運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

奥平 亜美衣(Amy)

山登りと川下り

投稿日:

奥平 亜美衣(Amy) 

以前、アファメーションについて書きましたが、(こちら↓)アファメーションについて : 奥平亜美衣 公式ブログこれまで、アファメーションなどの、願いを叶えるテクニックについて、ほとんど書いたこともすすめたこともないと思いますが、どうしてかということを今日は詳しく書いていきたいと思います。これ、初期のころに書いていた図をちょっと進化させたものですが、自分と同じものlineblog.meアファメーションやイメージングなどで、思考でつくりあげた望みを潜在意識まで浸透させ、願望を達成する方法は、下の図の矢印で言う上方向の引き寄せです。山登り型です。目標を決めて、行動して頑張って達成するというのも、これですね。上方向でも、思考を本心まで昇華させることができれば望みは叶うのですが、上方向の引き寄せは多くの人にとって難しいのです。なぜなら、願いを叶えるためのメソッドというのは、それをすることで「今、願いが叶っていない」という波動を出してしまうことが多いため。願いが叶う波動というのは、「楽しい」だったり、「リラックス」だったりという波動ですが、よし、アファメーションして何としてでも叶えてやるぞ!というときの波動ってそれとは隔たっていますよね。イメージングして、ただにやにやうっとりして、いい波動が出ている状態ならいいですし、アファメーションやイメージングそのものが楽しい!願いが叶っても叶わなくても、それ自体が楽しい!という場合、また、それをすることで叶う確信がある場合は有効ですが、そうでない場合、なかなか叶いません。願いが叶うかどうかは、メソッドをやるかどうかではなくて、あくまで自分の本心と波動の状態にかかっています。また、以前も書きましたが、思考からの引き寄せは、叶ったとしても、幸せを感じるとは限りません。魂の望みと自分が発した望みが違っていれば、どんなに成功しても願いが叶っても幸せとは無関係だからです。アファメーションするとしたら、「引き寄せの教科書」でもご紹介している・◯◯になったら嬉しいなあ・◯◯だったら幸せだなあと、感情を伴う形がやはりおすすめです。それだったら、確実に嬉しさや幸せを引き寄せますので。そして、真面目にやるのではなく、軽く、楽しく、遊びながらやってくださいね。復刻改訂版 「引き寄せ」の教科書 (スピリチュアルの教科書シリーズ)復刻改訂版 「引き寄せ」の教科書 (スピリチュアルの教科書シリーズ)www.amazon.co.jp一方、下方向の引寄せは、本当の自分とつながり、魂からの望みをキャッチしてそれを叶えていく引寄せです。いわゆる川下り。エイブラハムが言う、ソースに繋がって川下りするんだ、と言っているのもこれですね。ただ、エイブラハムは、願望のロケットを打ち上げる、とも言っているので、そこは上方向なんですが。エイブラハムは、願いを放ったらあとは波動に集中、という、ミックス型といってもいいかもしれません。結果、その願いそのものが叶うこともあれば、願い以上のことが起きたりしますし、あなたにとって必ず幸せなことを引き寄せます。同じ「引き寄せ」という言葉を使っていても、山登り型と川下り型のふた通りあって、どっちを言っているのかをはっきりさせなければ混乱することもあるかもしれません。ある人は、願望を叶えるのに目標をしっかり定続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:山登りと川下り
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-奥平 亜美衣(Amy)
-, , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2020 All Rights Reserved.