スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

【こんぴら参り】憑き物落として龍神さんの背中に乗ろう♪

八木龍平 

「この階段を登るのは龍の背に乗ること」 先日、妙義山の中之嶽神社の宮司さんに言われたひとこと、印象に残っています。 「そうか〜神社の階段は龍の背中なのか〜」 そう言われたらきつい階段を登るのもやる気が出ますよね😆 この話で 「だったら、あの神社最高やん」 パッと思いついたのが 「こんぴらさん」 香川県の金刀比羅宮(ことひらぐう)です。 全国各地の金刀比羅神社・琴平神社等の総本宮です。 「こんぴらさん」の名物は長い階段。 本宮までは785段、奥社までは1,368段もあるとか。 ひょー😱 大変なんですが、これが参拝者とってプラスにもなります。 長い階段がお祓いになって憑き物を落としてくれるからですね。 それもあって極めて明るくパワフルで ポジティブなエネルギーに満ちた神社です。 そして、ここは確かに龍神さんなんです。 それも元はインドの龍神さんです。「こんぴら」はサンスクリット語(梵語)の「クンビーラ」が語源とされ、 このクンビーラこそ、ガンジス川に棲むワニを神格化した水神、すなわち龍神さん。仏教では「宮比羅(くびら)」「宮比羅大将」と呼ばれます。 ガンジス川の女神ガンガーは、このクンビーラを乗り物としていました。 インドの神様って日本の神様と異なり欲得にストレートで、ガンジス川のごとく清濁を合わせ飲む懐の大きさがあります。 そのインド仏神パワーに日本神道の祓いがミックス続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:【こんぴら参り】憑き物落として龍神さんの背中に乗ろう♪
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。