運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

女装家 クノタチホ

エゴ(男性性)とソウル(女性性)は螺旋状に共に成長していく

更新日:

ブログ名:スピ系女装家 クノタチホ 様

皆さんは、自分の考えを人に主張したり、自分のやりたい事を主張したりする事に罪悪感を感じた事はありませんか?

 

また、自分の主体性を強くもって周りに左右されずに行動している人に対して憧れる反面、嫌悪感を抱いた事はありませんか?

 

女装を始めようと思う一年前ぐらいのアタシはそんな感情に悩まされていました。

 

周りの事を思いやる、周りの事を気にかける事はとても大切なのですが、

周りに目をやり過ぎると、肝心の自分が置いてけぼりで、どんどん言いようの無い閉塞感が自分を襲ってきます

 

自分という視点

他人という視点

 

バランスよくエネルギーを与えていって重なった時、重なった部分にアタシは繋がりや共感を感じられ、エゴ(男性性)を満たすのとは違う充足感を得られるのだとアタシは思います

 

 

でもエゴ(男性性)を満たし始めたら、ずっとそれの中毒になったかのようにそれを繰り返し、周りに迷惑をかけてまでそれを繰り返す人がいます

 

 

その時に周りにいた人間が受けた、迷惑や嫌な感情は、その時の嫌な影響以上に、相手に自分の主体性をもつ事に罪悪感を与える事になるのです

 

 

アタシも実際ある特定のエゴ(男性性)の強い人間との関わりのせいで、自分のエゴ(男性性)をうまく表面に出す事を躊躇ってしまうという時期がありました

 

 

このエゴ(男性性)を優先するのか、ソウル(女性性)を優先するのかという事はずっとアタシを悩ませてきました

 

 

心のどこかでは、そのエゴも必要であると理解し言い聞かせようとしても嫌悪感や罪悪感が湧き上がるそんな辛い時期がアタシにはありました

 

 

エゴ(男性性)とソウル(女性性)は螺旋状に共に成長していく

そんな事をある本の受け売りですが頭の中にずっと理想の信念としてはあったのですが、知識のレベルであるのと経験や身体感覚で理解しているのとはまるで違うということを痛感していました

 

それほどまでに当時のアタシはそのバランスを崩していました

起きた現象は激太りと全身のアレルギーです

 

自分の中での不調和は人によっていろんなカタチで表面化します

精神疾患

アレルギー

過食

拒食

原因不明の難病

 

アタシは自己の精神バランスが崩れた時に過食症になり激太りします

このエゴ(男性性)とソウル(女性性)のバランスが整いだすと自然と痩せていきます

 

人生だ30キロ以上の増減を2回経験してしています

幼少期~15歳(デブ)

16歳~21歳(スリム)

22歳~31歳(デブ)

31歳~現在(スリム)

不思議と間の状態がありません

体重をグラフにすると凄いとおもいます

そう思って振り返ってみるとアタシは女装する前から

『まるで別人だね』と言われる事には慣れていたのかも知れません

 

アタシは心の状態が体重や体系という現象で現れます

それは子供の頃のコンプレックスが太っていた事にあるからかも知れません

 

アタシのエゴ(男性性)に対する嫌悪感はどこからきているのか??

それはもちろん過去の体験や経験からです

BLOGでも紹介してきたように生まれた家、父親、母親、兄弟姉妹、祖父母といった幼少期に関わった価値観が大きく影響しているでしょう。

 

エゴ(男性性)ソウル(女性性)は繋がりを持ってエゴ(男性性)なのかソウル(女性性)なのか区別がなくなる時がやってきます

 

自分の考えを人に主張したり、自分のやりたい事を主張したりする事に罪悪感を感じている人がいるとすればまずは、

自分の大好きな事で人を喜ばしながらいろんな事を実現している人を見つけましょう

 

自己犠牲の人物を無意識にモデルにするとあなたは苦しんでいます。

自己中心的な人物に嫌悪感があるのでその人をモデルにする事はあなたの価値観には合わないでしょう

 

だから両立している人をまずは探してください。

このBLOGに辿り着かれたあなたなら必ず周りにそのモデルになる人物がいるはずです。

 

その人との関わりがあなたの人生のバランスの変化の第一歩かも知れません♡

エゴ(男性性)とソウル(女性性)は螺旋状に共に成長していく
エゴ(男性性)とソウル(女性性)は螺旋状に共に成長していく
スピ系女装家 クノタチホ

-女装家 クノタチホ
-, , , , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2020 All Rights Reserved.