スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

【モナドと妄想、そして祈りとの関係性とは?】

はせくらみゆき 

皆様、こんにちは。お元気ですか?さて、先日開催された、「愛と歓喜の数式―量子モナド理論は完全調和への道」https://www.hasekuramiyuki.com/quantummonad愛とモナドの数式 「量子モナド理論」は完全調和への道 | はせくらみゆき 公式Web Site保江邦夫×はせくらみゆきの最新共著!あなたの内にあるイマジナル・セルを呼び覚まし、仮想現実から抜ける『超授業』の始まりです!www.hasekuramiyuki.com出版記念講演会(保江邦夫先生×はせくらの対談)のデモテープが先ほど送られてきたので、さっそく視聴し、今、見終えたところです。本番中は、必死でしたので(笑)、何を語ったのかほぼ覚えておりませんでしたが、あらためて視聴することで、なるほど、そういうことだったのか、という気づきがたくさんあって、面白かったです。(…って、自分が言うか? ですが、本当にそう思ったの)以下、どのような内容だったのかを、忘備録的に、ざっと羅列することにしました。当日、会場参加された方は、質問に答える感じでお読みいただけると嬉しいです。また、オンラインでお申込みの方は、だいたいこのような流れで(おおまかなところだけの抜粋で展開していきますので、ご視聴のご参考になさってくださいね。(オンライン配信は現在申し込み受付中です。 下記を御参照下さい。15日の14時に配信致します)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「今、あなたに伝えたいこと」(保江先生×はせくら)・シスター渡辺の「置かれたところに咲きなさい」の真の意味とは?・つらい状況や場にいる時にも「置かれたところで咲く」べき?・かぐや姫の真実とは?・木村さんの「奇跡のリンゴ」が出来た真のきっかけとUFO.・宇宙存在と3.11のこと・雑草と花の役割、そしてあるがままの働きから見えてくるものとは?・日本屈指の言語学者―金田一春彦が表す「愛」の記述の秘密・それでいいねん―Let it beがもつ深い意味とは?・親の役割を再考する。・南部博士の「自発的対称性の破れ」とモナド世界の真実・素潜りの達人―ジャック・マイヨールが瀕死のイルカにしたことは?・雷に打たれた老人が、35歳の若者に成り代わった秘密とは?・霊魂の年齢はいくつ?・左脳モードを休ませるには何をする?・モナドの旅を検証する―あなたが視ている世界は?・咲くという字のもとは「笑うこと」だった!?・エルンストマッハの自画像とモナド・五感を遮断した後に見えてくる世界は?・なぜ三重苦のヘレンケラーは神を語れたのか?・寝ている時はモナドを観ている側(完全調和側)に戻っている。・完全調和側の意識といつもどこか繋がっているのが日本人?・オーケストラの音色はなぜ聞き分けられるのか?・雅楽の三管で表す宇宙―不協和音の美学・あとは野となれ山となれの真意とは?・今、あなたに伝えたいこと・ラストメッセージ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はじめて「量子モナド理論」を知って、眠れないほどの衝撃を受けたあの日から、なんやかんやあって(笑)、いつしかそれが本になり、さらにそれをわかりやすく紐解く対談を、講演会としてお届けできる日が来るなんて・・・うるうる。というわけで、今、一つピックアップして、お読みくださっている皆様と、分かち合えたらと思うことは、ボーッとした時に、自由に、勝手に思い描く世界のこと。これを「妄想」というのだけれど、こうした「妄想」が、モナドの内部世界に変容をもたらし、妄想することによって、思い描いた世界の色続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:【モナドと妄想、そして祈りとの関係性とは?】
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。