スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

クンダリーニ上昇と進化のエネルギー

愛知ソニア プロフィール ブログ ピグの部屋 

 

 

 現在、人類の意識の進化は、これまでにないレベルに到達しています。その進化のメカニズムを考察する際に、私たちの身体の神秘的な力であるクンダリーニを見過ごすことはできません。クンダリーニはまだ覚醒度合いが低いため自覚はまだないかもしれませんが、それが人類全体の進化として稼働し始めていると感じられます。さらに、クンダリーニの影響により、不安定または異常な精神状態や、未解明の身体的な問題を抱えている人々も増えていると考えられます。人類の意識拡大のプロセスは、その最終段階とも言える難易度の高い局面に立っているのは間違いありません。

 さて、私自身とクンダリーニの関わりについて言えば、私がヨガを本格的に学び始めてから約6年が経った32歳の時に、最初の体験がありました。突然、今まで経験したことのない強烈な意識変化の状態に陥ったのです。その体験が、今もなお私に深い影響を与えていることをあるとき理解するようになりました。その経験はただの幻覚であると思うには、強烈過ぎました。それ以降、私の自己は大きく変化したと言っても過言ではありません。そして、それから現在まで、小規模ではありますが、同じような体験が時折、私の内側で起こり、繰り返されていることにあるとき気づいたのです。

 

 特に理由がないのに、体が燃えるような感覚を長年頻繁に感じています。これが夜中に起きると、創造的な思考が次から次へと驚くほどの速度で浮かんできます。さらに、冷水に5分程度浸かっていると、背筋を走る言葉では表現できない心地よいエネルギーを感じ、視界が明るくなり、周囲の音が通常よりも数倍大きく聞こえるような聴覚の変化と共に、数分間だけ超意識状態になることがあります。私は、これらの体験が全て、私の体内で起こっているクンダリーニの上昇と関連しているのではないかと、最近になって考えるようになりました。

 クンダリーニを強烈に体験したのは32歳の時で、その時期私はヨガと瞑想に没頭していました。ヨガは1日2回、朝と夕方に行い、座禅も週に3、4回実践していました。そんなある日、全く注意力を集中させることができず、どんなことをしても心が落ち着かない状態になったのです。また、身体に満ちているエネルギーをどう扱えば良いのか分からず、家中をうろついていました。その状態が続いたのは1週間ほどだったと記憶しています。そしてある時、それが私を壮絶な体験へと導いたのです。

 

 その夜、ヨガのレッスンを受けに先生の自宅へ行く予定でしたが、私の心の落ち着きのなさはそのままで、とうてい無理だと感じました。そこで先生に電話をかけ、自分の状態を説明したところ、先生は「今日は来る必要はないので、家で瞑想をするように」とアドバイスしてくれました。

 

 子供たちを寝かせ、家事を終えた後、夜10時頃、白いふすまの前で結跏趺坐の姿勢で座禅を始めました。最初の30分間は、呼吸にだけ意識を集中させ、心を落ち着かせることに努めました。

 そいしているうちに突然、突如として下半身から上へ向かって、身体がコンクリートのように硬くなり始め、まったく動けなくなる体験をしました。呼吸も次第に弱まり、胸部まで固まった頃には、驚くべきことに、私は全く呼吸をしていないことに気づきました。それまで一度も経験したことのない、異常な事態が起こっていることを認識しました。一瞬、不安がよぎりましたが、身動きが全く取れない状況だったので、ただ内観を続けるしかありませんでした。足先から頭の先までが固まるまでそれほど時間はかからず、一時は自分がもしかして死んでしまったのではないかとさえ思いました。

 そう思った瞬間、尾骶骨周辺から特異な感覚が走りました。尾骶骨辺りで何かが回転するような動きがあって、そのエネルギーが背骨を伝って上昇する感覚がはっきりと確認できました。私は一瞬で「これが伝説のクンダリーニだ!」と確信しました。当時の私がクンダリーニについてほとんど何も知らなかったにも関わらず、それは間違いないと直感的に理解できました。それは微妙なものではなく、強烈なエネルギーの流れでした。その流れを自覚した瞬間から、エネルギーは止めどなく背骨を伝って上昇し始めました。仙骨から背骨を経由して脳まで上昇する精気の流れが、私の体を満たしていきました。そしてやがて、光の一筋が脊髄を通り、頭頂まで達するのを感じました。

 まさにその瞬間、半開きの目がふすまを見つめる視野が驚くほど拡がり、自分の背後まで360度見渡せるようになりました。同時に、視界の明るさが一気に増し、それは通常の私が世界を見ている明度が比べ物にならないほど暗かったという現実を、私に痛感させました。

 視覚についてさらに驚異的だったのは、目の前に揺らぎながら燃え上がる陽炎がふすまに映っていたという事実でした。それはまるで不動明王の背後に描かれる炎の躍動のようでした。『これはもしかして、燃えているのは自分自身なのか?』と一瞬思った瞬間、それほどの短い単純思考で思考の連鎖が途絶え、思考が停止したかのような感覚に襲われました。その状態がしばらく続くと、自身と周囲の世界の境界線が消え去り、自分が世界と同一であると感じることができました。

 私が微動だにせず座禅を組む姿から、さざ波が広がるかの如く無数の光の輪が放出されていました。それはまるで光の分子が目に映るかのようで、各分子が淡く蛍光色の虹色の光を先端に纏い、私と周囲のあらゆる物体の境界が消えたパターンの視界が広がっていました。その状態では、私の脳の視覚中枢が、きわめて微細な光明分子を網膜や視覚神経を経由せずに直接捉えていたと推察できます

 この過程により、私という存在、すなわち自我は肉体から解き放たれ、俗に言う「法悦」の状態へと至りました。身体的な感覚が消え去り、まるで空中に浮遊しているかのような体験をしました。息すら止まり、身体が動かなくなった私は、法悦の領域へと深く浸り、再び自身が死んでしまったのかという思考が頭をよぎりました。しかしながら、その瞬間、その考えは些細なことであり、これまでの私の人生はこの状態に至るために存在していたとすら感じました。生きているか死んでいるかは無関係で、ただ単に至福に満ち、至高の意識と同一化した存在である自分がそこにいたのでした。そうした状況下で、耳に響く言葉では表せない天使の音楽のような響きや、感じ取ることができる光の輝きは、私が錯覚しているとは考えられないほど強烈で鮮烈でした。決して夢ではなく、自分が作り出した妄想でもなかったと、私は今でも確信しています。

 思考が完全に静止した状態となる直前には、その時点までの人生のあらゆる疑問や悩みがひとかけらもなく、一切から解放された格別なすがすがしさに包まれました。それと同時に至福の光で私の頭は満たされ、なんとも表現しようのない歓喜に包まれました。

 このような状態は、夜明けまでの約6時間にわたって持続しました。太陽が昇る瞬間、体内から「パチン」という音が鳴り響き、まるで電源が抜けたかのように身体の硬直が解け、私はその場に崩れ落ちました。その後、私の意識と生活は徐々に通常のものへと戻っていきましたが、その神秘的な体験から数日間、時間が逆転したかのような鮮明な予知能力が続きました。例えば、誰かが電話をかけてくる数分前に、誰からの電話で何を話すのかが、はっきりと全て理解できてしまうのです。

 しかし、一度あのような境地を体験すると、再びその状態に戻りたいと思うのは自然のことです。私は何度も瞑想に挑戦しましたが、そのような下心を持って座禅を組むと、逆に効果が薄れることが明らかでした。それでも、再度呼吸法に集中して座禅を試みました。そして、少なくとも身体が硬直する程度までは意図的に到達することが可能でした。それでも、あの時のような強烈な精気の流れを全く感じ取ることはできませんでした。

 そんな中、偶然にもクンダリーニについて述べられている書籍を手に入れることができました。それはダンテス・ダイジという名の座禅の老師によって書かれたもので、最後には電話番号が記載されていました。本を一読した後、私はその番号に電話をかけてみました。驚くべきことに、受話器を取ったのは著者本人でした。私が何も言わないうちから、「座布が低すぎて、エネルギーの流れが止まってしまうのだ」と彼は助言をくれ、その一言を残して電話を切ってしまいました。信じられないことですが、クンダリーニを覚醒させた人物だけあって、彼の透視力を強烈に感じました。もっと彼に聞きたいことがあったため、その後も何度か電話をかけましたが、彼はそれには応じてくれませんでした

 何の予知もなく、何の準備もせず、私は固く封じられていた古代の秘密の鍵を解除してしまったのです。それにより、人間の内部に眠っている壮絶な力が突如として解き放たれる体験をしたのです。

 『クンダリーニとは、生殖器より少し下がった尾骶骨のまわりに蛇のようにどくろを巻いている休眠状態の宇宙生命エネルギーである。その蛇の口にあたるところが、スシュムナー管(脊髄にそって頭頂の意識中枢までのびている毛髪様の導管)といわれ、普段の状態で開口部はふさがれている。クンダリーニが目覚めると、スシュムナー管を頭頂に向かってシャクティ(女王)が昇り、神経組織全体が影響を受け、重大な変化が起こる。つまり、はるかに広範な神経細胞群がいっせいに活性化し、体内のより大きな拡がりをもつ部位から抽出されるプラーナ放出成分が、濃縮された形で脳に流入するようになる。最終点で身体の第七生命エネルギーセンター(クラウンチャクラ)に住するシヴァ神とシャクティ(女王)は合一するといわれている。その際に身体の生命機能は全面的、もしくは部分的に停止するので、しばらく身体が冷たく死んだようになるといわれている。』と、クンダリーニの説明には書かれています。

 クンダリーニは、私のように急激に活性化する場合もありますが、徐々に穏やかに覚醒する場合もあります。後者のケースの方が実際には多いようです。それぞれの人の気質、体格、成長度合いなどによって、その深度と影響は異なります。霊的能力、チャネリング、透視力、予知能力などのいわゆる超能力や、非凡な創造性なども、すべて覚醒したクンダリーニの働きと言えるでしょう。そして、今回クンダリーニについて語る理由は、現在アセンションプロセスにある私たちの身体と意識をクンダリーニの覚醒という視点から捉えることで、より具体的な理解が得られるのではないかと考えたからです。

 シャクティが断続的に活性化する人間の例は数多く存在します。クンダリーニが早い段階で覚醒し、幼少期から超越的なビジョンを見たり、時折法悦の状態に入ったりする人々もいますが、これらの状態は一時的で、やがて通常の意識に戻るというケースが、世界各地の神秘家や聖人たちの中に多く見受けられます。これは幼少期から自然に起こる現象であり、必ずしもヨガの修行や瞑想などの精神訓練によって導かれるわけではないのです。それでもなお、クンダリーニの覚醒に伴って起こる様々な徴候を詳述した書物は極めて少ないと言えます。

 クンダリーニが突然覚醒すると、困難な精神的症状が頻発する可能性があります。時には精神的に不安定になり、人生が混乱する危険さえ孕んでいます。理由なく不安定になり、イライラすることも、これはクンダリーニの覚醒に関係しているかもしれません。しかし、クンダリーニが適切に覚醒し上昇すると、超人的とも言える驚異的な能力と卓越した意識へと繋がることが可能となります。この微妙なバランスが、まさに一枚の紙のように薄いと言えます。

 このクンダリーニのパワーについて、古代インドの哲学を基にそのメカニズムを更に探求してみることにしましょう。

 プラーナと呼ばれる宇宙からのエネルギーが流れる経路を「ナディ」と言います。ナディは体内に約72,000本存在し、その中でもクンダリーニ覚醒に重要とされるのはスシュムナ、イダ、ピンガラという3本のナディ(管)です。スシュムナ管は脊髄の末端から頭頂部へと伸び、イダ管とピンガラ管はそれに巻き付くようならせん状に延びています。この3本が交差する位置にはアジナチャクラ(第三の目)が存在します。イダ管は仙骨の左側から始まり左鼻腔まで続いており、右脳に影響を与えます。これは女性や月のエネルギーを象徴し、身体や精神を浄化し栄養を供給すると言われています。一方、ピンガラ管は仙骨の右側から始まり、右鼻腔で終わり、左脳に作用します。これは男性や太陽のエネルギーを象徴し、身体を強化しエネルギーを与えるとされています。

 ムーラダーラチャクラ(仙骨部)に眠るシャクティ(女性エネルギー、生命力を象徴)がスシュムナ管を通じてアジナチャクラに存在するシヴァ(男性エネルギー、智慧を象徴)のもとへと移動し、一体となってサハスララチャクラ(頭頂部)から宇宙へと解放されるとされています。シヴァとシャクティの統合は、すなわち解脱、すなわち覚醒の状態を意味します。

 クンダリーニがスシュムナ管以外のナディ(管)を通じて誤って昇ると、精神的、物理的に極めて重大な混乱が生じる可能性があります。それは治療の見込みがない身体の障害や精神の混乱を引き起こし、場合によっては死に至ることさえ言われています。熱を制御する太陽のエネルギーチャネルであるピンガラを通じてクンダリーニが覚醒すると、外部から制御することができない身体内の熱を生み出し、最悪の場合、文字通り焼け死ぬこともあるとされています。私が32歳の時に体験した強烈なクンダリーニ覚醒は、左側の月のエネルギーチャネルであるイダを覚醒させたと思われ、身体を内部から焼き尽くすピンガラの熱効果を中和していたと考えられます。

 クンダリーニが覚醒した瞬間から死ぬまで、蛇の炎は絶えず燃え続け、それにより意識の変革が起こると古代インドの文献では述べられています。

 

 さて、クンダリーニと神経系とは密接な関係があります。現代病の一つとしてよく知られているのが自律神経失調症です。これは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって発生します。実は、古代インド医学では既にこのような症状についての知識があり、この二つの神経系をイダ管とピンガラ管に対応させていました。すなわち、イダ管は交感神経を、ピンガラ管は副交感神経を表していると解釈されています。自律神経失調症がクンダリーニと関連して発生しているのであれば、西洋医学のみの治療では十分な解決が困難であると思われます。

 

 ここで注目すべきは、医療の象徴とされる「カドゥケウスの杖」が、実はスシュムナ管を中心に左右に絡みつくイダ管とピンガラ管を表しているように思われることです。これはまさにクンダリーニエネルギーの象徴と言えます。私たち人類の進化とクンダリーニの上昇は、密接に関連しているのではないでしょうか。まずはこれら3つの管を心の中でイメージし、それがクンダリーニの活性化に寄与すると考えています。意外と簡単に、しかも安全に・・・

 

(2016年10月20日のブログ投稿をリライト)

 

————-

 

新月のエネルギー

 

7月のエネルギー

 

アカシック次元につながるための誘導瞑想

 

ワークショップのご案内

愛知ソニアの4日間アカシックレコードリーディングコース
2023年11月4日(土)5日(日),11日(土)12日(日)4日間共に9時~17時

 

これからのイベント情報

第3回AIアート2日間コースまだご応募間に合います。

開催日時:2023年9月23日(土)24日(日)10時~14時 1日4時間 計8時間 【録画視聴特典付】

 

 
 
目次

 

掲載元:クンダリーニ上昇と進化のエネルギー
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。