運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

さとうみつろう

天皇が替わるたびに見つかる「不思議なお米」

投稿日:

さとうみつろう 

今日は11月23日、新嘗祭(にいなめさい)の日。日本国民は、明日から「新米」を食べてもOKという言い伝え。ーウィキペディア『新嘗祭 』天皇陛下が宮中(皇居)において新穀を神々にお供えになって,神恩を感謝された後,陛下自らもお召し上がりになる祭典。宮中恒例祭典の中の最も重要なもの。TVゲームなんてもう何十年も興味ないけど、任天堂が「本格稲作RPG」を出したそうで、中学生の長男コクトウ君がswitch持ってるから、カセット買おうかな。新嘗祭の今日、天皇陛下は日本国における全ての県(47都道府県)から届いた『新米』を皇祖神に供えて、アマテラス大神に感謝を捧げる。古事記によると、日本国(葦原アシワラ国)のスタートが、そもそも「稲作物語り」だから。日本国民の「人生(RPG)」とは「稲作物語りである」と、任天堂より2,600年も前に言われてる。宇宙(高天原)からアマテラスが地球(葦原国)を見下ろして、「おい、あの地は私の子孫が統治するべき素晴らしい場所だ。よし、これを持って行きたまえ。」と孫のニニギに渡したのが、三種の神器と玄米(イネ)。ヤマト(日本国)の伝承がニニギなら、琉球国にも伝承があり、その名はアマミキヨ。~伝承~アマミキヨという神さまが久高島に降りて来て、その後、クロールかバタフライかどっちかで海を渡って対岸の玉城村は百名海岸へ。そこに受水走水(ウキンジュハインジュ)という稲作発祥の地がでけた。アマミキヨは玉城村で3人の農夫にコメ作りを教えて、そこからババーンと(表現力)世界中にイネが拡がった。アマミキヨもアマテラスも、「アマ」が付くし、海女さんも「アマさん」って読むし、どっちもクロールが得意で女性という共通点があるので、同一人物だったのかもしれない。とにかく、琉球の伝承でも、日本国の伝承でも、「日本国民の人生とは、本格稲づくりRPG!」になっている。だから、今年初めてイネを植えてみた。というか、まいてみた。やったことは、マジで稲をポロポロっと畑に撒いて、そっから今日まで放置。なんにもしてない。マジのマジで、なんにもしてない。土づくりもしてない。雑草も抜いてない(1回だけ抜いたかな?)。そして、もう一度言う。畑にまいた。水田じゃない。畑にまいた。イネの遺伝子解析と言えば、村上和雄教授。ブッシュ大統領からも「イネゲノム完全解析おめでとう!」と祝電された、イネ遺伝子のプロ。イネゲノム解析の結果、日本のイネには、①熱帯ジャポニカ米②温帯ジャポニカ米がある。①熱帯ジャポニカは東南アジア島嶼(とうしょ)地域から伝播。②温帯ジャポニカは温帯ジャポニカは中国・長江流域が起源。俗に言う、「縄文」と「弥生」。で、①の熱帯ジャポニカは陸稲(りくとう・おかぼ)と言って、畑で育つ。水田いらない。②の温帯ジャポニカは水稲(スイトウ)と言って、水田が必要。畑にまいた。マジのまんじで、1回も何もしてない。労働と格差社会(身分制度)は、稲作からスタート。だって「稲を育てる」というのが人類の最初の労働だったから。さらに、マンモスの肉は保管出来なかったから、「他人よりも多く持つ」ことは出来なかったけど、「稲」は保管が出来るので、貧富の差⇒身分が生まれた。↓過去記事↓ さとうみつろう『「お金持ち」が生まれた理由』どうして「貧富の差」が生まれたのかを考察します。考察というか、結論は経済学者と歴史研究家が出しています。貧富の差が生まれたのは、「稲作」が始まった時代からだと…ameblo.jp さとうみつろう『今こそアマテラスの愛を超える時!続け、ものども!』中学社会科の教科書によると、↓旧石器時代↓縄文時代↓弥生時代↓古墳時代↓朝廷↓武士↓江戸と、歴史には「区分」があるそうで、縄文時代と弥生時代の一番大きな違いは…ameblo.jp 畑にまいただけ。その品種は、伊勢ヒカリ。不思議なお米、『大神からの授かりもの』1989年、台風で全ての稲が倒れたのに、2本だけ「すっと」立っている稲が発見される。発見された場所は、伊勢神宮のご神田。伊勢神宮の神事で神々に捧げる「お米」を育てている田んぼ。しかも、昭和から平成への「代替わり」の際に発見された。そして、遺伝子を解析したら、お母さんは周囲にある「コシヒカリ」。でも「熱帯ジャポニカ」のDNAも入っている。じゃあ、お父さんは誰か?遺伝子学者がその「父親」を探したら、(詳しくは⇒こちらのサイトより以下抜粋)神宮神田で植えられている熱帯ジャポニカの遺伝子をもつ品種、それこそがイセヒカリの父親候補ということになるのだが、それは何だろう。あまりにも恐ろしいことで、軽々にいうべきことではないのだが、有力候補のひとつとして浮かび上がってくるのは瑞垣(みずがき)である。瑞垣は、昭和天皇の御即位の直後で、第58回伊勢神宮の「式年遷宮」の翌年に、伊勢神宮の「瑞垣内」で発見された「霊稲」である。20年に一度の大神様のお引っ越しが終わった旧御正殿の軒下、こぶし大の白石が幾重にも敷き詰められた神域に1茎の稲が発生し、いまにも30粒ほどの籾が稔ろうとしていたという。ふつうにはあり得ないことで、古来、「お蔭詣りの年」とされる遷宮の翌年に現れた「聖代の瑞兆」だというので、「瑞垣」と命名され、神宮の広報誌の名前の由来ともなっている。以来、今日まで「門外不出の稲」として、御饌料田だけで大切に育てられてきた。 昭和の御代替続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:天皇が替わるたびに見つかる「不思議なお米」
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-さとうみつろう
-, , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2020 All Rights Reserved.