はせくらみゆき

【出雲大神宮での舞楽奉納】

投稿日:

はせくらみゆき 

先日、丹波国一宮出雲大神宮の宵宮祭にて、私が代表を務めさせていただいている会―、(社)あけのうた雅楽振興会のお仲間と共に、http://www.akenoutagagaku.com/舞楽奉納をさせていただきました。楽曲は二種。どちらも、心のうちに瞬時に出来てしまった謡で、「あけのうた」と「七福神祝詞」というものです。こちらの謡を、河内国一宮枚岡神社の中東宮司様による御指導のもと、全国から集まった仲間たちが、約二年程お稽古を重ねての御奉納でした。「あけの舞」は、雅楽のしらべをもとにした舞楽を、「七福の舞」は、朗らかな狂言調で、のびのびと、舞い、うたわせていただきました。謡の内容はどちらも、人や国の、平安と繁栄、弥栄をねがうもので、こうした一つの型をとおして、御奉仕させていただくことができるのは、ただただありがたくもったいないことだと思いました。参加したメンバーたちも、誰一人として、我欲を満たすための舞ではなく、こうして肉体を持って使わせていただけることの喜びに、胸がいっぱいになりながら、真摯に向かい合ったのでした。終了後、出てきた言葉は、ありがたい。もったいないことだ。おかげさまで。続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:【出雲大神宮での舞楽奉納】
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

みんなのスピワード

最近の投稿

人気記事ランキング

-はせくらみゆき
-, ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2018 All Rights Reserved.