運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

さとうみつろう

全力で親を受け入れてくれている子供たち

投稿日:

さとうみつろう 

優性遺伝の法則から、遺伝子は遠ければ遠いほど「強い子供」が生まれる。似た遺伝子同士で交配しても、「弱い子供」になる。過酷な環境に耐えた時に、「こうすれば良いんだよ」という生き残りのノウハウを子孫に残すための手紙がDNAだから。ブラジルと、北極の人が結婚したら、「暑さに耐えられる遺伝子と寒さに耐えられる遺伝子」で強くなる。 ↑この令和塾で山梨先生に教えてもらったけど、女の子がパパを嫌いになるメカニズム。生理が始まったり、メスとしての機能が準備される頃に、「自分と遺伝子が近いオス」と交配しないように、【パパの匂い】が嫌いになるそうです。フェロモンんで、「この遺伝子は近い」と嗅ぎ分けられるそうで、近い遺伝子のパパが嫌いになる。高校生?とかが、お父さんと洗濯ものを分けたいのもこれ。「パパ嫌い!」な期間に、大人になり、他の男性と結婚し、そして「子供を産んだ」ら、もうそのメカニズムが終了するので、「ぱぱ~、孫の面倒見て~」と戻って来るそうです。①パパが大好きな女の子②メスとしての準備でパパが嫌いに③生み終わった後に、またパパが好きにこれは、習ってたんだけど。いざ、自分の身に来ると、切ない。真ん中の子ザラメちゃんは小学校4年生。別に「パパ嫌い!」とかは言わないけど、「パパ大好き!」くらいな感じでグイグイ来ていたのに、出張する前の日なんて、玄関の外まで出て来てぎゅーってしてたのに、ここ最近、パタッとそれが終了。冷めてる。これは、めちゃくちゃ切ない。もうあの頃には戻れない。あんなに、好き好き言って来ていたのに。こんなにまで「ピタッと」止まるとは・・・。この落差、マジで耐えられないよ。子育てが大変だ!と嘆いている皆さん。本当に、一瞬ですよ。子供が、あなたを全力で受け入れてくれる期間は。これは、経験しないと分からない切なさだろうけど、急に「ピタッと」、何かが止まります・・・。一番上の男の子(中二)コクトウ君は、今でもグイグイ来ます(笑)男女の差もあるのかな。いや、遺伝とフェロモン臭の関係か。あぁ、悲しい。ちなみに一番下のミリンちゃん2歳は、今でも全力で来てくれるの続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:全力で親を受け入れてくれている子供たち
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-さとうみつろう
-, ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2021 All Rights Reserved.