運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

さとうみつろう

シューマン共振(電離層反射)は軍事機密

投稿日:

さとうみつろう 

↓こちら、おとといのシューマン共振の値。あ、別に何の異常も無く平均的に7.83Hz付近なのですが、先週、周波数と音の専門家イーマサウンドの松下先生と沖縄で対談しました。とても興味深い話しをいっぱい教えてもらったのですが、その中で。みつろう「シューマン共振の詳細値って、どうしてネットですぐに出てこないんでしょうか?」松下「軍事機密だからでしょう。」みつろう「え?シューマン共振って、軍事機密なんですか?」松下「中国もアメリカも、お互いの人工衛星の位置を完全に把握している。戦争になったら、敵国の人工衛星はすぐに破壊されます。そうなった時に、どうやってミサイル誘導や、通信を確保するか。電離層反射(シューマン共振)を使えば、電波のやり取りが出来ますよね。」まじか~。初めて知ったのですが、シューマン共振の詳細値は「軍事機密」だそうです。あ、ついでにちょっと「シューマン共振」について説明すると。まず、地球の上空には「電離層」と呼ばれる層があります。「地球」はメチャ重たいので、空気が球面の表面に薄ーく、くっついています。「大気層」です。その「空気」が、宇宙と触れている「一番外側はじっこ」「接点」は、太陽光線がビシバシあたるので、メチャ厳しい環境。ぬくぬくと育ってる、内側の空気たちめ!お前らとは違って、「宇宙すれすれ」に居る空気たちは、スパルタ光線を浴び続けて(昼半球)、原子核から「電子」が分離します。あ、ちなみに今日の画像もぜんぶ、ネットから勝手にお借りしました。ありがとうございますm(__)m「原子核」の周りを「電子」がスピンしているのが原子です。その原子に、太陽光線が当たると、電子が弾き出されます(励起)。電子が離れるので、「電離」。そうやって「電離」した自由な電子が、びーっしりと宇宙と地球の接点の層にあります。「電離層」です。電子が「めっちゃいっぱいある層」ということは、アルミホイルみたいな感じで、光を反射します。光と言うか「電波」を反射します。これは、過去にラジオ放送を始めたばかりの人類が、「あれ?おかしいぜ!宇宙からもラジオ放送が鳴ってる!」とパニック症候群になり、「ラジオの電波を跳ね返す鏡」が地球の表面にあることが発覚したそうです。空に向かってラジオなどの電波を飛ばすと、「かっきーん」と反射される。もちろん、周波数によっては、そのまま宇宙へ突き抜けて行く周波数もあります。さて、いま地球の周囲をぐるーっと一周、完全にアルミホイルが包囲している。一方で、「地面」も電波を反射するので、地球上で、電波が「かっきーん」「かっきーん」「かっきーん」と反射を繰り返して、地球を1周します。地球の周囲の長さは、40,000km。電磁波(光速)は、秒速299,000km。ということで、29万÷4万=約7.5小学生の頃に、「光は1秒で地球を7.5周するよね~」って習った通りです。電波も7周半します。で、ここからいつもの「共振」現象ですが、(この世は全て共振で説明できるとバシャールも言っています)地球をグルっと一周まわって、戻って来た「波」の端っこが、ちょーど「山」となり、また最初の「山」に重なると、お互いを強め合います。逆に、戻って来た波の部分が「谷」で、最初の「山」にぶつかると消えます。なので、スタート地点とエンド地点が、「山」と「山」または「谷」と「谷」にぴったり一致した時に、「共振」現象が起こります。それはすなわち、振幅の整数倍の時のみ共振します。整数倍以外で戻って来た「波」は、打ち消し合って減衰するからです。で、2周目をさらに回って戻って来ても、また「山」と「山」なので、こうして、「ある特定の周波数(整数倍)」だけが永遠に増幅し続けて、鳴り続けます。これが地球の周囲で起こる「共振」、シューマン共振です。難し過ぎて、もう死にたい、または、頼む、ひと思いに殺してくれ、という人は、ここでジャニーズのホームページ⇒へ移動してもらってとにかく、↓こんなんがシューマン共振です。端っこの波が、ちょうどスタートの地点の波と重なったら共振。なので「共振」が起こると、地球上の全地点が「同じ周波数」で揺れます。「ロシアだけシューマン波が高い」とかはありません。「その瞬間」においては、地球上の全地点で同じ周波数です。でも、シューマン共振は「瞬間」「瞬間」で変化します。なぜなら、太陽から「ビシバシ」と飛んでくるスパルタ光線が強まったり、弱まったりするからです。このパクって来た画像の中にも書いてある通り↓太陽光線が強いと、電離した電子も増えて、電離層も厚くなります。逆に、太陽光線が弱いと、電波の反射が弱くなります。太陽の変化で、反射板の距離が変わるイメージです。さらに、地球全体では1秒間に50~100回の雷が鳴ってるそうですが、その電気エネルギーが「シューマン共振」のエネルギー源です。ラジオの電波じゃなくてね。このカミナリの数さえも、太陽光線の影響で増減してるので、①周長が変化する(電離層)②入力エネルギーが変化する(カミナリ)ことで、「共振する周波数Hz」の値が、時間ごとに微妙に変化します。まぁ結局のところ「太陽さま」のご機嫌次第で、地球で鳴ってる音(シューマン共振)が刻々と変化し続けているのです。その平均値が約7.83Hzということです。なので、「最近、シューマン共振が40Hzに上昇したんだよ!」とか聴いたりしますが、それは原理的にあり得ません。光の速度がなぜか4倍に変化したか、地球の半径が4分の1倍になったなら、あり得ます。(か、めちゃくちゃ強い雷が落ちたか)じゃあどうして「40hzになった」とか言われるのか。シューマン共振は「共振」現象なので、倍音部分ごとにモードがあり(倍数共振)、1次モード~7次モードまであるそうです。いわゆる、「第3倍音」「第5倍音」とかと同じです。なので、「40Hz付近」のシューマン共振もあります。↑これは、4次モード(第4倍音)までのシューマン続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:シューマン共振(電離層反射)は軍事機密
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-さとうみつろう
-, , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2021 All Rights Reserved.