運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピリチャルコンサルタントmasami

子育て、自分育て おすすめ本

投稿日:

スピリチャルコンサルタントmasami 

自分ができないことは人に教えられない。


100歩譲ってできなくとも、意識的に取り組んだ試行錯誤の経験がないものは、人に伝えたり、教えられないものなのだと感じます。


わたしは子はいませんが、

セッション内容をクライアントさんに翻訳したり、セミナーの内容を構築したりするだけでも、わたし自身がそのテーマを経験しているか、今取り組み中で試行錯誤しているかしないとうまく翻訳できない。。。 

経験なく話をしても、上滑りになるし、

自分自身が体験を伴った理解をしていないと、核をつかめていないので自分の言葉で伝えられない。


人に何か伝えるには自分育てがつくづく終わりのない永遠のテーマだと思っているのですが、

子育てはまさに、「自分育てがどこまでできているか?」如実に体験させられる、自分育てそのものの学びなんだなぁとセッションで翻訳させられながら感じています。


自分から逃げてきた人は結構子どものことめんどくさくなって放置してたり、子どものいいなりになったり、ひたすらおこってるだけだったり、、、

親と一言でまとめてるけれども、親も当たり前だけど一人の個人、いろんな成熟レベルがあって一概に親って言葉でひとくくりにできないなぁ、親になったからって、はいできます!って人を育てられるってわけないよなぁと当たり前のことを感じます。



自分が何かを乗り越えたことがない人は子どもに何かを乗り越える方法を教えられないし、
自分で考えることをしてこなかった方は、子どもにも考え方を教えられない。

「自分で考えなさい!乗り越えなさい」としか言えない。 

どう考えるのか、
考えるポイント
どう乗り越えるのか
乗り越えるポイントなど話せないので対話ではなく要望にしかならない。


そのような方は、子育てというお題を通して逃げてきた自分のテーマに向き合いなさい、子どもと一緒にチームメイトと思って自分も何かに取り組んで試行錯誤して自分と向き合うってどんな事だと思う?
自分から逃げないって難しいね、って一緒に学びなさい、みたいなこと言われてる方多くいらっしゃいます。

(でも、ほとんどの大人はこれあてはまるもんですよね、人間だもの笑)
 
親になったからいきなり人に指導できる経験値が増えるわけじやないですもんね。


あと、昨今の自由な子育てという名のもとに、
躾を放棄されてるかた、子どもに振り回されてる方はセッションでも厳しく色々言われてたりします。

何にも乗り越えられない子になっちゃっても親は責任とれないから、子どもが将来辛いですからね。


バニラスカイのセッションでは
躾はセルフマネジメント能力と訳して絶対必要とされています。

「人」として生きるために必要な自分の自我のマネジメントは親が逐一教えるしかない。

自分の楽したいに負けないマネジメント

自分の怒りに飲まれないマネジメント

人を思いやる気持ちを深めるマネジメント

エトセトラ、、、、



親になることって、自分や夫や家族と改めて向き合わされる修行でもあるんだなぁと思いながらセッションで翻訳させてもらってます。


で、長くなりましたが

親の立場の人も、子どもはいない方でも
自分育てするのにすごく良い本があるのでご紹介させてください。


スモールステップ型の思考が苦手なクライアントさんに、何か参考になる本ないかなぁと探していた中でみつけました!


「自分からやる子 」に育てるスキルを 、子供のときから与えてあげる 。これは一生もののスキルです

との記載がありましたが、これは何も子育てだけじゃなく、自分が自分をそのように育てられたら人生の満足度はあがりますよね。



 




簡単に要約すると

全米で優秀な高校生コンテストで優勝した娘さんのお母さんの育児と自分育ての試行錯誤の中で効果のあった取り組みについての紹介本。

 以下内容のご紹介


つらいことがあっても立ち直る強さを身につけ 、幸福感に満ち 、学業でも運動、芸術活動(バレエをなさってるようです。)も優秀な成績を残すことができたのか 。


ベストなタイプの親の向き合い方は 、子供自身の性格や育つ国にかかわらず 、子供を人生の成功 ― ―主体性と責任感を持って行動し 、その結果 、自信と自尊心 、社会性 、思考力を身につけ 、高い幸福感や満足度を感じられる子に導くこと



子供を育てるのは親なので 、子供を人生の成功へと導きたかったら 、まずは親自身がベストタイプの親の特性を身につけることが先 。



親は四タイプにわけられ、この本でおすすめしているのは民主型というタイプ

4つのタイプは 、 「親の子に対するコントロ ールと期待水準の度合い 」と 「子供の気持ちやニ ーズに寄り添う温かさの度合い 」という 2つの尺度によって分けられます
 
放置でもなく、子供に厳しく言えず尻に敷かれるわけでもなく、激しくコントロールするわけでもないバランスの民主型があらゆるデータで良しとされているとの定で、

民主型の親の下で育つ子供は 、幸せで満足感が高く 、自分からやる主体性があり 、自己依存力 、自制心 、自尊心 、表現する自信に溢れ 、また高い学力と能力を有し 、うつ病 、不安症候群 、ドラッグやアルコ ール中毒になりにくい 、という特徴などが説明されています。


そして、その民主型の親として、子どもと一緒に自分を育てることが大切で、その自分や子どもの育て方導き方としてスマートステップという、いわゆるスモールステップ型の目標因数分解型行動の取り組み方を詳しく紹介されてます。






掲載元:子育て、自分育て おすすめ本
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-スピリチャルコンサルタントmasami
-, , , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2019 All Rights Reserved.