スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

奴隷から偉人になった男性のお話

宇咲 愛(Ai Usaki) 

やっぱりそうよね!人間ってそうなんですよね〜ちょっと納得の記事に出逢いましたのでシェアいたします奴隷から偉人になった男性のお話です〜FROM ボブ・バーグ私が好きなアメリカンヒーローの逸話の中に、黒人奴隷でありながら偉大な教育者として大成したブッカー・T・ワシントンの話がある。ブッカー・ワシントンはラフナーという女性が自分の人生を変えてくれたとのちに語っている。そのラフナーとは当時彼の雇い主だった。あるとき、雇い主であるラフナーは彼の仕事に対してある注文をつけた。それは「床を掃除するときは、一点の汚れもないようにいつも完璧にすること」というものだった。ブッカーは当初この要求に辟易したが、後にその重要性を理解し、受け入れるようになった。そして、この「掃き掃除を完璧にする」ことが、のち彼の人生に大きく影響を与えることになる。掃き掃除が人生を変えた?幼いころのブッカーは、現在のハンプトン大学に籍を置くという夢を持っていた。そんな彼は、あてもお金もないまま長旅に出て、何とかハンプトン大学に辿り着く。しかし、受けられる席数はすでに満席になっており、彼は入学できないことを知らされる。しかし、そこで彼はなんとそのハンプトン大学で臨時の仕事を得ることができた。それが「教室の掃除」だった。この掃除を一人で完璧にこなしたことから周囲がすっかり感心し、なんと彼は大学入学につながるチャンスを得ることができた。その後、彼は25歳の若さで、アラバマ州のタスキーギに設立された職業訓練校の校長となった。そして、後年彼は、自分の成功の鍵が「掃き掃除を完璧にする」ことにあったと語っている。まさに、ラフナーの存在とその助言があってこそだ。もしも彼女続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

掲載元:奴隷から偉人になった男性のお話
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。