スピリチャル系ブログ、占い師系のブログ登録者募集中

不安が生まれたときは「前と今回は違う」と、まず分けて考えてみよう

旅するスピリチュアル・カウンセラー竹内ミカ 

深く傷ついた体験は、強烈に記憶に残ることがあります。

 

すると、それと似たようなことが起きるたびに、その時の自分へと心が戻ってしまうのです。

これは条件反射的に起きるので、気が付いたときには反応が起きていることが多いです。

出来事に対してでも、人物に対してでも、こうした相談はもちろん数多くお受けしています。

まずは繰り返しそれを思い出すことによって、解決しない方向へ自らを向けているということをお伝えします。

だけど、繰り返しているパターンなのだとしたら、向き合い方を少し変えることで一歩の変化を起こすことをお勧めしています。

若い時の話をひとつだけシェアしますね。

時はバブル期、ビビッドで派手なスーツばかり着ていた私に対して、社内で「服装が派手だ」と陰口を言われていることが耳に入ったのです。

私が傷ついたのは、仲良くしている同僚もその陰口に加担していたことでした。

がっかりしたけど、ここで自分がどうするかの選択肢は、

・派手な服のままで行く
・地味にする

の二択だと考えました。(当時からノートに書いて考えていた)

そこで私は、当時大好きだった映画「ワーキングガール」を参考に、キャリアウーマンを目指すことにしたのでした。

 

黒・紺・グレーの服しか着ないと自分で決めて、半年経った頃のこと。

ある朝、母が、「いつもモノトーンの服を着ているから、マニキュアでもしてみたら?」 と貸してくれたので、朝からマニキュアを着けた瞬間、気持ちがパッと明るくなり、明るい服を着たくなったのです。

このとき、「また陰口を言われたらどうしよう」 とは思わず、明るい色の服を自分にOKしようと、ふと思ったのでした。

それで明るいサーモンピンクのスーツを着て行ったら、会社で色々な人から 「今日どうしたの?」 と声を掛けられました。

もっと派手なのを毎日着ていたのにね。(笑)

この時、人の思い込みは半年ぐらいなんだなぁと思ったのです。

こうして、「風が吹いたかのように」 変化を掴める瞬間が誰にも起きます。

その時、以前の恐怖に取りつかれてしがみつかないこと。

前と今回は違うと、自分に言い聞かせましょう。

勇気を持ってこれまでと違う選択をした瞬間から、新たなタイムラインへと移ります。

そうなったとき、過去の出来事に執着することは、もはや意味がなくなります。

image

2022年の運気を読み、予測して作戦を立てていくセッションがイヤーリーディングです。

2月初旬まで受け付けています。対面セッションご希望の方は、お問い合わせください。

 

 

それでは、今日もこの言葉で。

 

愛は世界をつくる ~ Love makes the world. ~ ラブラブ

 

LINE公式アカウントでメッセージを配信中です。
ハッピーをたくさんお届けしますね💕
購読はこちらのボタンからどうぞ。
 

友だち追加

 

宝石紫プライベートブログこちらで更新しています。
宝石赤メールマガジンこちらです。(購読お申し込み後、確認メールが届きますのでメールボックスをご覧ください。)

 

掲載元:不安が生まれたときは「前と今回は違う」と、まず分けて考えてみよう
※各著作権は各ブログ運営者様に帰属します。