スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

龍雲出現!京都洛西の名神大社3社めぐり

八木龍平 

京都の西方にある松尾大社など3社を巡るお散歩・ランチ会をしました✨ 貸切バスや公共交通機関のチケットを手配すると、法的に旅行になるので、旅行会社さんの関与が必須。 ということで、旅のプロの関与不要な、移動は各人に任せる徒歩中心の神社散歩もたまに開催しています。 ご参加の皆さま、ありがとうございました❗ 本日、快晴なり☀️ 風鈴が夏の風情を涼しく彩ります。松尾大社さんは、こういう参拝客をおもてなしする工夫が随所にこらされた神社さん。 我々には嬉しいことですね✨ 昇殿し、正式参拝しました。さすがの澄みきった空気感です。 その後、境内のお社を散策。 深々~ ご参加の皆さまと記念撮影✨ ここから徒歩10分弱、月読神社に参拝します。 今回参拝した月読神社の創立は、あの日本書紀に記されています。 487年、天皇の命により、任那(朝鮮半島南部の国)に使節団を派遣した際、月神がある人に憑依。「我が祖、高皇産霊(たかみむすび)、天地を熔造(ようぞう)するの功に預かる。宜しく民地を以って奉れ。我は月神なり。若し請に依り、我に奉らば、当(まさ)に福慶(ふくけい)おらむ」と託宣がありました。 「月神を祀れば良いことあるよ」との御神託ですね。使節団の代表は都に戻り、このことを奏上します。朝廷は月神の要請を受け入れ、 山背国葛野郡(※秦氏の領地)の「歌荒樔田(うたあらすだ)」の地に奉りました。そして「月神の末裔」と称する壱岐島の押見宿祢(おしみのすくね)が神社を造営し、神官として奉仕。 この故事が、ここ月読神社の創建物語です。 「龍っぽい雲が出てる!」とはしゃいで写真撮影中↓↓ これほど歴史と由緒ある神社なのに、 そして月読さまは、日本の神様ナンバー2といえるほどの存在なのに、 いつ参拝してもほとんど参拝客はおられません。 不思議なことだと、いつもありがたく独占しております。 あの聖徳太子も信仰し続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:龍雲出現!京都洛西の名神大社3社めぐり
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。