運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

八木龍平

目を覚ますか眠るか、選択のとき?!

投稿日:

八木龍平 

12日は関東・東海・近畿など、超警戒体制ですね。イベントの中止も相次いでいます。みなさま、安全にお過ごしくださいm(_)m 10月10日、了戒翔太さんのところで約4時間ほど撮影や対談をおこなった後、三人の会イベントに参加しました。 左から不食の弁護士・秋山先生、光の画家ChieArtさん、並木良和さん、登壇デビューの地歩(ちほ)さん、医師の矢作直樹先生、右端が司会で主催の三人の会・吉野太さん。 ご参加の方には言わずもがな、並木さんがこの会の太陽”セントラルサン”です。 並木さんが主役として登場するとき話題になるのは、結局このこと。 ゲートの話しです。並木さんが提唱し、今やスピリチュアル界を席巻する「目覚めのゲート」の話しです。 2018年〜2020年、この3年は目覚めのゲートが大きく開いており(2016年くらいからゲートがどんどん開いていたらしい)、チャンスの時。しかし2020年・春分の日からゲートが閉じ始め、2021年の冬至で完全に閉まってしまう。それ以降は、目覚めるのが不可能では無いが非常に難しくなるという主張です。 つまり「今、目覚めの時だ」ということですね。 こういう主張を聞くと、2012年12月21日〜23日のアセンションの話しを思い出す方も多いでしょう。あの時ともし違うことがあるとすると、2012年アセンションは、発信元は国内外に多数いて、それこそ数千人はいて、大元の発信源が不明だった。 今回は、発信源が明確です。並木良和さんただひとり。発信元も並木良和さんただひとりです。 ジャンルは「宇宙系」と呼ばれるスピリチュアル界のど真ん中で、バシャール、アシュタール、エイブラハム、アセンションなど、外来語がとびかう界隈です。 2017年~2018年前半、宇宙系のアイコンはHappyさんでしたが、2019年のアイコンは並木良和さんでしょう。(Happyさんはエンタメ界に移動してしまった) 並木さんの”統合”というキーワードは、もしスピリチュアル界に流行語大賞があったら、2019年の大賞は間違いなしですね。(自分ビジネスは、ネットビジネス界の流行語大賞☆) ちなみに2014年〜2015年は引き寄せ、2016年は神社、2017年は龍だったのかも。 以上、背景の解説でしたが、その上で、この日は「今どうなってるの?」という感じになりました。 新しく付け加えることは、もう無いのかもしれない。 キーワードは「手放し」でしたが、会場からのご質問と返答をうかがっても、これまでのゲート・統合に関する並木さんの主張をはみ出るものは何も無かったです。 まとめるなら、 もう細かいことは、気にしないで。統合ワークの方法とか、イチイチやらなくとももういい。重いなと感じたら、軽くなるよう意識の向きを直せばいい。目を覚ますと決めたら、目を覚ます方向に照準を合わせればいい。以上。 「あとは粛々・淡々と!」ということですね。 すごく丁寧に明確に並木さん達は解説されるので、こんなぶっきらぼうでは無かったです。でも、三人の会に来られるような人の多くは、たいていのことはご存知でしょう。新しく話すことはもうあまり無くて、あとは日々実行あるのみではないでしょうか。 並木さんの説は典型的な「2極化論」で、しかも時期を区切った2極化論ですが、並木さん曰く、その弊害は重々承知しているとのこと。でも、それでも、並木さん自身は明確に見えているから、自分の見えている続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:目を覚ますか眠るか、選択のとき?!
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-八木龍平
-, , , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2019 All Rights Reserved.