運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

八木龍平

僕の思う「目醒め」について

更新日:

八木龍平 

「私は目醒めていますか?」 先日、そんな質問を受けました。 朝起きて目が覚めるの目覚めではきっと無いでしょう^^ じゃ何なのかというと、特に意味の決まっていない言葉ですね。 だから、 「目醒め、覚醒」について発信する人により、 意味も微妙にあるいは大きく変わってくるのでしょう。 僕自身の 「目醒め」の定義は、主観が客観化すること、です。 精神世界の大御所ケン・ウィルバーの本で読んだ、精神的成長の定義そのまま。 これが一番しっくりきました。 例えば、僕が2007年のGWに川崎大師に3人でオジャマしたときのこと。 レイドウレイキのセミナー受講中に、イレギュラーな事態が起きて、 師匠の青木先生から受講生3人は 「川崎大師に行っておいで!」 と言われて参拝しました。 当時は、寺社仏閣への興味はほぼ無かったです。 初詣以外は、大学院の近くにある「金剱宮」に参拝していたくらい。 で、川崎大師ですが、純粋に観光気分で行ったところ、あるお堂で ”レイキ”を感じた。 「え?ここにレイキある?!」 と一緒に行った人に言うと、 「あ!ホントホント!!」 と少なくともお一人は共感していました。 レイキを感じるって主観です。 主観ですが、同じことを別の人も感じていたら、もはや確信です。 この状態を「間主観inter-subjective」と言います。 「川崎大師のお堂にレイキが存在する」 という個人の主観とも妄想とも言えるものが、 他人の主観と一致することで「間主観」になり、確信になった。 そして僕の中で 「神社仏閣には、神様とも仏様とも呼ばれる氣の存在する場所が、少なくとも一部にはある」 という客観が生まれた。 「神様は存在する」 僕の中でこのことは個人の信念レベルを超えて、誰が何と言おうと、 「絶対的な真実」 であり、客観です。 これ、目醒めだととらえています。 ある特定の事柄に関して、目醒め続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:僕の思う「目醒め」について
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-八木龍平
-, , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2020 All Rights Reserved.