運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

占星術師keiko

月星座は人間関係の「潤滑油」

更新日:

ブログ名:占星術師keiko 様

++++++++++++++++++++++++++++++++

Keiko発信の最新情報が一目でわかる

公式Twitter スタートしました♪

++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

Keikoです。

 

 

今パソコンをあけたら

 

ちょうど読者の方からメールが♪

 

↓ ↓ ↓ ↓

 

===========================

 

Keikoさん、

VOCE買いましたよ!

 

会社が入っているビルのコンビニで、

朝ちらっと見たら数冊あったので

お昼でいいやと思って

 

12時すぎに買いにきたら

なくなってました((/TДT)/

 

急いで違うコンビニに行って

無事GETヾ(@°▽°@)ノ

 

 

(中略)

 

 

・・・そんなことがあったせいで、

 

VOCEを買って真っ先に見たのも

彼を夢中にさせるのページでした。

 

Keikoさんの無料サイト

彼の月を調べると、水瓶座。

 

ですが、

水瓶座のページを読んで、

目がテンになりました

 

彼が今まで言ったことが

そのまま書いてあったから(((( ;°Д°))))

 

今の結婚制度に意味を見いだせない

イメージする結婚はハウスシェアに近い

夫らしく、妻らしく振る舞うなんて考えてない

 

 

全部、彼が言ってたことです。

 

そのまますぎて

冷汗がでました(・_・;)

 

 

私は月が魚座なので、

それを見てみると

 

”思いをきっちり言葉にして

説明するクセをつけると関係も前進”

 

これも、

彼からよく言われていて・・・

「説明してくれないとわからない」と・・・

 

 

ビックリしすぎましたが

おかげさまで

彼の人となりがよくわかりました。

 

1年以上つきあってたのに

わからないものですね。

 

愛されるヒントを下さった

Keikoさん、VOCEさんに感謝です。

 

PS

続編を期待してます≧(´▽`)≦

 

=============================

 

 

T子さん、メールありがとう!

 

 

そうですか、

 

彼のセリフ、そのままでしたか(笑)

 

 

やっぱり月星座なんですよね~

 

男性も。

 

 

 

生まれもった感性や

 

理屈抜きで好き、心地よい

 

と感じるものは

 

月星座でないとわからないし、

 

 

この点において

 

男女差はありません。

 

 

ちなみに

 

T子さんが

 

最初にチェックして下さったこのページ

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

プライベート用に書いてはあるけれど、

 

仕事にも十分つかえますよ。

 

 

 

私はOL時代、

 

秘書をしていたのですが、

 

上司が変わるたびに

 

いの一番にしたことといえば

 

 

もちろん、

 

月星座のチェック(^^)

 

 

 

というのも、

 

 

上司によって

 

秘書に求めるものが

 

まるで違うからです。

 

 

 

月星座蟹座の上司は

 

けっこうベッタリ型で(笑)

 

 

秘書のことも

 

家族同然というか、娘同然。

 

 

ご家族を紹介してくれたりね。

 

 

 

でも、

 

水瓶座の上司は違います。

 

 

ほんと、ビジネスライク。

 

 

プライベートなことは

 

一切秘書に頼まないし、

 

家族の話もほとんどしない。

 

 

秘書や部下を

 

飲みに誘ったりということも

 

滅多にありません。

 

 

一定の距離をキープするの。

 

 

 

いっぽう、

 

月星座双子座の上司からは

 

こう叩き込まれました。

 

↓ ↓ ↓ 

 

 

「情報はスピードが命だぞ。

  

 遅い情報はもう、情報じゃないんだよ。

 

 とにかく、誰よりも早く情報を入れてくれ。」

 

 

 

 

ちなみに先日、

 

編集者Hさんと話をしてて

 

 

「この企画、ぜったい通したいけど

 

 編集長しだいですね・・・」

 

 

とおっしゃるので

 

 

「編集長、月星座何座?」

 

と尋ねたら

 

「牡羊座です!」 

 

と。

 

 

となれば、ことはカンタン(笑)

 

 

 

「 ”このテーマ、

 

   他紙はまだどこもやってません。

 

   ウチが最初です!”  ってプレゼンしてみて 」

 

 

とHさんにアドバイスしたら

 

「即通りました!」と(笑)

 

 

 

なぜこういうことが起こるかっていうと、

 

人はそれぞれ、

 

「価値をおくもの」 が違うから。

 

 

何を重視して生きているかが

 

ひとりひとり違うのですよ。

 

 

それって普通、

 

かなり親しくならないと

 

わからないものだけれど、

 

 

月星座がわかれば、

 

カンタンにわかっちゃうの。

 

 

 

Hさんの上司(編集長)は

 

月星座が牡羊座だから

 

 

「まだどこもやってない」 

 

「ウチが最初!」

 

 

が殺し文句になるけれど、

 

 

これが

 

月星座山羊座の編集長だったら

 

 

「ハーバード大の教授が

 

 提唱してることなんですが・・・」

 

 

みたいなのが

 

キラーフレーズになるでしょう。

 

 

 

「何に価値をおいているか」

 

に関しては

 

仕事もプライベートも同じ。

 

 

「そこは外せない」

 

という感覚は

 

ある種、本能的なものなので、

 

 

そこに

 

仕事とプライベートの差は

 

生じないのです。

 

 

 

だからこそ、月星座。

 

 

仕事面でも、

 

相手の月星座を知っておくと

 

ほんと、ラクですよ。

 

 

仕事がすごーく 

 

やりやすくなります。

 

 

 

月星座はズバリ、

 

人間関係の潤滑油

 

 

相手が

 

●求めるもの

●価値をおくもの、

●心地よいと思うもの

 

 

これを

 

こちらが満たしてあげれば、

 

どんな人間関係も

 

うまくいって当たり前ですね(^^)

 

※編集注

月星座をもっと詳しくお知りになりたい方は、

こちらの書籍をご覧ください。

月星座参考書籍1:自分の「引き寄せ力」を知りたいあなたへ

月星座参考書籍2:お金の「引き寄せ力」を知りたいあなたへ

 

 

というわけで、

 

「月星座でステージ別に彼を夢中にさせる!」

 

という特集ページ、

 

 

恋愛以外の人間関係にも

 

ぜひ応用してみてくださいね。

 

 

67ページから載ってます♪

 

↓ ↓ ↓ ↓

 

Amazonでのご購入はこちら

 

 

 

4月19日のブログもご参考にどうぞ。

 

 

 

さて。

 

 

昨日のブログにも書きましたが

 

今年のキープラネットのひとつが

 

「火星」。

 

 

 

火星って

 

木星や土星なんかに比べると

 

いまいち存在感が薄いというか

 

 

そもそも

 

「火星パワーって必要なわけ?」

 

と思う方も

 

きっといらっしゃると思うのね。

 

 

が、しかし。

 

 

私個人的には

 

火星をかなり重視してます。

 

 

 

それが証拠に、

 

私のこれまでのブログを

 

チェックしてみて。

 

 

火星について私、

 

けっこう書いてますから。

 

 

ちなみに

 

私が火星を重視してる

 

理由は二つ。

 

 

①あらゆる運が加速すること

 

男性との縁が増えること(笑)

 

 

 

この2つはズバリ、

 

火星の力なんですよ。

 

 

 

月 や 木星 ももちろん、

 

運を加速させたり

 

異性とのご縁を作ってくれたりは

 

するのだけれど、

 

 

そこに火星のパワーも

 

取り入れることができたら、

 

さらに強力!

 

 

それが火星の

 

「専門分野」ですから。

 

 

 

とはいえ。

 

 

火星のパワーって

 

取り入れにくいのが難点。

 

 

なので 

 

 

今年のように、

 

「取り入やすいタイミング」

 

を狙うのがいいでしょう。

 

 

 

今年は

 

火星パワーを

 

思いっきりいただけるとき。

 

 

火星と仲良くなれる年です。

 

 

なんたって、

 

地球に接近するの、

 

15年ぶりですからね~

 

 

 

とくに

 

「男性とご縁がなくて・・・」

 

という方は、

 

このチャンスをお見逃しなく。

 

 

 

6月14日の双子座新月では

 

火星・金星がオポジション(180度)。

 

 

そこに

 

「ご縁をつなぐ」

 

ドラゴンヘッド・ドラゴンテイルが

 

ぴったりコンジャンクション(0度)。

 

 

この新月から

 

火星がじわじわ本領発揮し始めるので、

 

 

出会うべき人」との出会いが

 

ようやく訪れる暗示アリ☆

 

 

 

この新月には

 

天王星も絡んでるので

 

「出会いは唐突にやってくる」

 

パターンでしょうね。

 

 

※6.14 双子座新月を動画で解説

 

 

 

いまご案内中の

 

双子座新月のジュエリーでは

 

 

双子座新月・射手座満月の波動に

 

火星・金星のアチューンメントもプラスして

 

みなさんの元にお届けしますよ。

 

 

 

運命の出逢いに関しては

 

あなたの月星座でわかる  

 Keiko的 愛と美の引き寄せBOOK

 

もぜひ、ご参考に☆

 

 

+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*―+*゚ 

 

宝石赤あわせて読みたい オススメ&関連記事 宝石赤

恋の矢 火星が引き寄せる「時空を超えた出逢い」

恋の矢 男と女は「月星座」で結ばれる

恋の矢 収入革命と共に「愛と美の革命」がやってくる!

恋の矢 3月21日は宇宙元旦~「2018年のスタート日」

 

+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*―+*

 

Keiko公式サイト

K's Selectionからのお知らせ】

 

 

今回Keikoがプロデュースしたのは

 

運命の愛を引き寄せるジュエリー。

 

6月14日の双子座新月は、

 

女性を示す金星と

 

男性を示す火星が

 

向かいあうという非常に珍しい配置が生まれます。

 

そこに、天王星のパワーも加わるため

 

あなたの恋愛観、男性観すらも一変してしまうほどの

 

運命の愛に出逢える可能性が大きいのです。

 

 

今回のジュエリーは、

 

双子座の支配部位「手元」を魅力的に演出し

 

双子座新月のエネルギーを引き寄せるため

 

「ブレスレットとリングのセット」

「ムーン・チャーム」

 

のラインナップ。

 

 

恋愛ムード満点の宇宙が用意している

 

運命の出逢いをあなたのもとに引き寄せてください♪

 

本日5月18日(金)8:00~ご予約受付中です。

 

 

詳細はこちら

 

 

+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*。゚*+―+*゚。*―+*

 

ivoce_banner

--------------------------------------------

Copyright Keiko All Rights Reserved.
すべての文章は著作権法により保護されています。

※ ブログ、メルマガ、Twitter、facebookなどメディアへの引用、転載は可能ですが、

  引用元を明記の上

  http://ameblo.jp/hikiyose358
  へのリンクをお願いいたします。
  なお、商用サイトへの転載、引用は不可となっておりますのでご了承くださいませ。

 

 

月星座は人間関係の「潤滑油」
月星座は人間関係の「潤滑油」
占星術師keiko

-占星術師keiko
-, , , , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2020 All Rights Reserved.