八木龍平

とんがることが9割

投稿日:

八木龍平 

3年前、サンマーク出版さんと初めて本づくりをしていた時の話しです。これ後日、ある出版塾で、ゲストスピーカーとして出演するときに話す内容です。著者ないし著者候補者に伝えることの先取り。塾生のほとんどは、このブログを読んでないと想定するので、いいかなと^^おそらく男性多め、僕の知人の塾生は、政治の世界にいる人ですし。で、今回言いたいことは「とんがることの重要性」です。スピリチュアルジャンルというのは、泰三さんの言葉を借りると、「あなたフナムシですか!」ってツッコミたくなるほど、かなりの人がサーッと引く分野です(笑)。そうすると、「いやいや、そんなことないんですよ〜」と何らか弁解をしたくなるのが人情。同調していない状態は、脳が不快なので、その不快を解消したくなる。僕が初めて本を企画していたとき出版社のゼミでオーディションを受ける立場でした。なので、審査員の皆さんの評価を当然ながら気にしていた。それで「まるく」なってたんですね。無意識の内にブレーキをふみ、カドを取ろうとしていた。結果、あんまり面白みが無い、あるいは、面白みがあったとしても伝わらない企画になっていた。実際オーディションはうまくいきませんでした。ところが、担当編集者が決まり、その方はスピリチュアル本の編集でたいへん実績をあげている人でした続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:とんがることが9割
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

みんなのスピワード

最近の投稿

人気記事ランキング

-八木龍平
-,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2018 All Rights Reserved.