運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピリチャルコーチはづき虹映

『手が温かい人は、心もちゃんと温かい』

投稿日:

スピリチャルコーチはづき虹映 

お元気様です。はづきです。 いつもありがとうございます。 さぁ、「霊(見えない世界)と和する」=「令和」時代が、いよいよ本格的に始まりました! もう、目に見えない世界を特別扱いしている時代ではありません。 はづき虹映も本気、真剣、タブーなしでお話しします! ★ はづき虹映の『スピリチュアルお話し会』 【8/21(水)東京】 【8/25(日)神戸】 【9/7(土)名古屋】 3ケ所同時開催決定! 絶賛お申込み受付中♪  おひとり5000円+税で、参加できます~♪ ▼詳細・お申し込みは、コチラから~♪→ https://hazuki.club/live/   +++++     +++++     +++++  さて、「手が冷たい人は、本当は心が温かく、手が温かい人は、心が冷たい」 な~んて話を聞いたことはありませんか? 実は手が冷たくなるときは、手汗をかくとき。 汗をかくことで、体内に溜まった熱を放出しようとしているので、必然的に手は冷たくなります。 「手に汗握る」という言葉もあるとおり、恐怖を感じたり、緊張すると、手に汗をかくことで、人の手の表面温度は下がると言われています。   +++++     +++++     +++++ つまり、恐怖や緊張を感じやすい人というのは、人の気持ちに敏感だったり、感受性が強いということ。 これは、いわゆる「やさしい人」に出やすい傾向なので、「手が冷たい人は、本当は心が温かい」という俗説につながったのでは…という見方が有力だそう。 反対にいつも沈着冷静で、感情の起伏が少なく、緊張しないタイプの人は、手汗をかきにくいため、手が冷たくなりにくいという傾向はあるよう。 医学的、生理学的見地に立ってまとめると、「手が冷たくなりやすい人は感情豊かな人」であり、「手が冷たくなりにくい人は落ち着いている人」だと言えそうです。   +++++     +++++     +++++ 私の場合、恐怖や緊張を感じやすいタイプではありません。 「手に汗握る」などということは、ほぼありませんし、感情も豊かなほうでもないと思います(苦笑)。 ですが、手は温かいです。 (^^ゞ 確かに普段、なにもしていないときの手は、決して温かいほうではないかもしれません。 しかし、意識して他人に触れたとき。 みなさん、驚かれます。 「なんで、そんなに温かいんですか?…というか、カイロを貼られたぐらい、熱いです」と。   +++++     +++++     +++++ これは私が特別だということではなく、意識すれば、誰でもそうなります。 ポイントは、意識的に手を当てること。 「意識して手を当てる」=「ヒーリング」です。 手から出るエネルギーのスイッチを「ON」にすると、意識して、手を当てるだけ。 それだけで、自分も相手も、ビックリするぐらい手が熱くなり、エネルギーが流れていきます。 ただ……。 そんな私でも、ごくまれに、なかなか手が熱くならないときがあります。 それは……。   +++++     +++++     +++++ 相手が受け取り拒否をしている場合。 こちらがいくら、手のスイッチを「ON」にして、エネルギーを流そうとしても、 受け取る相手が、「あなたのエネルギーは不要」と意識的に拒絶している場合は、エネルギーは流れていきませんし、手もなかなか熱くなりません。 そういう意味では、自分の手の「温かい・冷たい」を気にするより、誰に手を当てると温かくなるのかを見極めたほうが、エネルギー的にはより重要です。 手を当ててもらうほうから言えば、誰の手を温かいと感じるかどうかで、あなたとその人の関係性がわかるということ。 言葉ではなんとでも言えますが、手はウソをつけません。 「手は口ほどにモノを言う」とは、まさにこのことです。   +++++     +++++続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:『手が温かい人は、心もちゃんと温かい』
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-スピリチャルコーチはづき虹映
-, , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2019 All Rights Reserved.