運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

はせくらみゆき

【天照大神からのメッセージ—】 —新嘗祭の日の御教えとは?—

投稿日:

はせくらみゆき 

皆さん、こんにちは。お元気ですか?11月23日(月)は、勤労感謝の日ですね。祝日法によると、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」日なのだそう。それも素敵なのだけれど、戦前までは、この日は、「新嘗祭」と呼ばれ、天皇が、その年に収穫された、新穀を天神地祇の神々に備え、感謝の奉告をし、共に食する儀式の日でありました。今でも宮中では、最も大切な御神事として、毎年、執り行われています。https://www.kunaicho.go.jp/about/gokomu/kyuchu/saishi/saishi01.html主要祭儀一覧 - 宮内庁www.kunaicho.go.jp天照大神から瓊瓊杵尊へと授けられ、祝福された神聖な稲は、神代の時代を経て、現代へと、連綿と継承されてきています。祈りと感謝、喜び、働く(傍楽)こと…。ひのもとの心も、共に継承されていくのです。さて、この「新嘗祭」、平安末期から鎌倉時代にかけて、撰述された「宝基本記」によれば、伊勢にご鎮座された最初の、新嘗祭の夜(垂仁朝の御代なので、今から約2000年前ですね)のこと、なんと、天照大神からの御宣託が、あったのだそうです。受け取られた方は、伊勢神宮初代斎宮となられた倭姫命(やまとひめのみこと)様。それはどんなご神言だったのかというと…、「人はすなわち、天(あめ)の下の、神物(しんもつ)なり。すべからく静謐をつかさどるべし。心はすなわち神明の主たり。心神(しんしん)を、傷(いた)ましむるなかれ」(…続く)。と宣われたのだそうです。(よければ、続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:【天照大神からのメッセージ—】 —新嘗祭の日の御教えとは?—
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-はせくらみゆき
-, ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2020 All Rights Reserved.