スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

今週末のイベントのお知らせ

愛知ソニア プロフィール ブログ ピグの部屋 

 

 私たちは、ほぼ4000メートルの高さにあるプママルカのレインボージャガーテンプルにいます。下には静かなペルーの農地が広がっています。私たち12人がセミサークルを描くように座り、シャーマンたちがコカの葉を噛みながらケチュア語で呪文を唱え、すべての儀式で使われる布と石から成る神聖なメサ祭壇を広げています。シャーマンの中には、インカの純粋な末裔である伝説のケロ族出身の者が5人います。彼らはアンデスの高地で文化を保持していますが、非常に貧しく(お金の経済がまったくない)、残っている約600人のメンバーは、スペインによって完全に破壊された高度な霊的帝国との世界で最後の生きたつながりを代表しています。夜が訪れる中、私たちは彼らが西洋人にシャーマニックな知識を象徴的な祝福(私たちの頭、胴、手足に触れる)を通じて直接伝える伝達式の準備が整うのを静かに待っています。

しかし、シャーマンの一人は、他の人たちのように背が低くて肌が黒く、典型的な鷲鼻ではありません。彼は背が高く、明らかに白人です。彼はこの類まれなる心と文化の出会いを実現した責任者です。彼は20年以上にわたりインカのシャーマニズムを研究し、死にゆく誇り高く美しい人々の部族とこの歴史的な接触を築きました。伝達式が始まり、ケロ族が私たち全員にメサを押し当てて祝福すると、彼も私たちに祝福を与えます。そして、前例のないことが起こります。ケロ族は白人男性に彼らを祝福するよう求めます!これは彼が彼らと同等であることを意味し、彼自身は謙虚な生徒だと考えています。彼は間違いなく、彼らが共有するものの重要な教えであり、このインカトレイルで私たちが非常に尊敬する教師でもあります。彼の名前は? アルベルト・ビヨルド博士であり、彼は人類学者、心理学者であり、魔法のようなインカの世界への重要な架け橋でもあります。

 

 ケロ族に会う前に、私たちはインカトレイルを通じて高いアンデスの風景を4日間ハイキングしました(地図参照)。これは伝説の都市マチュピチュに通じる古代の巡礼路です。ほとんどの訪問者はマチュピチュへバスで上がりますが、私たちは最高地点4200メートルから石の要塞へと下りました。そこで夜間(私たちのグループだけに特別な許可が与えられていたので月明かりの下で)シャーマニックな儀式を行った後、山の麓にある雑然とした町、つまり鉄道駅周辺の町へと下りました。そこで私はこの評判高く、非常にユーモアのある生徒/教師のシャーマニズムについて独占インタビューを行いました。良い教師は自分自身を生徒だと考えます!

 

 インカトレイルについて最初の質問をしたところ、近くの鶏がまるで答えるかのように大声で鳴き始め、質問を繰り返すと再び同じことをしました!アルベルトは「次の質問?」と冗談を言い、私たちグループ全員が大笑いしました。このようなシンクロニシティは私たちの旅行中によく起きたことでした。これは私たちが行っていたのは知的な作業ではなくシャーマニックなワークだったため、あまり真剣に考えないようにという合図だったのかもしれません。

しかし、次のインタビューでは、アルベルトが私たちのメディスンの旅に関わる強力なプロセスを理解するのに役立つ素晴らしいアドバイスをいくつか提供してくれました。これらのプロセスは、帰国後も私たちの人生で非常に活発に活動しています。

エハン: インカトレイルとはあなたにとって何ですか?

アルベルト: マチュピチュに通じる4つのトレイルがありますが、今はセレモニアルパートのトレイルのみがアクセス可能です。それは約60キロメートルの長さで、4つの部分に分かれています。これらはメディスンホイールの四方向を表しています。それらの間には3つのインカ寺院があります。

 

エハン: 最初の方向とは何を表していますか?

 

アルベルト: 南であり、そこでは蛇のワークに取り組みます。それは過去を脱ぎ捨てることに関係しており、蛇が皮を一気に脱ぐように、私たち西洋人のように少しずつではなく、一気に行います。この伝統では、過去を脱ぎ捨てるのはパワーの行為であり、愛の行為です。天と地に証人になってもらい、痛みを伴う要素だけでなく、喜びや素晴らしい要素も脱ぎ捨てます。12歳や35歳のときに起こったこと、私たちはそれを依存や趣味に変えてしまいました。ここでのテーマは、自己を形成する根底にある神話的構造を脱ぎ捨てることです。この構造は、女性を否定し、地球、魔法、神秘を否定する現代の神話によって形作られています。

 

エハン: しかし、人々は過去を脱ぎ捨てるのはそんなに簡単ではないと思います。何年もセラピーを受けて対処しようとしている人もいます!私は、トレイルを歩き、インカのシャーマニズムを使う私たちの方法が、心理的または治療的な方法と比べてどのように異なり、強力なのかを知りたいと思っています。

 

エハン: メディスンに従事する者は、4つの現実レベルでワークします:肉体次元または文字通り、象徴的なレベル、神話的なレベル、そしてエネルギー的(本質的)なレベルです。現代の世界では、私たちのすべてのプロセスは内心的(心の中だけで起こる)ですが、シャーマニズムでは、外心的(心の外で起こる)プロセスもあります。これらのプロセスを活用することができ、それらはあなたを求め、あなたと協力します!

 

エハン: 求めかけてくるものの例を挙げてください。

 

アルベルト: パチャママの精霊を呼び、アーキタイプ、生きている輝かしい存在と神話的な関与を持ちます。東ではドラゴンとして知られています。または、ジャガーを呼び、山を登るときにあなたを追いかけ、挑戦します。これが医療従事者を異ならせるものです。自然のアーキタイプ形式と対話する能力を持っています。

 

エハン: シャーマニズムについて知らないでこのエネルギーを呼び出した人に何が起こりますか?

 

アルベルト: それは逆効果をもたらし、身体的または感情的な病気を引き起こすかもしれません。マチュピチュで最も危険な人は、少しの知識を持って来る人です。ネイティブアメリカンのパワースポットでも同じです。ホピのキャニオンランドで、ある参加者が古い埋葬地から頭蓋骨を拾い、ハムレットの冗談を言い始めました。この健康な男性は2ヶ月後にリンパ癌になり、彼を元に戻すのに4年の治療が必要でした! 聖地は尊敬され、これらの場所で儀式を行うときに四方向を称えなければなりません。

 

エハン: それで、私たちは次元の扉を開いているのですね。

アルベルト: 扉、そうです。多くの人が物理的なインカトレイルを歩きますが、確かにそのエネルギーを感じることができますが、私たちはそのエネルギーの知識内容を求めています。私たちは古代の知識構造にアクセスし、それによって変容し、神秘と直面させられます。

 

エハン: 南からどこへ行きましたか?

 

アルベルト: ルンクラカイの円形の寺院に到着したとき、私たちは西の仕事、ジャガーの仕事に取り組みました。そこでは暴力を超え、怒りを超えることが求められます。それはまた、戦士のアーキタイプである恐れに直面することでもあります。しかし、私たちのモデルのシャーマニック戦士は、この世でも次の世でも敵を持たない者です。ジャガーの仕事は死を超えることです。

 

エハン: なぜその動物がジャガーなのですか?

 

アルベルト: クスコの都市は実際にはジャガーの形で建てられています。それは熱帯雨林の原初的なエネルギーを表し、世界間を跳び越える動物です。

 

エハン: 私が探していたイメージは、「世界を跳び越える」というものです!

 

アルベルト: 彼は一つの世界から次へと優雅に跳び越えることができます。私たちの課題は、恐れることなく、私たちがなりつつある人へと優雅に跳び越えることです。ジャガーはまた虹と関連しており、その背を渡って霊の世界へと進みます。

 

エハン: 私たちは各寺院から石を一つずつ持って次の寺院に置いてきました。それは何を象徴していますか?

 

アルベルト: インカの伝統ではそれをセカイズと呼びます。それは灌漑用水路を意味しますが、シャーマニックな意味では寺院を結ぶエネルギーラインです。石を運ぶことで、エネルギーが積み重なっていきます。私たちはマチュピチュに至るエネルギーパスを作り、それが私たちの仕事をエネルギーレベルで強化します。

 

エハン: その深いレベルで何ヶ月もインカトレイルを歩き続けることができますか?私たちの石がエネルギーを維持しているからですか?

 

アルベルト: 絶対にそうです!

 

エハン: 北の仕事について教えてください。

 

アルベルト: それは力を超える場所です。しかし、力を手放す前にまず力を持たなければなりません!力を体現するということは、自然があなたに応える世界を創造できるということを知ることです。シャーマンにとって、情報と知識は異なります。水がH2Oであると知ることは情報ですが、雨を降らせることができるということは知識です。私たちはサヤックマルカ寺院で北の仕事に取り組みました。そこで私たちは生命との異なる関係、よりシンクロニスティックな関係に入りました。それは通常の時間から聖なる時間へと変わることを意味し、輪のように回ります。北の仕事をすることで、今日何かが起こり、それが2ヶ月後に起こる何かによって引き起こされる状況に自分を見つけることができます。あなたは未来から運命を呼び出すことができます。時間のポータルを通って、あなたがなりつつある人を呼び出します。

 

エハン: 時間の認識が急速に変化し、時間が加速しているように見える今、北の仕事はさらに重要です。北を象徴する動物は何ですか?

 

アルベルト: ハチドリと(南米の)ドラゴンです。飛ぶ存在で、ナスカの平原で見ることができます。これは出現、変容の象徴です。北の教えには三つの鍵要素があります:1) 見えないこと—巨大な波紋を残さずに生きることです。この方法でシャーマンは力を超えることができます。2) 時間の習得—シンクロニシティに入ることで、あなたのビジョンと意図を整列させます。すると宇宙が積極的にあなたのために陰謀を企てます!3) 自分自身からも秘密を守ることです。

 

エハン: それはどういう意味ですか?

 

アルベルト: それを理解するのに長い時間がかかりましたが、まだ完全には理解していません!それは、時間の外に一歩踏み出し、自分の運命を味わうことができれば、起こることを知ることができるということです。あなたはその知識を自分自身からの秘密として保持しなければなりません。それがあなたの行動を台無しにしないようにするためです。

 

エハン: それは、あなたの人生の本の全ストーリーを知っているけれども、それをまだ書かなければならないようなものですか?

 

アルベルト: はい、まさにそうです。北の仕事では、私たちの種の集合的な記憶にアクセスし、古代の知識の本体が直接あなたに利用可能になります。石が教えてくれ、アプ(聖なる山の守護者)が教えてくれ、パチャママ(聖なる地球)が教えてくれ、星が教えてくれます。

 

エハン: 東の仕事はフユパタマルカ(雲の寺)で始まりましたが、この方向の象徴は何ですか?

 

アルベルト: コンドルです。北米ではイーグルです。マヤの伝統にはケツァルコアトル—羽毛のある蛇があります。これらはすべてビジョンの道を表しています。アンデスの一部の医療人やホピは、地球全体の可能性を想像するために評議会に座っています。彼らは時間の扉を通じて「未来」から最高の可能性を呼び出します。彼らは奇跡を起こす人々です。

 

エハン: 個々のレベルでのインカトレイルについてどうですか。それは私たち自身のビジョンを見つけ、それを共同のビジョンに接続することについてですか?

 

アルベルト: それは種(ビジョン)を植えることについてです—私たちはそれらを育てるかどうかを選ぶことができます。それらを育てることを選べば、アーキタイプ的なモチーフへの私たちのつながりが展開され続けます。あなたはビジョンに駆り立てられています。これは、異なって老化し、異なって治癒し、異なって死ぬ—あるいはまったく死なないかもしれない—新しい体を創造する機会を意味します。

 

エハン: この薬の輪における、私たちがなりつつあるこれらの新しい体とINKAとのつながりは何ですか?

 

アルベルト: INKAは「太陽の子」を意味します。それは自分の本質を輝かしい存在として認識する人です。私たちが植えた種は、究極的にはINKAになるための種です。彼らは私たちの種がすでに終わっていると信じています。進化する次の種はHOMO LUMINI—それがINKAです—輝かしい存在です。私たちは現在、私たちの通常の理解をはるかに超えた力によって影響を受けています。それらは私たちを内側から変容させます。自発的な変化が起こります。

 

エハン: 私たちのグループはこれからどのような変化を期待できますか?

 

アルベルト: あなた方のユーモアのセンスがもっと良くなるように!

 

魂の学校の16回目の放送でペルーについての詳しくお話させていただきます。

参加方法はこちらです: https://sovereign-souls.club

 

掲載元:今週末のイベントのお知らせ
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。