運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

女装家 クノタチホ

壮絶な生い立ちの人生でも【自分らしさ】を諦めない決意を感じる読書感想文を頂きました、

投稿日:

スピ系女装家 クノタチホ 

『100人の男女とSEXをしたバイセクシャルの女装家セラピストが伝える異性を100倍幸せにするスピリチャルSEXの秘密に』お越し頂きありがとうございます。

 

☆はじめましての方はこちらから

このブログの取説と自己紹介


大好評自分カレシとの恋愛で自愛を高める

一人恋愛メソッドについてはこちら

一人恋愛メソッド公式BLOG


恋愛やSEXに対してより『わかりやすい』情報をお求めの方はコチラのブログを

クノタチホの【恋学】×【性学】研究室


クノタチホのブログが本になりました

『男の選び方大全』出版社kadokawa


男の選び方大全

男の選び方大全

1,595円
Amazon

皆さん、こんにちわ。

愛のあるSEXが地球を救う

クノタチホです(⌒▽⌒)

 

早速素敵な本の感想ブログを書いて頂いたのでご紹介します♡♡




書いて下さったのは

自分の存在に対する

壮絶な

無価値感

罪悪感

とトコトン向き合ってこられたひよりんさん。

父親からの性的虐待を受けていた

という壮絶な生い立ちの中で失ってしまったひよりんさんはアタシの本からどんな事を受け取ってくださったのでしょうか??

【以下引用】
私は、父から性的な悪戯を受けました

私は、母からそれに対する嫉妬も感じてました
女としての、母からの嫉妬が
母が向けた私への包丁が、
わたしは.なによりもひどくこわかった
ここには、いられない…そう肌で感じた



そして、当時の彼氏に助けてもらった
でも…助かってしまった。

そう私は、思ったみたいでした。
助けを呼んだのは私なのに、助かってしまった。

生きてることへの、罪悪感。
死への羨望。生きたい!と死にたい!の葛藤。
死んだら、楽になれるのかな。そう潜在的に思ってたしそうなんだろうな、とも思ってた。


私の存在は、人を狂わすんだ
私なんて、生まれてこなきゃ良かった
私がいなくなれば、うまくいく
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい

罪悪感の塊で、無価値感から派生した、虚無感、寂しさ、自責etc

私の人生は、無価値がテーマだった


それは、わたしが本当は
自分らしく、生きたい人だから
だれでもそうだろうけどね!←

えぐえぐしながら、こないだ買った
クノタチホさんの本を無意識にめくってた

わたしは、ずっと
自分自身とつながりたかった
わたしは、ずっと
愛されていた
わたしは、ずっと
わたしに尊厳も愛も…なかった

セックスに依存してた頃、
ずっと彼氏への言い訳は寂しいでした
むしろ、寂しいしか出てこなかった

なんでしてるのか
なんでしてしまうのか
わからなかったんです

自分と、繋がれてない
さみしさだったのかな。

だって、いつも
罪悪感にまみれながら
こんなの!わたしじゃない!
そう、その時の自分を否定して
泣いてたからそしてたくさんごめんなさいと言っていた。

わたしじゃなかったよ、本当に。
わたしじゃないけど、わたしだった
そうしないと、保てなかった
そうしてないと、不安だった
そうしてないと、壊れそうだった

わたしの中で、わたしの呪縛は続いてた。

私の存在は人を狂わせる。

本当に、狂わせた。

離婚の時、人はこんなに変わるんだ、そう思ったから。
そしてますます人が怖くなったチーン
加速する人間不信よ…。


チホさんに以前相談させてもらった頃はまだ、ボロボロで
1人で、過去と向き合い続け親とも向き合い
今、やっと、癒していける第一歩を掴んだんだと
思えました。

男の選び方大全 男の選び方大全

1,595円
Amazon

クノタチホさんの本には、
男性のタイプ診断みたいな項目と
愛についておしゃべりっていう項目に分かれてます。

読み進めていて、
いろんな男の人がいるんだなあと思うと同時に
いろんな恋愛があるんだなあと世界が広がりそうな感覚と、私にとっては
愛についてのおしゃべりのお話

が、とても響きました。


父親に、私のこと、愛してた?と聞いた時
愛そうとした。
と返ってきて絶望感に駆られたこと。

父親に、我慢していた自分の思いをぶつけた時
思いの外、父親がすごく低姿勢で父親自身のことを否定しまくっていたこと。

それを見て、わたしは、わたしよりも自己否定してる父親に、怒りと、まだそこなのか!という悲しみと、そんな風にされたら、許すしかないじゃないか…。そんな感情を抱いたこと

結局、こどもは、親が好きなんだ。
嫌おうとしても、嫌えなくて。
好きなんて、言えなくて。言えるほど
好きって言えるほど、知らないし
でも、嫌えない。嫌うことも好きになることも
出来なくて、憎むのかもしれない。

わたしという存在が、親を揺さぶっている。

どこか、復讐感あふれる文章だけど
わたしは、そこに愛を感じてたのかもしれない

人生で、わたしが主役なんて、思ってなかった

クノタチホさんの本もブログも、
人生を、自分を、取り戻そう!

そんな、エネルギーをわたしは強く感じました
バイセクだからこその、両方の性について
よく見てよく感じて、発信してくださってます

愛というのは、自分自身だ。
一文に、惹かれ、眩しく感じて。


どこかで、自分を怖がるわたしもいて。

でも、もう…戻れないんだな、と

昔のわたしには戻れない

奴隷のわたしには、戻れない、戻りたくない

こんなにも、こんなに、こんな自分を

もう、我慢させたくはない。

わたしにとって、自分へ、主導権を持っていく

その引導を渡されたような、本でした。

ありがとうございます♡♡

ひよりんさん。

愛にうるさいお節介なオカマです。
って本にも自分の事を書いたのですが
つまりそれは
皆さんが自分らしく在るためにお節介を焼くのが大好きなウザいオカマなんです。

オカマのくせに熱血なんです💓

こんな顔してる事多いです www


もう令和2年なのに色褪せないウザさ。

いっぱい熱い想いを込めた本がこんな風に受け取って貰ってる事に毎日感動しています😭


まだ買っていない方は是非本屋さんに。

一昨日キャンペーン告知したのですが嬉しいか悲しいかamazonが在庫切れの状態だったので出版社さんからamazonに本が届いてから告知し直します♡♡

引き続き皆さんの素敵な感想をお待ちしております♡♡

掲載元:壮絶な生い立ちの人生でも【自分らしさ】を諦めない決意を感じる読書感想文を頂きました、
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-女装家 クノタチホ
-, , , , , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2020 All Rights Reserved.