運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピリチャルコンサルタントmasami

生きていれば幸せ

投稿日:

スピリチャルコンサルタントmasami 

 

 

 

こんにちは、Vanilla Sky・スピリチュアルコンサルティングサロンの昌美です。

今日は

 

生きているだけでまずOKというところを全面的に完了させたい!

 

 

というお話です。

急に夏がやってきて、しかも全力で夏で戸惑いますね。。。

父の件で実家滞在期間中なのですが

(父が闘病中&祖母が自宅介護なので昨年末から毎月一定期間実家に滞在してます。)

父のリハビリで屋外に少しいただけで、結構焼けてしまいました。

炎天下をさけて夕方だったのですが、夏の太陽おそるべし。

海の潮風もなんかパワーアップしてる感じ、、夏だ、完全無欠に夏に入りましたね。

しかし、いきなりフルパワーの夏で大丈夫でしょうか?

実家のお隣さんのおばあちゃまがこの夏の暑さでダウンしてしまい救急で運ばれたり、

実家で同居中の祖母が、ショートステイ先から自宅までの20分ほどの距離を、夕方、日が落ちかけたころ車椅子で移動しただけで、軽い熱中症になりかけたり、、、

両祖父母の自宅介護4人経験してる、介護エキスパートな母の熱中症対策は結構万全なんですが、、、

、どうも祖母の筋肉力が去年より各段に落ちているみたいで、今まで以上に気を付けて行かなきゃいけないね!  

という事になりました。

そんな祖母の介護に父のリハビリにとてんやわんやの母も、ちょっとした山(寺院の奥の院が山頂にあります)を登って暑気がはいってしまったり。

(この炎天下に気分転換にと山のぼる我らもアホなのですが)

自分の体力を過信してはいけませんね。

夏の猛威おそるべし・・・

皆さんも本当に本当に!!ちょっと大げさなくらいお気を付下さいねガーンガーンガーンガーン

最近の個人的なテーマ

 

「生きているだけではだめだ、人の、地球の役に立たねば存在意義がない」

 

みたいなしつこいクセ原罪意識的なものを徹底的にを手放したい!!

ということをどこかのブログ記事で書いたかと思うのですが、

昨年末からの父の手術、入退院、その後のリハビリや、実家で自宅介護している祖母の状況などをつぶさに見させてもらえる機会が、この癖の徹底的な手放しにとってもとっても良い影響を与えてくれています。

困ったことも、ちょっと怒りたくなることも、心配でつぶれそうなことも、泣きたくなることも、色々心が動くので自己観察しがいがあります。

一方、ここは案外冷静にうけとめられるな、とか、ここは以前とは違う感覚で認識できるなとかそういう変化も感じられるので、とってもオモシロイです。

あと、いつもは「向上心があんまりない!!」ってイライラしちゃうこともある母まゆみのおおらかな生命力と底力がまぶしい!!みたいなシーンの多々ありまして。。。。グラサングラサン

結構尊敬&感心しちゃうなと、、、

学びの多い時間を過ごしています。(きれいごとだけじゃないけどニヒヒ

いやあ、、、老いっていうテーマ、自分に差し迫る前に見せてもらえるという介護ってすごいすごい経験しておいた方が、、、言葉選ばすにいうとオモシロイテーマだと思います。



オモシロイっていうのは学びが深いって意味で使ってるので・・・きゃいきゃいという面白さではないですが・・・

 

但し・・・やり方による。!!!

 

クセをいっぱい抱えてやると介護側が死んでしまうよ。すごい過酷なテーマだと思う。

一人で抱えないようにしないと本当にほんとうに心か身体か両方がしんでしまうから、それはダメだよ!!って叫びたいです。

みんなで支えあうしかないテーマ、だからこそ強制的にあぶりだされる癖もあるように思います。

老いに関しては、

自分が出来ていたことができなくなっていくこと、自分という概念が崩れていくことで究極的な自己受容を迫られるような気がしています。
肉体を持たないと学べないテーマですよね。

肉体を持つ間でしか学べないテーマなんだろうな。

自分自身が生きているだけの自分にまずOK出せないと老いを受け入れることが、とても苦しいことになるのだろうなと思います。

自分自身には厳しくなりすぎても、大事な人の老いや病気を通してだったら、生きているだけでOKという想いが理解しやすいので、それをもって自分にも反映できた時、なにかずっと自分が自分に対しておおらかに、そしてそのおおらかさからのゆとりや喜びに気付けるようになるのかなあ、、、なんて思いつつ、思えなかったりしつつ、しています笑

私自身、数年前に癌になった時、実質半年以上お仕事をお休みした期間、究極的にその課題に向き合わされたのですが、なんだかんだで半年で復帰したので、

まだまだその課題はクリアできないままに持ち越ししている自覚はありました。

どこぞの国会議員が生産性という言葉で人を評価したことがありましたが・・・

そんな評価軸で自分や人を評価してしまうような世界の住人にはなりたくないのに、
自分に対しては「役に立っているか、否か、人のやくにたって初めて存在意義がある」といった思いが根底にあるような

 

矛盾してますね。早いとこ理解して体感として腑に落としたいな。

この時期に理解してしまいたい。気づきたい。

たまたま実家滞在中に聴いたお寺さんの説法も、同じようなテーマのお話しだったし、

祖母の自宅においてあった少し前の新聞記事のインタビュー記事も同じくそんなテーマでした。

とっても興味深かったので以下抜粋しますね。
ヨシダナギさんキレイですよね。写真も人の発するオーラがまぶしくてパワーがありますよね。

生きていれば幸せ

ヨシダナギさんのインタビュー記事以下抜粋
(月間ウェンディ)
アフリカのスリ族の幸せの概念 

エチオピアのスリ族は文明お距離を置いて昔ながらの生活を今も続けているそうです。

自分の誕生日も年齢も知らないおおらかな彼らに「幸せの概念」について尋ねると

「幸せ」といった言葉を知りませんでした。

「私たちは人と丑が死ぬこと以外は悲しくない。いつも楽しい。」

つまり、彼らにとっては幸せが当たり前なので、特別な「幸せ」は必要ないのです。

多くの人は、自分にとっていいことが起こるのが「幸せ」として、幸せに価値を求めがちですが、もしかしたら、それは偏った考えだったかもしれない。

私自身がそもそもいきていれば幸せだったんだと思い出しました。

以上抜粋終わり

夏・・・水分補給して乗り切りましょうグラサン

そして、介護されてる側の方、してる側の方、一人で抱え込まず、なんらか面白ポイントみつけて楽しいで緩やかにやりましょう!!

 

 

著書:自分を苦しめる努力(クセ)の手放し方 発売中!

image

 

無料音声コンテンツ はこちら♪

 

 

Podcast

 

 

大変な時期ですがどうぞご自愛くださいませ。健やかにお過ごしくださいませ。

 

お知らせ

こんにちは、Vanilla Skyの昌美です。

都内にて紹介制スピリチュアルコンサルティングを行っております。

ご予約はすべて「ホームページ内のお申込みフォーム」からお受けいたしております。

コンセプトなどもホームページよりご確認くださいませ。

お問い合わせ・お申込みは「ホームページ内の『お問合せ』ボタンより」お願いします。
(事務担当よりお返事いたします。)

オリジナル浄化スプレーの販売はこちらからどうぞ。
Web Shop

掲載元:生きていれば幸せ
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-スピリチャルコンサルタントmasami
-, , , , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2021 All Rights Reserved.