運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

さとうみつろう

昨日、誕生日でした。なんかください。

投稿日:

さとうみつろう 

「昨日、誕生日でした。なんかチョーだい。」っていうせびりかたって、あなたの中ではアリでしょうか?まぁ、アリでもナシでも、もう、そうやってセビルしかない7月1日になっちゃってるもんで。昨日、6月30日、わたくし40才になりました。なんか、プレゼントちょーだい。 「なんで、当日に言わないんだよ。」み「それには、深い理由が・・・。」ホワンホワンホワーン(過去へ時間をさかのぼる最適な音)3日前。フィクサー(みつろうTVプロデューサー)「みつろうさん。みつろうTVの会員数の減少が止まりません。このままでは、また赤字運営になってしまいます。」みつろう「気を抜くと、抜けて行く・・・。俺の薄毛よりも深刻ですな。どうすればいいかな?」フィクサー(みつろうTVプロデューサー)「みつろうさんの誕生日にキャンペーンしましょうよ!」みつろう「なるほど。もはや、誕生日効果を使うしかないという事ですね。年に一回だけ、クラスのどんなに目立たない子でも主役になれる、あの、誕生日効果を使うしか、もはや会員増は見込めないという分析ですね?」フィクサー(みつろうTVプロデューサー)「それ以外に、もう打つ手は無いかと・・・。」みつろう「いや、たぶん「打つ手」は他にも死ぬほどあると思うんだけど、寺尾のツッパリくらい打つ手だらけだろうけど、そうしましょう!じゃあ、誕生日の日に僕がブログで、「おーいみんなー、今日は僕の誕生日だよー(クラスの目立たない子)」「ナニカプレゼント持っておうちにおいでよ~」って呼びかけてみますね。」フィクサー(みつろうTVプロデューサー)「それは、危険です。みつろうTVに、6月30日に入会すると、システムの都合上、六月分の一か月の会費が取られます。7月1日に呼びかけて下さい。」みつろう「え?誕生日の翌日に、「昨日が誕生日だったからプレゼントちょうだい」と言えと?あの、たったの1分でもシビアに日付変更線を越えた瞬間に、ヒーローから、一気に脇役に転がり落ちる、【バースデイ残酷時限システム】があるこの世界で、「昨日誕生日だったからプレゼントちょうだい」という、世界で一番難しい呼びかけをしろと?」フィクサー(みつろうTVプロデューサー)「わらわ~さんをシステムから守るためです。」みつろう「いやいや、課金システムの方を改修しようよ。打つ手って、そこにない?」フィクサー(みつろうTVプロデューサー)「システムの改修は、数百万円かかります。」みつろう「やりましょう!翌日に、呼びかけ!チャレンジフルで、いいじゃない!頑張れば、誕生日効果で100人くらいは増えるかもしれない!」フィクサー(みつろうTVプロデューサー)「目標は1,000人増です!」みつろう「なるほど!初回50名も集まらなかった、あのみつろうTVへ、1,000人も会員を増やそうというその無謀なチャレンジ!やりましょう!」(ホワンホワンホワーン♪)ということで、昨日は誕生日だったにも関わらず、数年ぶりにブログがUPされなかったんです!誕生日だから、メチャクチャ目立ちたい気分と、天皇陛下のように「40才を迎えた今のお気持ち」を表明するため、死ぬほどペンを取りたかったのですが。昨日、「お誕生日だよ。頼む、みつろうTVに入ってくれ」とお願いすると、たった1日だけで、月額会費?が取られちゃうというシステムの理由で、「わらわ~さんを守り給え!」というフィクサーからの意味不明の優しさもあり、その優しさの100万分の1でも俺に優しくしていいのではと思いつつも、とにかく、昨日お誕生日でした!なんかちょうだい。というか、みつろうTVに入ってあげてください!365日、1日も休まずにブログを書き続けた彼。ギリギリの精神状態で、「もう、無理だよ・・・」となった日も、どんな日も休まず。例えば、肝臓が痛くな続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:昨日、誕生日でした。なんかください。
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-さとうみつろう
-, ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2020 All Rights Reserved.