアマテラスの愛を超える時!続け、ものども!
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-さとうみつろう
-, , , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2020 All Rights Reserved.