運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

八木龍平

地球の未来会議;8/25(日)福岡で夏の終わりのチャネリングセミナー

更新日:

八木龍平 

はじめにひとつご連絡です。瞑想アーティスト・大島ケンスケさんと、【夏の終わりのチャネリングセミナー In 福岡】をおこないます。日時:8月25日(日)13:00 受付場所:キャナルシティ博多受講費:20,000円主催:福岡のサンキャッチャーアーティスト山口ひでみさん▼応募は本日21日(金)20時より、こちらからです▼夏の終わりのチャネリングセミナー・申し込みフォームケンスケさんのご案内をリブログします☆チャネリングセミナー後、博多の総鎮守「櫛田神社」に参拝します。福岡での公開セミナーは本当に久々!楽しみにしております☆連絡で終わろうかとも思いましたが^^前回のブログで書いた泰三さんとのお茶のあと、三人の会「矢作直樹・並木良和講演会」に参加してきました。▼講演会終了後の懇親会にて矢作先生は医師として、東京大学医学部付属病院にて救急医療の責任者だった方。死後の世界をつづった書籍『人は死なない』は18万部超のベストセラーになり、以来、作家としてもご活躍。著書累計100万部を優に超える押しも押されぬベストセラー作家です。東京大学教授を定年で退官後は、作家や講演活動に従事されています。はじめてお話しましたが、目が尋常じゃなくキラキラしている! 直視して「僕の方が」思わず目をそらしてしまった人は、ちょっと記憶にないなあ。御年63才とは思えない若々しい外見だけでなく、中身も普通の人じゃないのが、ひしひしと伝わってきました。矢作先生は、学生時代に登山で臨死体験をしています。臨死体験といえば身近では白石泰三さんが経験していますが、やはり回復後に目の印象が変わった。目の輝きが変わるほどの、内面の変化が起こるのでしょう。懇親会では「ウォークイン」というスピリチュアル用語も出ましたが、なるほど、と思ったなあ。ウォークインとは肉体に宿る魂が入れ替わることで、意識を失ったタイミングに起きます。矢作先生は誰に対しても礼儀正しく、懇親会で利用したお店のスタッフさん達にも、感謝と微笑みを絶やさない続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:地球の未来会議;8/25(日)福岡で夏の終わりのチャネリングセミナー
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-八木龍平
-, , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2019 All Rights Reserved.