運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピリチャルコーチはづき虹映

『Q&A:「先天性の病をもつ子どもについて」』

投稿日:

スピリチャルコーチはづき虹映 

お元気様です。はづき虹映です。 いつもありがとうございます。 お陰様で、お申し込み続々! 9/22「秋分の日」の「遠隔ヒーリング♪」 これからやって来る「大浄化」に備えましょう~! 「肚を決める」「肚を括る」「覚悟する」 なんとなく、今、そう感じている方は、ぜひお申し込みください。 きっと、今のあなたに必要なエネルギーが届くことになるでしょう~。 さぁ、いよいよ「お振込み」での受付は、明後日17日(木)まで…ですよ~! お乗り遅れのなきように~。お急ぎください♪ ★はづき虹映の【遠隔ヒーリング・エネルギー宅配便】 9/22(火・祝)「秋分の日」夜10時~ ※お申し込み・詳細は、コチラから~♪ → https://hazuki.club/live/463/   +++++     +++++     +++++  さて、今日は読者からの「ご質問」にお答えする「はづき虹映のQ&Aコーナー」をお届けしましょう~。 どんな質問でも、あなたに関係のない話はありません。 あなたも同じような悩みを抱えているかもしれませんし、はづきの回答が、何かのヒントになるかもしれません。 ぜひ、他人事だと思わず、自分事としてとらえて、お読みいただければ幸いです。 今日、取り上げてみたのは、こんな「ご質問」です。   +++++     +++++     +++++  【ご質問】 1番下の子の病気なんですが先天性両足内反足と言う病気を持って生まれてきました。 簡単に説明すると、足首から下だけが内側に内反して超内股みたいになっている外科的な病です。(中略) 原因不明の病みたいですが、私なりの解釈はお腹の中にいた時に、上2人の子育てにバタバタ過ごし過ぎて、お腹の中の赤ちゃんに対する配慮がかけ過ぎていて窮屈な体勢で過ごしてしまった事が原因かと思っています。 なので私が治してやらないとと思う気持ちがあります。私の撒いた責任ですから…。 でも、また考える事もあるんです。 よく障害をもって生まれてくる赤ちゃんは、所謂、輪廻転生の回数が多いレベルの高い魂だから、今世の課題も高い学びを得にきたみたいな…或いは私の為に課題をもってきてくれたのか… 数秘の運命数は、娘は「22」。私は「11」。 現実は受け入れていますし、沢山悔みもしましたが、お陰さまで色んな事を考える機会を頂けたんだと… それでも、真っ直ぐの足にさせてあげたい。 手術をしないで治す方法を探すって、まだ思ってしまうのは私のエゴなんでしょうか? 生まれ持ってきたものを、どうにかしようと言う考え自体が、私の幼稚な考えなんでしょうか? はづき先生の見解を聞かせて頂けたら嬉しいです。 (with Sさん)   +++++     +++++     +++++ with Sさん、ご質問、ありがとうございます。 ご質問の文章から、母親としての迷いや苦悩、罪悪感が伝わって来て、私も胸が苦しくなりました。 「幼稚」だなんて、自分を責めないでくださいね。 この葛藤は当事者にしか、わからないことだと思うので本来、第三者が口を挟むことではないと思います。 しかし、こうしてwith Sさんが、はづきのところに「ご質問」を送ってくれたので、ここは一個人の意見として、はづきの考えを述べさせていただきます。   +++++     +++++     +++++ いつも言っているとおり、この世で起きることは、常に「必然・必要・ベスト」です。 そこに「良い・悪い」はないし、「絶対的な正しさ」も、「絶対的な悪」も存在しません。 なので、お子さんが先天的な病を抱えて生まれて来たのも、必然でしょうし、「悪い」ことではありません。 それがお子さんにとって、「必然・必要・ベスト」な状態だったのであろうと思われます。 障害は確かに不便かもしれませんが、決して不幸ではないと思うのです。   +++++     +++++     +++++ もちろん、それを母親として受け入れることは難しいかもしれませんが、 with Sさんがお子さんに「×」をつけている限り、お子さん自体も自分に「×」をつけてしまう可能性が、大きくなるのは避けられないでしょう。 with Sさんが、母親としてご自身を責めたくなる気持ちもよくわかりますが、 自分を責めてみたところで、お子さんの病は治りませんし、 ご自身にとっても、お子さんにとっても、「いいこと」はないと思うのです。   +++++     +++++     +++++ with Sさんにとって今、大事なことは、今あるがままの状態のお子さんに「〇」をつけてあげることではないでしょうか。 「私のセイ…」「なんとかしてあげないと…」と思えば思うほど、今のお子さんを否定して、「×」をつけることになりはしないでしょうか? そして、そうしてしまうのは、with Sさん自身続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:『Q&A:「先天性の病をもつ子どもについて」』
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-スピリチャルコーチはづき虹映
-, , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2020 All Rights Reserved.