運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピリチャルコンサルタントmasami

自由に自分を御してしなやかに生きたい方にオススメ

投稿日:

スピリチャルコンサルタントmasami 

 

 

 

こんにちは、Vanilla Sky・スピリチュアルコンサルティングサロンの昌美です。

 

今日もめちゃくちゃおススメの本を紹介させて頂きます。

 

原始仏教の本ですが、いままで何冊か紹介していると思うのですが・・・

結構マニアックで分厚くて、あんまり皆さんに興味を持っていただけなかった気がするのですが・・・・

 

今回の本は私のクライアントさん、ブログを面白がって読んでくださる方には本当におススメの一冊です!!!!

結構興奮してる。

 

私のセッションは面白いことにスピリチュアル好きや占い好きの方がものすごく少なくてアンケートなどとらせて頂くと、

 

セッションの展開が論理的で理解しやすい

なにか運命を予言するものではなく、あくまで主語が自分であり、自分との対話をサポートされるようで良い

主体が昌美さんではなく、サムシンググレイトでもなく、私自身であることが良い

何かに依存させるきらいが皆無なのが良い、(依存傾向は厳しくいさめられる)

 

など言っていただくことが本当に多いし、私もたまたま世間的にはなにか未来を読んで対処する吉兆予言の様にとられかねないテーマですが吉兆・未来予言ではなく「現実をご自身が主体となり創造して体験して体感していくための課題抽出と課題解決の指針の提案」というスタンスでいます。

 

 

呪術的なものに依存しすぎるのは嫌だ

なにか自分とは別のものの意思で動くのは嫌だ

共依存による安定は好かぬ・・・

 

 

ということは・・・

なんか誰かに何とかしてほしい

すごい何かを頼りたい

未来を予見して備えたい・・・

 

って方はいらっしゃらないと思うんですよ。。。。

あと、知的好奇心旺盛な方も理知的な方も多いので・・・

 

 

そいう方にこそ!!天才ゴーダマシッタルダの教えは絶対におすすめです。。。

 

自分を活かすという私のスタンスに共鳴してくださる皆さんにこそ、本当にスーパークールでスーパー理知的で圧倒的美意識のお釈迦様の自分自身のハンドリング方法に耳を傾けてみていただきたいのです。

 

お釈迦様の教えはね、、、、

全然スピリチュアルじゃないですよ(笑)ウケるくらい地に足ついてます。

 

 

日本仏教は結構死後のこととか、サムシンググレイトもいっぱい出てくるし、結構スピリチュアルで呪術的な面がありますけれど

(否定してませんし、私は環境的にめちゃくちゃお世話になってるし、体感としても否定していません。)

 

もう全く別物なので、はじめてお釈迦様の教えにふれるとびっくりすると思います。

 

ちなみに、、、、

般若心経とかってお釈迦様のといた教えではないですよ。あれ、お釈迦様が亡くなって500年以上後に書かれたものです。

(たまに、お釈迦様がかかれた般若心経とか言ってる人がいて、違うのにな~なんて思うことありますけど・・・)

 

※般若心経の否定ではないです、っていうか、私毎日空について意識をむけるため読経しているので・・・笑

それはそれ、これはこれということです。

 

 

哲学?思想?としてお釈迦様の教えは私の人生においてエッセンシャルなものです。

 

とにかく宗教をどう定義するかにもよりますが、私は生きる指針としては完全にお釈迦様の教えに従う仏教徒でありますが、宗教としてのそれとはまた違う感覚です。

 

これからの世の中を生きていくために、自分自身をより自由に御してしなやかに生きていくためには本当に原始仏典(お釈迦様の教えに一番忠実とされる最も古い経典の教え)に触れるのおススメ!!なんだけど、結構文献がハードル高い・・・

おススメしても大概読んでもらえない・・・・

 

という中、出版されたこの一冊!本当に知り合いの本だからということは全く関係なくおススメです。

 

 

 

image

 

ブッタの獅子吼 北川達也著

 

 

常々、宗教という意味ではなく、これからは生きる知恵として、生きる指針として仏教って最注目されると思ってるんですが、(しつこい)

 

(しつこいついでに、私の言っている仏教は釈迦の言葉に一番近いとされる最も古い仏典群の教えをさすので日本の仏教とは違います。)

 

自分自身も中村元東方研究所・東方学院に研究員として通ってお勉強をしていたりします。

 

 

仏教に惹かれるポイントはいくつもあるのですが、絶対神から「これが指針ぞよ~」と一方的に神より劣った人間に下賜されたものではなく、、、

 

スーパークールでスーパー理性的でスーパーハイパー頭の切れまくりキングオブスマートのお釈迦様という人間が人間の営みのなかで紡ぎだした道であること、

 

ここに最も惹かれます。

 

ただ、仏教に興味があるというと、大概「日本の仏教」をベースにお話しされてしまうので、、、、違うんだよな~

私が興味あるの原始仏教なんだよな~と思うことが多いんですね。

 

(もちろん、、、育った環境上日本の仏教にも思いはありますし、否定する気は毛頭ありません。空海さん、親鸞さんは私にとってヒーローに違いありませんし。)

 

 

で、原始仏教について少しはなしてみると、結構興味もたれることがあるのですが、、、、

 

興味持ってくださった方にお勧めすしたい本は、、、どれもこれも「相当興味がある」状態じゃないとなかなか読み通せない、マニアックなものが多いことと、かなり著者の私見がはいりまくりなものも多いので・・・なかなか興味をもったもののその先にご案内することが難しいなあ、、、、とおもっていたのですが・・

 

 

こちらのブッタの獅子吼、本当におススメです。

 

こちらは、献本していただいた本なのですが、

 

日本の原始仏教研究の祖である中村元先生(→東大名誉教授 原始仏教界のレジェンド 私は中村元先生が日本にいてくださってよかったレベルの方)の中村元東邦研究所・東方学院の研究員の北川さんがかかれた本です。

 

私もそちらの研究員でして、同じ授業を受けている同窓に当たる方なのですが、、、私の100億倍(笑)仏教・神道・哲学などに造詣が深い方で、本当にたくさん色々と教えて下さって、尊敬している先輩おねがいキラキラです。本当に・・・知識量も理解の深さも半端ないのです。

これまた説明がお上手で私でも理解ができる。

 

仏教や哲学に関しては私なりに、まだまだ勉強が足りないんですがずーーーと昔から追っているテーマで、、、

 

はまるとはまり込んで深すぎて理解が追っつかないところもあるのですが、、、学院の往路、復路で北川さんにたくさん質問させてもらって、たくさんご教授いただいて、いくつも「腑に落ちたおねがいおねがい」経験をしました。

 

 

とにかく感覚として、「八正道」といわれる生活の指針を骨として、体験を通して理解実践して、「自帰依、法帰依」という「自立の道」を体現していけるよう毎日を過ごすための教えなのだろう・・・・とアタリをつけていて、、、

 

その八正道について詳しく知りたい、と思いつつも、案外八正道ってさらっとしか説明されていなかったり、出家者に向けてのアプローチしかなかったり・・・・で困り果てていた時に、東方学園で出会った北川さんから色々と教えていただいたことが、とても大きな学びになりました。

 

そして、ご著者でもそのあたりのことが、今までにないわかりやすさで纏められており、大変ありがたかったです。

 

本当にここまで原始仏教のエキスを、私見を排除してクールに簡潔にでも濃度は薄めずまとめられているのすごすぎます。

北川さんもまた、超スマートです。研究員のみなさんスマートな方が多くて刺激になります。

 

山ほど原始仏教の本は読みましたが(ただ、他の研究員の皆さまと比べると全然だけど・・・・)この本はありそうでなかった素晴らしい一冊だと思いました。(先輩だから褒めてるんじゃないんですよ。こういう本まってた!!と私が心底おもったので・・・)

 

 

出家者中心の思想と女性蔑視の件については、私自身、一度授業中に疑問を呈して授業を止めてしまった、、(笑)ほど、常々考えていたテーマですので、、、、そのあたりに触れられているのもなかなかない本だと思います。

 

(私は常々一般市民として世俗の中で道を進む方が出家して出家者の世界にこもって修行するよりも案外難しく、作用も小さくない気がしてならないので、在家でありながらできることを考えたいと、思っているんですよね、)

 

そして、もうひとつこの本のかなり!特徴的なところとして、神道と仏教の共存についての提案です。

 

北川さん、会社経営者で仏教研究者なのに、神職さんでもいらっしゃるのですね。オモシロイですよね。

ご本人もとってもユニークな才気あふれる方ですよキラキラ

 

その北川さんだからこその提案がすごくオモシロイのですが、私自身、育った環境や自分自身の感覚的に祈りのというものを人生から切り離すことはできませんが、その祈りは何かを成就させたりご利益を得るためのものとは違い、人と自分が存在していることを想うものであるので、北川さんが提案されている、いきる指針としての釈迦の教えと祈りとしての神道の共存には感銘を受けました。

 

コロナが収束して会えるようになったら北川さんにいっぱい質問したり、思うところを聞いて頂いたりしたいテーマです!!

ちなみに北川さんはこちらの本も出されています、ベストセラーなので読まれた方も多いかもしれません。

 

 

 

 

そして本の最後が、素晴らしかった。

 

私がなぜここまでお釈迦様という「人」に魅せられているかというと、お釈迦様は最後まで「私を頼りなさい」というスタンスを取られないのですね。

 

最後の最後入滅されるときでさえ

 

「私という存在ではなく私が教えてきた教えを頼り、そして自分自身を頼りなさい(意訳)」

といった趣旨のことをおっしゃるんですね。

 

ここにすべて私がハートを掴まれたエキスが詰まっています・・・・しびれますよね。おねがいキラキラ

 

自分自身を生きるための知恵がお釈迦様のとかれたお話しのなかには詰まっています。

 

なにか大いなるものに自分を預けていくというものとは一線を画すクールな教えだと感じています。

(大いなるものの一部であることを結果体感することはあると思います。)

 

それを語っている自帰依 法帰依というテーマで最後この本も締められて、北川さん!!さすがと感動しました。

 

 

日本仏教しか知らない方は、結構な衝撃を受けるとは思いますが、とてもとても理知的で論理的でこれからの時代にこそ輝きを増す教えなのでぜひぜひ読んでみてください!!

 

暑く語りすぎましたが・・・とにかくゴーダマシッタルダって天才に皆さまぜひ触れて下さい。しびれますから。

その入りとしてこの本は本当におススメです。私は2時間くらいで読めましたが、でも今後何度も読み返すと思います。

さっと読めるのにめちゃくちゃ深い本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

著書:自分を苦しめる努力(クセ)の手放し方 発売中!

image

 

無料音声コンテンツ はこちら♪

 

 

Podcast

 

 

大変な時期ですがどうぞご自愛くださいませ。健やかにお過ごしくださいませ。

 

お知らせ

こんにちは、Vanilla Skyの昌美です。

都内にて紹介制スピリチュアルコンサルティングを行っております。

ご予約はすべて「ホームページ内のお申込みフォーム」からお受けいたしております。

コンセプトなどもホームページよりご確認くださいませ。

お問い合わせ・お申込みは「ホームページ内の『お問合せ』ボタンより」お願いします。
(事務担当よりお返事いたします。)

オリジナル浄化スプレーの販売はこちらからどうぞ。
Web Shop

掲載元:自由に自分を御してしなやかに生きたい方にオススメ
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-スピリチャルコンサルタントmasami
-, , , , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2021 All Rights Reserved.