運気・波動・チャクラ・霊魂~スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~

女装家 クノタチホ

挿入の手前で 「これ以上はやめよう」と言われてしまう理由

投稿日:

スピ系女装家 クノタチホ 

『100人の男女とSEXをしたバイセクシャルの女装家セラピストが伝える異性を100倍幸せにするスピリチャルSEXの秘密に』お越し頂きありがとうございます。

 

☆はじめましての方はこちらから

このブログの取説と自己紹介

 

 大好評自分カレシとの恋愛で自愛を高める

一人恋愛メソッドについてはこちら

一人恋愛メソッド公式BLOG


クノタチホのブログが本になりました

『男の選び方大全』出版社kadokawa

男の選び方大全

男の選び方大全

1,595円
Amazon

皆さん、こんにちわ。

愛のあるSEXが地球を救う

クノタチホです(⌒▽⌒)

 

このブログではSEXに対する皆さんお悩みや相談を中心にSEXに対してのクノタチホの見解や考えを発信しています。

 

そしてSEX以外は場面でも女性の中の男性に対するモヤモヤ『この男ってどうなん??』という疑問に対してもお応えしています。

 

彼氏

セフレ

不倫相手

友達以上恋人未満

夫婦

ビジネスパートナー

相手の男性と現状どんな関係でも結構です。

男性に対して『この男ってどうなん??』というご質問にお答えしています。


相談フォーマットに沿ってメールを頂けると嬉しいです♡

↓↓

 oimo3daisuki@gmail.com


今日のメールのご相談は


【以下引用】
はじめまして!

ちほさんのブログが大好きで読ませてもらっています!アドバイスいただきたくて連絡させてもらいました!

私 バツイチ
彼(S)独身

Sは仕事の場で出会った立場が上の年下男性。
バリバリに男性性で仕事をしている感じです。
大勢の中で数ヶ月に1度会うような関係でした。

私は今まで感じたことのない縁を感じ、彼と出会ってから本当はどう生きたいのか向き合う流れになり、離婚をしてその仕事からも離れることになりました。

Sはなんの気もないような態度でしたが、離婚をしたことを告げたとき誘われました。
でも私は性のブロックのようなものがあり、その時は会えず。

性のことを解放したいと思ったタイミングで人生初のセフレができ、自分でもビックリするくらい初めてセックスの良さを知る体験をしました。

ただ回数を重ねると体とは裏腹に心が泣くような感覚があり、そのタイミングでセフレに彼女ができて離れました。

それから1週間もせずSと初めて2人で会うことができました。
Sに気持ちを伝えると言葉では
関係をつくっていくことは無理
というような回答です。

でも行動はリスクがありながらも会うことを受け入れてくれる感じで、2度目に会えたときにセックスの流れになり、

Sも私も明らかに感じて体も反応してました。


でも、挿入の手前で
「これ以上はやめよう」

と言われてそこで終わりました。


悲しみや寂しさはあったけど、そんな中もっと自分を見てあげたいな、大切にしたいなって思いもでてきて今はSとより自分と向き合ったりやりたいことやる時間を作っている感じです。

この男もそうですが、この男が教えてくれている私との付き合い方についても、ちほさんのお話聞けたらなって思いました!
よろしくお願い致します!
(相談者Jさん)

よぉぉぉし

アドバイスするぞ♡♡


Jさんは
殺気を殺すように
ドーパミンの幸せに対する執着の念を殺す訓練をしよう。



ドーパミンの幸せに対する執着の念は

男の性欲に大きなブレーキをかけます。


挿入の手前で
「これ以上はやめよう」

男にその言葉を言わせてしまった事に今のJさんの課題が詰まっていると感じます。

2人ともカラダの相性は良かったと感じたのに最後までSEXが成立しなかった理由は恐らくJさんとSEXをする事に男性がリスクを感じたからです。

SEXに対して見返りを求められるリスクを男は無意識レベルで感じる生き物なんです。

この女と最後までSEXするのは危険だ

そう察知したのでしょう。

五感で今この瞬間を感じとるトレーニングをして下さい♡♡

頑張ってね♡♡

という事でこれからも

『この男どうなん!?』というご質問沢山お待ちしています(⌒▽⌒)
↓↓
oimo3daisuki@gmail.com

『男の選び方大全』

まだ買ってない人は是非読んで下さいね♡♡

掲載元:挿入の手前で 「これ以上はやめよう」と言われてしまう理由
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。

-女装家 クノタチホ
-, , , , , , , ,

Copyright© スピルゲート~ミエナイチカラの入り口~ , 2021 All Rights Reserved.